病棟の夜勤バイトは病院の特徴で検討しよう!

pixta_6733092_S.jpg


病院の特徴を見れば、夜間帯がどのような雰囲気なのか予想する事が出来ます。


例えば、「急性期がメイン」「救急車の受け入れ年間3,000件」など、急性期をメインとした病院は、夜間は確実に忙しいです。


急性期がメインの病院は緊急入院が多く、夜間帯は入院の受け入れで、座っている暇はありません。


入院となると、申し送りを受け、アナムネ聴取、調書作成、看護計画の立案、アセスメントなどをしなければなりません。


また、ドクターからも指示受けも同時にしつつ、検査の準備や時間でのケアが必要なら準備をしたり、緊急入院の場合は点滴や持続投薬をしている方が多いので、輸液の管理やその他のルートの管理、持参薬の管理など、しなければならない事が山のようです。


急性期病棟では、緊急入院の対応に加えて、重症度の高い患者さんが多いので、医療ケアが多く、気が抜けません


夜勤バイトでは、急性期病棟の求人は給料は高いのですが、あまりおすすめできません!


忙しい急性期の病棟で、たまにしか来ない夜勤バイトのナースを相手に、どれだけ指導や教育がしてもらえるのかは、病院によってサポート体制が違うので一概には言えません。


でも、ほとんどの病院で、最初の1~2回はペアでサポート役のスタッフと配置してくれますが、それ以降は1人で夜勤に入る事になります


忙しい職場では、現場で仕事をしながら業務を覚えるしかありませんが、出勤の頻度が少ないと、スムーズに業務を覚えることが難しいので、他のスタッフからも疎ましく思われることも・・・。


次にターミナルケアに力を入れている病院ですが、ターミナル期は、患者さんや家族との信頼関係がとても大切な時期です。


信頼関係が出来ていないと、患者さんも要求を伝えにくいですし、会話をするのが困難な状態の患者さんには、言葉以外の部分で要求を汲み取る必要がありますが、夜勤バイトのナースは病棟に来る回数が少ないので、患者さんの要求を理解する事が難しいのです。


ターミナル期は、痛みが強かったり、恐怖心や不安が強い方が多いので、ベッドサイドで背中をさすったり、話を聴いたり、医療ケア以外のニーズが高い時期です


なるべく穏やかな環境を作る事が看護師の役割でもあるので、夜勤バイトで入るのは難しい職場だと思います。


ターミナル病棟で夜勤バイトを希望する場合は、定期で夜勤バイトをしたほうが(週2回以上)、患者さんやスタッフと信頼関係を作る機会もできるので、自分にとっても患者さんにとってもメリットが大きいです。


回復期病棟は医療ケアよりも、日常生活援助がメインとなるので、夜勤バイトの職場としては働きやすいと思います。


夜勤バイトは、職場に行く回数が少ないので、スタッフや患者さんと人間関係や信頼関係を築くのが難しいというデメリットがあります。


医療ケアがメインの職場では、スタッフとの人間関係や信頼関係ができていないと、精神的にキツイです。


医療ケアは慎重になる必要があり、ダブルチェックが必要な機会も多いので、スタッフがお互いに気軽に声かけが出来たり、分からない事が聞きやすい環境でなければ、医療ミスの原因になってしまいます


夜勤バイトの求人選びでは、回復期・慢性期など医療ケアが少ない職場を選んだほうが、スムーズに業務に入れますし、業務に早く慣れれば他のスタッフとの信頼関係や人間関係も早く築く事ができますよ!


医療ケアが多い職場を希望する場合は、週に2回以上は夜勤バイトに入れると、業務も早く覚えられますし、他のスタッフとの人間関係も早く築けますね


実際にバイトを始めてみたら、求人票を全く違う!ということが実は多いのが現状です。


職場の様子や業務内容などは、バイトを始める前に調べておいたほうが業務にスムーズに入ることが出来るので安心です。


職場の内部情報や業務内容などは、看護師求人サイトに登録すると代わりに調べてくれますよ!

