企業看護師バイト

企業ナースがおすすめな理由

企業ナース.jpg
目次
企業ナース☆看護師パート
がんセンターで治験ナースをしています☆企業看護師について

企業ナース☆看護師パート

pixta_4995602_S.jpg
プロフィール東京都 33歳
子供5歳男の子
保育私立保育園
職場企業内診療所
勤務形態時短パート
勤務時間9時~15時
時給1950円
賞与の有無有 2・5か月
残業なし
休日数土日祝日休み
職場の満足度常勤・フルパート希望

企業ナースとして時短パートをしています。


都内の誰でも知っている企業の人事課に配属されて、社員の健康管理に当たっています。


大企業では企業内に診療所が併設されていたり、ドクターやナースが常駐して健康管理の他に人間ドッグなどが行われています。


一般病院と明らかに違うのは接遇の面です。


病院勤務では看護師はまず名刺などは持っていませんよね。


院長や看護部長と接する機会も少ないですよね。


でも企業ナースとして企業の保健室や診療所に勤務になると、役員や社長などお偉いさんが来られるので、接遇に気を付けなければなりません。


患者さんではなくお客様と言う扱いです。


企業の保健室は一般的なクリニックのように慌ただしい印象は全くありません。


予防医学なので病気の方が来られるのではなく、病気を未然に防ぐ目的で来られます。


大企業ともなると役職についている方は社員全員が名前や顔をしっかりと把握しています。


名前を間違えたりしたら失礼にあたりますし、その後の仕事にも悪影響となります。


企業ナースは一般病院とは感覚が全く違うので最初は戸惑いました。


でも、病院とは違って暦通りに休みがあったり、福利厚生も社員に準ずるので待遇はとても良いです。


企業の保健室は保健師での募集が多いのですが、企業の診療所は看護師や准看護師の募集があります。


企業の診療所には産業医が常駐していて、看護師は一般的なクリニックと同じように診察の介助を行います。


もう少し小さい会社になると保健室に看護師を募集しています。


保健室の看護師は職員の健康管理だけでなく、健康相談や精神的な相談に乗る事もあります。


企業ナースのメリットは休日が多い事、給料が高い事、福利厚生が充実している事です。


逆にデメリットは医療機関から離れるので、その後医療機関へ復帰する時にネックになります。


企業ナースは既婚の方が多いので、そのまま企業ナースを続けて行く方が多いです。


日中のみの仕事だからとか、給料が高いからと言う理由だけで企業ナースを選ぶと失敗の元です。


企業ナースには向き不向きがあります。


病棟とは違う独特な空気に慣れる人と慣れない人がいます。


いずれ一般病院への転職を考えている方は企業ナースは避けた方が良いかもしれません。


企業の診療所の業務なら人間ドックなどが行われるので、採血や薬剤の点滴などの医療行為があります。


それでも一般病院から離れる事で技術面の低下や、知識の低下は避けられないと思います。


私は企業ナースの仕事を通してカウンセリングに興味を持ったので、今後はカウンセリングの勉強をしたいなと思っています。


院外で活躍できる看護師になりたいと思っているので、私は企業ナースを選んで良かったと思っています。

がんセンターで治験ナースをしています☆企業看護師について

3b969dcd61f4a21c5fafa22a500aec10_s.jpg
プロフィール東京都 33歳
子供3歳女の子
保育私立保育園
職場がんセンター
勤務形態常勤
勤務時間日勤のみ
時給月給:30万円(手当含む)
賞与の有無あり 4,25か月
残業1時間
休日数土日祝日休み
職場の満足度満足

企業看護師で一番求人が多いのが治験ナースではないでしょうか。


治験ナースの働き方には2通りあります。


1つは病院内に看護師や薬剤師として勤めながら治験ナースとして業務にあたります。


2つ目は、院外の企業に勤めて医療機関などの派遣されて治験業務を行います。


病院内で看護師として採用され、治験ナースの勉強をしながら治験業務に携わるのが一般的だと思います。


企業に治験ナースとして採用される場合は、病院外での仕事となり企業の社員となります。


治験を行う企業とは医療機器メーカーや製薬会社などです。


私はがんセンター内で院内研修をうけて病院より治験ナースとなりました。


治験ナースの仕事は多岐に渡ります。


治験の仕事は、病院の看護業務とは全く異なります。


病棟で看護師をしている薬の事は薬剤師やドクターに任せきりと言う場合が多いですよね。


薬の成分、作用・副作用・禁忌の疾患などを把握しているナースは少ないでしょう。


でも治験ナースは、薬の成分や作用・副作用に注目してモニタリングをするので、聞いたこともないような専門用語が沢山出てくるし、データを作成したり、レポートを書いたり、患者さんの状態を適切にドクターに知らせなくてはならないので高度な専門性が求められます。


病棟ナースだった頃は、仕事は楽しいけどどこかやり甲斐を感じられない日々が続いていました。


ドクターからの指示がないと動けない自分に嫌気が刺していたり、もっと患者さんの治療に積極的に入れる仕事がしたいと思っていました。


治験ナースの場合は、治験の説明は看護師が行い、患者さんや家族からの質問や不安に思っている事には看護師が答えて行きます。


病棟には属さず、色々な科を渡って治験のみを行います。


なので、色々な科のナースや、その他のコメディカルの方と連携が取れるようにコミュニケーションスキルは必要だと思います。


治験は患者さんの期待も不安も大きなものです。


治験が上手くいったら病状が回復するかもしれないと言う期待と、もし強い副作用や期待しない作用が起きたらと言う不安があります。


そのあたりの患者さんや家族の精神的な支えになるのも治験ナースの役割の1つです。


がんセンターでは新しいがん治療薬の治験が常に行われています。


色々な科で沢山の患者さんを看ます。


担当医はそれぞれ違いますし、病棟ナースもそれぞれ違います。


治験は沢山のスタッフの協力がないと出来ません。


スタッフ通りのコミュニケーションが円滑になるように、しっかりと申し送りが行われるよに、治療がスムーズに進むように、全て治験ナースがコーディネートしていきます。


とてもやり甲斐がある仕事ですが、やはりハードな面もあります。


常に勉強が必要ですし、スキルアップの為に研修にも出なければなりません。


でも、病棟ナースでは感じられなかったやり甲斐があり、治験ナースになって良かったと思う事が増えました(*^。^*)


今後ますます専門性の高い治験ナースは増えて行くと思います☆


看護師バイトに成功した看護師の秘密

しかし、看護師求人サイトを使えば、即日で高時給のバイト求人がみつかります! top-3.jpg
トップページ >  人気の看護師バイト >  企業看護師バイト ※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。