救急外来の看護師夜勤バイト

救急外来の夜勤☆看護師の高給夜勤バイト

kyuukyuugairai-yakinbaito-top.jpg button_008.jpg
目次
救急外来の看護師夜勤バイト☆救急外来の特徴について
救急外来の看護師業務について☆救急外来で夜勤バイト
救急外来の看護師夜勤バイトの求人票の給与に注意!?
夜勤の救急外来の「残業ナシ」は嘘?
救急医療センターでの夜勤専従ってどうなの?
2次救急と3次救急の救急外来看護師の夜勤の違い
看護師バイトに成功した看護師の秘密

救急外来の看護師夜勤バイト☆救急外来の特徴について

kyuukyuugairai-osusume1.jpg 救急外来の夜勤バイトを希望する方は「高給」であること、「知識や経験を生かせる職場」であるなどの理由が多いですね。


夜勤バイトは救急外来に限らず高給ですが、救急外来は病棟とは違い「短時間での勤務が可能」という特徴があります。


外来ナースは病棟のように受け持ち制ではありませんから、希望の時間で短時間勤務が可能ということです。


職場によっては8時間勤務や16時間勤務というパターン以外は選択できないこともありますが、都合のつく時間帯だけ働くことが可能な職場もあります。


私が以前働いていた救急医療センターでは、16時30分から翌朝の9時までセンターがオープンしており、常勤ナースは16時間労働、パートやバイトナースは16時30分~0時、または0時~9時という働き方が選択できました。


また、このパターンでは働けないという方は、センターがオープンしている時間帯の中から4~6時間ほどの時間を選択して働くことが出来ました


例えば、0時~6時とか、22時から4時など割と融通を利かせて働くことが出来ました。


夜勤が出来るナースが少ないため、時短勤務であっても確保したいという職場が多いんですよね。


救急医療センターは常に忙しいわけではなく、救急車が来たときや、救急患者が複数重なった場合などはバタバタします。


夜中は休憩や仮眠も取りたいですよね。


バイトナースが短時間であってもヘルプに入ってくれると、常勤やパートのナースはその時間は休むことができますよね!

救急医療センターでは、ダブルワークで働いている方もいました。


時短勤務が可能ですし、シフトの融通も利きやすいので、割と自由に働けます。


知識や経験を生かして働きたい!という方にも良いですよね。


救急の現場ならではの機転の利いた判断や、知識や経験を生かした看護などが必要です。


経験に元ずく勘というか、先を想像して率先して動くことが出来るようになってくると、やり甲斐を感じますし、救急ナースとしてのスキルも向上します。


また、夜勤バイトから始めていずれは他の職場で常勤ナースとして復帰したい!という場合も、ブランクを感じずに復帰することが出来ます


医療行為がほとんどない職場でのバイトだと、経験が積めない分、復帰のときにブランクを強く感じてしまいますよ・・・・。
kokyuyakin.jpg

救急外来の看護師業務について☆救急外来で夜勤バイト

pixta_6659259_S.jpg 救急外来には1次・2次・3次救急があります

kyuukyuugairai-yakinbaito-kiji1.jpg
夜間に体調不良や怪我などで受診する時は主に1次または2次救急です。


生命の危機がある重症患者は3次救命救急センターに搬送となります。


1次救急は帰宅が可能な程度の軽症患者さんが対象です。


2次救急は入院の必要がある中等度以上の患者さんが対象です。

kyuukyuugairai-yakinbaito-kiji2.jpg
3次救急は生命の危機があり集中治療室での治療が必要な重症患者さんが対象です。


救急外来での看護師夜勤バイトでは、1次または2次救急での職場の求人が大半です。


3次救急外来は夜勤バイトを募集していることは稀で、募集があっても夜勤パートや夜勤専従ナースでの募集があり、単発や短期での募集はほぼありません。


救急外来での看護師業務は、対象の科や施設によっても異なります。


1次救急は地域にある「救急医療センター」などにあたります。


救急医療センターでは、内科・外科・小児科を対象としていることが多く、その他の専門的な科は対象としていないため、かかりつけの病院の夜間救急を受診するのが一般的です。


救急医療センターでは、看護師バイトの募集が多く常時募集があります。


こちらのセンターでの看護師業務は、主にドクターの診察の介助です。

kyuukyuugairai-yakinbaito-kiji3.jpg
これは一般的な外来の看護師業務と変わりはありません。


ただ、一般の外来に比べて緊急度の高い患者さんが対象であり、重症度によっては2次救急や3次救急のある医療機関に転院となることもあります。


看護師は問診を行いバイタルチェックを行います。


救急医療センターでは、夜間は乳幼児の受診が多いですね。


突然の発熱、熱性痙攣、嘔吐、怪我などで受診されます

kyuukyuugairai-yakinnbaito-kiji4.jpg
特に冬場は、インフルエンザ・ノロウィルス・嘔吐下痢など感染症の方が多くなります。


外来では各感染症の検査を行います。


インフルエンザの簡易検査は冬場に多い検査です。


ノロウィルスは検査結果が出るまでに時間がかかるので、救急外来で検査する事は稀です。


冬場の嘔吐下痢の場合は感染症であることが多いのですが、治療法が確立しておらず対症療法が中心となるため、嘔吐が頻回だったり、脱水傾向がある場合は点滴をすることもあります。


