がんセンターで治験ナースをしています☆企業看護師について

3b969dcd61f4a21c5fafa22a500aec10_s.jpg
プロフィール東京都 33歳
子供3歳女の子
保育私立保育園
職場がんセンター
勤務形態常勤
勤務時間日勤のみ
時給月給:30万円(手当含む)
賞与の有無あり 4,25か月
残業1時間
休日数土日祝日休み
職場の満足度満足

企業看護師で一番求人が多いのが治験ナースではないでしょうか。


治験ナースの働き方には2通りあります。


1つは病院内に看護師や薬剤師として勤めながら治験ナースとして業務にあたります。


2つ目は、院外の企業に勤めて医療機関などの派遣されて治験業務を行います。


病院内で看護師として採用され、治験ナースの勉強をしながら治験業務に携わるのが一般的だと思います。


企業に治験ナースとして採用される場合は、病院外での仕事となり企業の社員となります。


治験を行う企業とは医療機器メーカーや製薬会社などです。


私はがんセンター内で院内研修をうけて病院より治験ナースとなりました。


治験ナースの仕事は多岐に渡ります。


治験の仕事は、病院の看護業務とは全く異なります。


病棟で看護師をしている薬の事は薬剤師やドクターに任せきりと言う場合が多いですよね。


薬の成分、作用・副作用・禁忌の疾患などを把握しているナースは少ないでしょう。


でも治験ナースは、薬の成分や作用・副作用に注目してモニタリングをするので、聞いたこともないような専門用語が沢山出てくるし、データを作成したり、レポートを書いたり、患者さんの状態を適切にドクターに知らせなくてはならないので高度な専門性が求められます。


病棟ナースだった頃は、仕事は楽しいけどどこかやり甲斐を感じられない日々が続いていました。


ドクターからの指示がないと動けない自分に嫌気が刺していたり、もっと患者さんの治療に積極的に入れる仕事がしたいと思っていました。


治験ナースの場合は、治験の説明は看護師が行い、患者さんや家族からの質問や不安に思っている事には看護師が答えて行きます。


病棟には属さず、色々な科を渡って治験のみを行います。


なので、色々な科のナースや、その他のコメディカルの方と連携が取れるようにコミュニケーションスキルは必要だと思います。


治験は患者さんの期待も不安も大きなものです。


治験が上手くいったら病状が回復するかもしれないと言う期待と、もし強い副作用や期待しない作用が起きたらと言う不安があります。


そのあたりの患者さんや家族の精神的な支えになるのも治験ナースの役割の1つです。


がんセンターでは新しいがん治療薬の治験が常に行われています。


色々な科で沢山の患者さんを看ます。


担当医はそれぞれ違いますし、病棟ナースもそれぞれ違います。


治験は沢山のスタッフの協力がないと出来ません。


スタッフ通りのコミュニケーションが円滑になるように、しっかりと申し送りが行われるよに、治療がスムーズに進むように、全て治験ナースがコーディネートしていきます。


とてもやり甲斐がある仕事ですが、やはりハードな面もあります。


常に勉強が必要ですし、スキルアップの為に研修にも出なければなりません。


でも、病棟ナースでは感じられなかったやり甲斐があり、治験ナースになって良かったと思う事が増えました(*^。^*)


今後ますます専門性の高い治験ナースは増えて行くと思います☆

トップページ > 企業看護師バイト > がんセンターで治験ナースをしています☆企業看護師について

企業看護師で一番求人が多いのが治験ナースで、病院内に勤めながら業務にあたる場合と院外の企業に勤めて派遣される場合の2通りがあります。

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。