病棟の夜勤バイトは、看護基準に注意。

pixta_9805111_S.jpg


看護基準は、「7:1」「10:1」などの看護師配置人数のことです。


看護基準は、一番手厚い体制が「7:1」で、患者さん7人に対して看護師が1人配置されているということです。


ここで注意することは、看護基準は常勤スタッフ以外もカウントされるということです。


例えば、日勤専従スタッフ、時短スタッフ、不定期スタッフなども、働く時間数に応じてカウントするのです。


病棟業務の場合は、時短勤務や不定期勤務のスタッフは、プライマリーを持たせなかったり、その日の受け持ちも状態が落ち着いている患者さんや、オペ予定がない患者さんなど、負担の少ない患者さんを持たせる事が多いです。


非常勤のスタッフが多いほど、常勤ナースの負担は増えてしまいます。


非常勤でも、受け持ちや担当の患者さんを平等に負担できれば良いのですが、時短勤務のスタッフに状態の悪い患者さんを持たせると、とても勤務時間内には仕事が終わらなくなってしまいますよね・・・。


看護基準は7:1の体制が一番手厚く、看護スタッフも充実しているのですが、時短勤務や日勤常勤のスタッフも含まれいてるということがポイントですね。


夜勤バイトの場合は、夜勤の看護体制が重要で、夜勤は看護師が2人体制なのか、3人体制なのかによって、業務量が大幅に違います。


1フロアが40床の病棟だと、2人体制の夜勤では1人で患者さん20人を持つことになりますが、20人分のラウンドや看護記録は結構ハードです。


看護師3人体制でも、1人はフリーで受け持ちしないという病棟もありますが、フリーの看護師がナースコール対応や、医療ケアに入ってくれれば、患者担当のナースはその間にラウンドしたり看護記録を書いたり出来ますよね!


これが、看護師2人+看護助手1人だと、ナースコール対応はしてくれますが、医療行為は行えないので、受け持ち看護師に伝言するだけというケースが多く、看護師の業務量はあまり減りません。


選ぶなら、看護師3人体制の夜勤求人を選びたいですね(´∀`)


看護師3人体制の病棟なら、仮眠に入る際も看護師2人が同時に入る事が出来ますが、看護師2人体制の病棟では2人が同時に仮眠に入る事ができないので、何かトラブルがあった時は2人とも仮眠に入れなくなる・・・というケースが多いです。


2交代で仮眠なしは、本当に体がキツイので、夜間の看護体制は重要です!


好条件の夜勤求人は、看護師求人サイトで探すと良いですよ(´∀`)


看護師バイト求人なら、メディカルコンシェルジュがおすすめです。

看護師バイトに成功した看護師の秘密

しかし、看護師求人サイトを使えば、即日で高時給のバイト求人がみつかります! top-3.jpg
トップページ > 病院の看護師夜勤バイト > 病棟の夜勤バイトは、看護基準に注意。

看護基準は、「7:1」「10:1」などの看護師配置人数のことです。 看護基準は、一番手厚い体制が「...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。