救急外来では採血・注射・点滴の処置が多いです。


救急外来では体調不良の方が受診されますし、冬場は患者さんがとても多く待ち時間が長くなります。


体調が悪い中で長時間待たされるのは体力低にも精神的も辛いですよね。


看護師はスムーズに診察が行えるようにサポートをする必要があります


また、待ち時間の患者さんにも声かけをしたり配慮の必要があります。

kyuukyuugairai-yakinbaito-kiji5.jpg
救急外来の夜勤バイトは、救急医療センターなど1次救急の場であればそれほど難しい医療行為が必要なことはなく、基本的な看護技術や知識があれば勤まります


2次・3次救急となると、専門性の高い知識や技術が要求されるので、経験が必要になります。
kokyuyakin.jpg

救急外来の看護師夜勤バイトの求人票の給与に注意!?

pixta_10141510_S.jpg


救急外来の求人票の給与は、一例として記載されている事が多いので、あまり参考になりません。


例えば、夜勤専従で「月給40万円以上」とあっても、夜勤専従常勤なのか夜勤専従バイト(パート)なのかによって違います


夜勤専従常勤の場合は、常勤スタッフなので基本給に加えて夜勤手当がつくので、月給40万円以上可能です。


救急外来なら夜勤回数によっては月給50万円以上も可能なケースもあります。


でも、夜勤専従バイト(パート)の場合は、常勤スタッフではないので基本給はなく、働いた夜勤回数×日給となるので、月給40万円以上となると、夜勤を10回以上入れたり、残業手当や危険手当がつかなければ、40万円以上稼ぐのは難しいです。


夜勤バイトは、医療機関では1勤務3~4万円が相場で、介護施設では1勤務2~3万円が相場です。


医療機関で1勤務4万円の職場でも、月に夜勤10回しないと月給40万円以上になりませんよね・・・。


特に、救急外来の夜勤10回ってかなりキツイですし、月の3分の2が夜勤という生活は、かなり生活リズムが乱れます。


月に夜勤10回でも10日間の休みは取れますが、休みでも寝て終わってしまうくらいに疲れますよ。


夜勤回数を増やして稼ぎたいという場合は、仮眠や休憩がしっかり取れる職場を選ばなければ難しいです。


仮眠や休憩がしっかり取れる職場は、「夜勤は看護師3人体制」「回復期・慢性期病棟、介護系の施設」「医療行為が少ない」「救急の受け入れがない」など特徴があります。


仮眠や休憩の有無は、事前に看護師求人サイトで調べることができますよ。


メディカルコンシェルジュなら、職場の内部事情をしっかりと調べてくれるのでおすすめです。

→続きを読む:救急外来の看護師夜勤バイトの求人票の給与に注意!?

夜勤の救急外来の「残業ナシ」は嘘?

pixta_6653242_S.jpg


夜勤の救急外来の求人票にはよく、「残業はほとんどありません。」などと書かれていますよね?


求人票に書かれていることは100%本当だと信じている人なら、残業なしという言葉を信じてしまいます・・・。


でも、「残業なし」の夜勤の救急外来は本当に少ないです!


定時ピッタリで帰れる職場・・・、しかも救急外来の夜勤だと、残業なしの職場を探すのは難しいかもしれません・・・。


救急外来の夜勤の場合は、出勤時間の1~2時間前に来て、夜勤の準備をしたり、夜勤明けでも業務が終わらずにお昼近くまで病棟にいる・・・そんな職場もあります。


夜間の休憩や仮眠が全くない状態で残業なし・・・という職場もありますが、実際には仮眠や休憩が取れていないので、残業なしと同じ状況とは言えません。


しかも、2交代の職場で仮眠・休憩なしは体がキツイし、朝方には眠気てフラフラして、何かミスを起こすかもしれません・・・。


残業のある職場は、なぜ残業が出てしまうのか??


