夜勤専従のメリット・デメリット☆看護師の夜勤バイト

yakinsenjyu-meritto-demeritto.jpg 夜勤専従のメリットは沢山ありますが、夜勤専従をしているナースは「給料が高いから」と言う理由が多いですよね。

yakinsenjyu-kiji6.jpg
私も夜勤専従を選んだのは給料が高いからです。


私は家庭の事情があって姉の子供を引き取って一緒に生活しています。


姉は長期の入院をしていて医療費も掛かるし、子供にもお金が掛かります。


子供は3歳です。


今の職場は民間の整形・脳外科の専門病院です。


夜勤専従パートでは、病棟勤務、救急外来のどちらかのパートを任されます


私は両方とも行っています。


病棟は整形外科病棟で、月の半分は救急外来の担当になります。


子供は院内保育園に預けています。


私はパートですが、月に8回は夜勤に入ります

yakinsenjyu-kiji7.jpg
夜勤入りの日は、朝から保育が可能です。


9時ころに保育園に連れて行き私は仮眠。


16時30分に出勤


子供はそのまま夜間預けて、夜勤明けは夕方まで預かって貰えます。


長時間、子供を預ける事に否定的な方もいますが、院内保育園では保育士の人数の規定が厳しく決まっていて、夜間は子供1人に保育士1人がつきます。


なので、夕方からずっと1人の保育士を独り占めです。


夕方は春夏なら病院の敷地内の中庭で遊んでくれたり、19時くらいまでは日勤ナースの子供たちがいるので一緒に遊んだりします。


夜間は夕食が18時ころ、この後は院内を散歩したり、広い保育室で沢山遊びます。

yakinsenjyu-kiji8.jpg
21時就寝で、保育士さんは一緒に布団で寝てくれます。


保育室はとても広くてキレイで遊具やおもちゃが沢山あります。


子供は家にいるよりも、保育新とずっとべったり過ごすのが好きですし、同年代の子供たちと一緒に過ごして言葉も増えたし、短期間ですごく成長したな~と思いますね


ママさんナースは夜勤は無理と言うイメージは持たなくても良いのかな~と思います☆

yakinsenjyu-kiji9.jpg
デメリットは、もし院内保育園以外に子供の預け先がない場合は、子供の急病時の対応が困ると言う点ですね。


私の職場にもシングルマザーの看護師さんが夜勤専従をしていて院内保育園に預けて働いています。


子供は夜間に体調不良になる事が多いので、夜間の勤務中に発熱や嘔吐などで病棟に連絡が来ます。


日勤なら受診のために早退も可能ですが、夜勤の場合は代理のスタッフがいないので困ってしまいますよね。


病児保育がある院内保育所なら安心ですが、夜間帯での対応は難しいですね。


早出や遅出がある職場なら、早出・遅出のナースが出勤するまで保育所で対応してくれます


姉の子供も夜間に発熱して病棟に連絡がありますが、夜中はさすがに迎えに行けないので、6時の早出スタッフが出勤するのを待ってもらいます。

yakinsenjyu-kiji10.jpg
土日は早出・遅出スタッフがいないので、なるべく夜勤は入らないようにしています。


月の半分以上が夜勤ですが、日勤が一切ないので逆に体は楽です。


夜勤専従ナースは日中の病棟会や勉強会も免除されます。

yakinsenjyu-kiji11.jpg
他にデメリットと言ったら、日勤常勤や時短パートのスタッフとほぼ接点が持てないので、人間関係を築くのが難しいと言った点があります。


私はママさんナースでも、夜勤専従のデメリットよりメリットの方が多いと思います(*^。^*)
kokyuyakin.jpg

看護師バイトに成功した看護師の秘密

しかし、看護師求人サイトを使えば、即日で高時給のバイト求人がみつかります! top-3.jpg
トップページ > 看護師夜勤専従バイト > 夜勤専従のメリット・デメリット☆看護師の夜勤バイト

夜勤専従のメリットは沢山ありますが、夜勤専従をしているナースは「給料が高いから」と言う理由が多いで...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。