新人や実務未経験でもできる!老健の看護師夜勤バイトの仕事内容

介護施設の看護師夜勤バイト☆仕事内容について

pixta_17548159_S.jpg

老健の看護師夜勤バイトでの仕事内容について紹介します。


介護施設は、老人保健施設・有料老人ホーム・特別養護老人ホーム・老人病院・グループホームなどがありますが、それぞれの施設で看護師の役割や業務内容が異なります。


それは、それぞれの施設の役割があるからです。


老人保健施設の役割は、積極的な治療を終えて在宅復帰するまでの期間を過ごす場所とされており、自宅復帰を目標としている方が入所されています。


そのため、医療機関と在宅の中間地点にあり、介護ニーズ・医療ニーズの両方を満たす必要があるため、老健では医療行為や看護ケアの割合が他の介護施設よりも高くなっています。


入所者は要介護1以上の判定が要件となっており、重症度の高い方が入居されているケースが多いです。


有料老人ホームは企業などが運営していることが多く、入居者の要件が各施設によって幅があり、自立や要支援の段階でも利用できる施設もあります。


そのため、介護ニーズ・医療ニーズともに低い方の割合が高く、医療ニーズが高くなり積極的な治療が必要になった場合は医療機関へ入院となるケースが多いです。


一方、特別養護老人ホームは公的な機関あるため、入居要件が有料老人ホームよりも厳しく、自立や要介護認定では利用することができません。


特別養護老人ホームは、要介護認定を受けいている必要があるため介護ニーズが高い方が多く、看護師・介護士の業務は介護ケアが中心となることが多いです。


看護師の業務内容や業務量は、有料老人ホームよりも特別養護老人ホームの方が多く、重症度の高い方が多いため、ハードな勤務となることも多いです。


夜勤バイトを希望する方は、特別養護老人ホームよりも有料老人ホームの方が、好条件の求人が多くおすすめです。


看護師求人サイトのメディカルコンシェルジュなら、好条件の夜勤バイトが豊富ですよ(´∀`*)


未経験可の夜勤バイト.jpg


介護施設の看護師の役割

老健や老人ホームの看護師の役割は、入居者の健康管理と異常の早期発見です。


介護施設では介護ニーズが高い方が多いため、看護ケアよりも介護業務の割合が高くなり、日常生活援助が主な看護業務になります。


日常生活を通して異常の早期発見に努め、安心・安全に生活ができるように援助するのが看護師の役割です。



介護施設では医療行為が少ない

老健や老人ホームは、積極的な治療を行う施設ではないため、医療行為は最小限しか行いません。


急変や病状があったした場合は、転院となるケースが大半です。


老健は、医療機関と自宅との中間地点の役割があるため、医療ニーズ・介護ニーズともに高い方が多く、点滴・注射・採血などの看護ケアが必要です。


一方、老人ホームは自立・要観察の方でも入居できるため、介護ニーズ・医療ニーズともに低い方が多く、医療行為はほぼ必要ありません。


ただ最近は、自宅復帰できる方が少なく、老人ホームや老健が療養型病院の役割を果たすようになっています。


そのため、見取りまで含めた看護が必要となるケースが増えています。



介護施設の急変時対応

老健や老人ホームは、高齢者が中心の施設のため急変や病状の悪化が避けられません。


どちらの施設も医療機関ではないので、積極的な治療を行うことができないので、緊急時は協力医院や提携病院に搬送をし緊急受診をします。


看護師は、緊急受診や救急車要請の必要性を判断し、必要と判断したら受診や救急車要請の準備をしたり、受診の付き添いが業務範囲であれば付き添いを行います。


多くの介護施設では緊急受診や救急車搬送の際に看護師が同行していますが、施設によっては看護師ではなく介護士が同行することもあります。


緊急時の対応については各施設にマニュアルがあるので、事前に確認をしておくことをおすすめします(´∀`*)


介護施設では、高齢者が多くほとんどの入居者が基礎疾患や既往歴を持っており、冬場に体調を悪くする方が多いのが特徴です。


冬場は寒い時期で血圧が上がりやすく、狭心症や脳梗塞の既往がある方は再梗塞を起こしやすい時期ですし、免疫力が低下していることから肺炎やインフルエンザなどの感染症が重症化してしまうケースも多く見られます。


冬場の介護施設は抗生剤や補液の目的での点滴をしている方が多く、看護師は点滴の準備や更新に追われることが多いです。


老人ホームでも冬場は点滴管理をする方が増えるので、夜勤バイトをする看護師は、サーフローの留置や点滴管理は必須条件となります。


介護施設は、各施設によって急変時マニュアルが徹底している施設と、全く徹底されておらず急変時に誰が対応するのかを職員が把握していないケースに分かれます。


医療ミスや看護師の責任回避のためにも、しっかりと急変時マニュアルが作られている施設を選びたいですね!


看護師求人サイトのメディカルコンシェルジュは、職場の内部事情を事前にしっかりと調べてくれるので、求人選びに失敗することがありません。


介護施設では看護師と介護士の連携がポイント

介護施設では、医療ニーズよりも介護ニーズが高い方が多いため、看護師と介護士との連携がとても重要です。


看護師は、介護ケアを通して異常の早期発見に努めたり、介護士からの相談や報告を受けて状態悪化の有無を早期に発見できるように努めます。


介護士は介護を通して普段と違う様子が見られたら看護師に報告や相談をすることになりますが、看護師から見て普段と違う様子が見られていたら、介護士には注意して観察するように依頼することになります。


でも、看護師と介護士の連携がしっかり取れていないと、お互いが報告や相談をすることが少なく、異常の早期発見ができなかったり、より良い看護や介護の提供ができなくなってしまいます。


以前に比べると、療養型病院が対象であるような医療ニーズの高い方が、老健や老人ホームに流れてきており、介護施設で医療ケアを行う割合が増えてきています


介護施設は看護師の人数よりも介護士の人数の方が圧倒的に多いので、看護師と介護士がしっかりと連携を取らなければ、病状の悪化を早期に発見することができず、安心・安全な療養生活が送れなくなってしまいます。


看護師は介護士とコミュニケーションを取るためにも、注意して欲しいポイントや観察して欲しいポイントをしっかりと伝え、常に声かけを心掛けるようにしましょう(´∀`*)


rouken-yakin.jpg



トップページ > 老健の看護師夜勤バイト > 新人や実務未経験でもできる!老健の看護師夜勤バイトの仕事内容

未経験でも可能な看護師夜勤バイトについて紹介しています。介護施設・一般病院・クリニックなどの施設の特徴から、夜勤バイトの仕事内容や看護師の役割などを詳しく紹介します。

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。