シングルマザーの仕事と子育て☆看護師バイトのメリット・デメリット

pixta_10200504_S.jpg シングルマザーの世帯の世帯年収は200万円以下という世帯が全体の半数ほどいるという統計が出ていますね。


シングルマザーだと、一家の大黒柱で稼がないと生活出来ない訳ですが、母親と父親の両方の役割をしなくてはなりませんから、仕事もプライベートもハードです。


父親のいる家庭なら、子育てに関する事を半分はお任せ出来ますよね?


例えば子供が風邪を引いて1週間は保育園に行けない・・・そんな事が小さいうちは多いですよね。


短期間入院してしまったり・・・。


何日も欠勤が続いて年休がなくなる事も多かったです。


シングルでなければ、代わりに受診に連れて行ってくれたり、休みを取って看病をしてくれたり・・・何かしら助けて貰えますよね・・・。


でもシングルとなると頼れる人が減ってしまう・・・1人で大きな責任を背負わなければなりません。


思うように働けない方も多いですよね。


子供も大事、仕事も大事・・・でも両立は難しい・・・。


看護師の仕事は高給の職場で常勤をすれば、経験5年もあれば年収600万くらいは貰えます。


でもシングルでこの勤務をこなすのは難しいですよね。


だから子供が小さなシングルマザーは短時間勤務だったり、パートやバイトで何とか生活している方が多いんですよね。


シングルだからこそ生活費を稼がなければならないし、子供の教育にもお金がどんどん掛かるようになります。


でも、働きたいのに働けない・・・。


本当にもどかしいですよね。


看護師バイトは時間の都合が着くので、希望のシフトで働く事が出来ます。


シフトは前の週に決める職場もあるので、例えば今週は子供が風邪で1週間休んだから、来週は短時間勤務にしておこうとか、来週は園行事があるから休みを入れようとか、都合n合わせて調整出来るんです。


単発バイトは時給の高い求人も多く、看護師単発バイトなら時給2000円前後の求人が多いですよね。


時給も高い、シフトも自由、バイトのメリットも沢山あります。


でも、バイトや派遣ではボーナスや退職金は当然ありません。


社会保険や雇用保険もありません。


1人親の場合は、やはり子供に迷惑が掛からないようにしたいですよね。


今後、子供の教育資金や進学で銀行のローンなどを利用するとき、バイトや派遣では限られた銀行しか使えませんし、金利がとても高く設定されてしまします。


バイトや派遣では社会的な信用が低すぎます。


シングルの方は、子供が小さいうちは、育児支援体制の整っている職場や、母子寮がある職場でパートや常勤をするのも1つの手ですよ!


日勤常勤や、夜勤常勤もアリですよね。


育児短時間勤務制度のある病院で日勤常勤をすれば、基本給は何割か安くなりますが、母子で十分に生活していける給料が貰えますよ!


育児支援体制の整っている職場では、育児支援金として子供1人に対して1万円など(病院によって金額は違います)が給料に上乗せして支給されますよ!


母子寮のある病院や、365日24時間体制の病院勤務なら、常勤でも何とか働けると思います。


院内保育園に病後時保育や病児保育があれば安心ですよね。


看護師バイトのメリットは沢山ありますが、シングルマザーのナースにはデメリットもあるので、優先順位を考えて最適な方法で働けると良いですね☆

看護師バイトに成功した看護師の秘密

しかし、看護師求人サイトを使えば、即日で高時給のバイト求人がみつかります! top-3.jpg
トップページ > 看護師夜勤専従バイト > シングルマザーの仕事と子育て☆看護師バイトのメリット・デメリット

シングルマザーの世帯の世帯年収は200万円以下という世帯が全体の半数ほどいるという統計が出ています...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。