看護師バイト求人なら、メディカルコンシェルジュがおすすめです(´∀`)


入院となると、申し送りを受け、アナムネ聴取、調書作成、看護計画の立案、アセスメントなどをしなければなりません。

また、ドクターからも指示受けも同時にしつつ、検査の準備や時間でのケアが必要なら準備をしたり、緊急入院の場合は点滴や持続投薬をしている方が多いので、輸液の管理やその他のルートの管理、持参薬の管理など、しなければならない事が山のようです。

急性期病棟では、緊急入院の対応に加えて、重症度の高い患者さんが多いので、医療ケアが多く、気が抜けません

夜勤バイトでは、急性期病棟の求人は給料は高いのですが、あまりおすすめできません!

忙しい急性期の病棟で、たまにしか来ない夜勤バイトのナースを相手に、どれだけ指導や教育がしてもらえるのかは、病院によってサポート体制が違うので一概には言えません。

でも、ほとんどの病院で、最初の1~2回はペアでサポート役のスタッフと配置してくれますが、それ以降は1人で夜勤に入る事になります

忙しい職場では、現場で仕事をしながら業務を覚えるしかありませんが、出勤の頻度が少ないと、スムーズに業務を覚えることが難しいので、他のスタッフからも疎ましく思われることも・・・。

次にターミナルケアに力を入れている病院ですが、ターミナル期は、患者さんや家族との信頼関係がとても大切な時期です。

信頼関係が出来ていないと、患者さんも要求を伝えにくいですし、会話をするのが困難な状態の患者さんには、言葉以外の部分で要求を汲み取る必要がありますが、夜勤バイトのナースは病棟に来る回数が少ないので、患者さんの要求を理解する事が難しいのです。

ターミナル期は、痛みが強かったり、恐怖心や不安が強い方が多いので、ベッドサイドで背中をさすったり、話を聴いたり、医療ケア以外のニーズが高い時期です

なるべく穏やかな環境を作る事が看護師の役割でもあるので、夜勤バイトで入るのは難しい職場だと思います。

ターミナル病棟で夜勤バイトを希望する場合は、定期で夜勤バイトをしたほうが(週2回以上)、患者さんやスタッフと信頼関係を作る機会もできるので、自分にとっても患者さんにとってもメリットが大きいです。

回復期病棟は医療ケアよりも、日常生活援助がメインとなるので、夜勤バイトの職場としては働きやすいと思います。

夜勤バイトは、職場に行く回数が少ないので、スタッフや患者さんと人間関係や信頼関係を築くのが難しいというデメリットがあります。

医療ケアがメインの職場では、スタッフとの人間関係や信頼関係ができていないと、精神的にキツイです。

医療ケアは慎重になる必要があり、ダブルチェックが必要な機会も多いので、スタッフがお互いに気軽に声かけが出来たり、分からない事が聞きやすい環境でなければ、医療ミスの原因になってしまいます

夜勤バイトの求人選びでは、回復期・慢性期など医療ケアが少ない職場を選んだほうが、スムーズに業務に入れますし、業務に早く慣れれば他のスタッフとの信頼関係や人間関係も早く築く事ができますよ!

医療ケアが多い職場を希望する場合は、週に2回以上は夜勤バイトに入れると、業務も早く覚えられますし、他のスタッフとの人間関係も早く築けますね

実際にバイトを始めてみたら、求人票を全く違う!ということが実は多いのが現状です。

職場の様子や業務内容などは、バイトを始める前に調べておいたほうが業務にスムーズに入ることが出来るので安心です。

職場の内部情報や業務内容などは、看護師求人サイトに登録すると代わりに調べてくれますよ!

看護師バイト求人なら、メディカルコンシェルジュがおすすめです(´∀`)

看護師バイトに成功した看護師の秘密

しかし、看護師求人サイトを使えば、即日で高時給のバイト求人がみつかります! top-3.jpg
トップページ > 病院の看護師夜勤バイト > 病棟の夜勤バイトは病院の特徴で検討しよう!

病院の特徴を見れば、夜間帯がどのような雰囲気なのか予想する事が出来ます。 例えば、「急性期がメイン...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。