患者さんの重症度が高い、医療依存度の高い患者が多い、業務が煩雑、看護師の配置人数が少ない、オペ中心の病院で術前術後の対応が多いなど、残業が多くなる原因はたくさんあります。


残業が多い職場はなぜ残業時間が減らせないのかを考える必要がありますね。


救急外来の夜勤バイトで職場に入る場合は、「バイトでたまにしか出勤しないから、別に残業くらい我慢する!」という方もいると思います。


でも、バイトだからこそ、残業が多い職場は事前に知り、避けたほうが賢明です。


それは、残業の多い職場の大半が、業務が煩雑で看護師1人1人の業務量や責任が大きく、バイトナースには負担が大きすぎるからです。


救急外来の夜勤バイトとは言っても、責任は他のスタッフと同様ありますし、1人前のスタッフとして即戦力を求められます。


残業が多い職場は、業務量が多く、夜間でもスタッフが座る暇もなく飛び回っている事が多いです。


このような状況で、ゆっくりとバイトの指導が出来るはずありませんよね!?


分からないことがあり他のスタッフに聞こうとしても、忙しいのに話しかけるな!なんてオーラが出ていて、怖くいし気を使うし、結局聞けなくて分からないままに仕事を続ける・・・結果ミスを起こす・・・。


夜勤バイトの募集をしている救急外来は、スタッフが常時不足している職場です。


スタッフが常時不足していれば、職場の雰囲気はピリピリするし、手厚いサポートなんて望めません!


バイトだから多少、待遇が悪くても大丈夫!なんて思わずに、事前に職場の状況をよく調べて、条件の悪い職場は避けるのが自分のためです。


救急外来の夜勤の様子や業務内容、実際の残業時間などは、看護師求人サイトで調べることができますよ!


好条件の夜勤バイトなら、メディカルコンシェルジュがおすすめです(´∀`)


救急医療センターでの夜勤専従ってどうなの?

pixta_6653242_S.jpg


私は、子育てをしながら、救急医療センターで夜勤専従をしています。


夜勤専従も、職場によって環境が異なりますが、私が働いている職場は、ママさんナースや子育てを経験した看護師が多く、とても働きやすい職場です。


私の子供はまだ小さく、手がかかるので、土日は仕事を入れないようにしています。


夫のシフトに合わせて仕事を入れる事ができますし、時間を調整する事もできるので、とても助かっています。


現在の職場は3交代制です。


かなりシフトに自由があるので、1日4~5時間働いている方、仕事の始まりが18時の方、20時の方など、いろいろです。


シフトの自由がきくという事も、既婚者の看護師が多い理由の一つだと思います。


救急医療センターの仕事は、総合病院などの救急外来とは異なります。


救急医療センターは2次救急なので、重症度の高い患者さんが来る事はありません。


明らかに脳梗塞や心筋梗塞などの疑いがある場合、最初から専門病院に運ばれるケースがほとんどです。


交通外傷の患者さんも、オペや入院が必要となった場合は転院します。


救急医療センターは、主に小児の急病が多いですね。


喘息発作や嘔吐や下痢、急な発熱などが多く、特にインフルエンザの多い冬の時期は、患者さんがとても多いんです。


夜勤専従は、給料が高い事で人気がありますが、私が働いている職場は、時給が1600円なので、夜勤の割には安いのかもしれません。


しかし、子育てに理解があり働きやすい職場なので、とても満足しています。


給料が高い職場というのは、業務がハードで人間関係に問題がある職場が多いようです。


子育てをしながら、安心して働く為には、給料よりも職場環境を重視する事が大切だと思いますね。

2次救急と3次救急の救急外来看護師の夜勤の違い

pixta_2346942_S.jpg

救急外来の看護師のバイト求人は、常に沢山ありますね。


常に人手が不足しているのだと思います。


確かに、救急外来の場合、土日祝日以外は夜勤になりますし、救急患者ばかりなので、
敬遠する看護師が多いのが実状です。


でも、救急外来にも種類があって、病院が併設されている所と、無床の所とでは、忙しさの度合いが全く違ってきます。


また、2次救急か、3次救急かによっても業務内容が異なってきます。


2次救急には、ICUやCCUに入るほど重篤ではありませんが、手術や入院を必要とする患者さんがきます。


そのため、医療処置も多く、入院の申し送りなど、かなり忙しい職場です。


3次救急は、ICUやCCUなどの、高度救急センターで、救急患者以外にも、医療機器をつけた患者さんが入院しています。


緊張感がとても高い、大変な職場で、他の職場に比べると男性の看護師が多いのも特徴です。


それに比べると、入院の必要がない患者さんを扱う夜間救急のようなところは、軽傷や急な発熱、体調不良などが理由の方が多く、処置も簡単です。


2次救急や3次救急に比べると、楽な職場です。


このように、同じ救急外来でも、業務内容が異なりますから、救急で働きたい場合には、まずは、どのような職場を希望するのか、自分の希望を確定する事が大切です。


その上で、求人情報サイトに登録すれば、効率良く希望の職場を探す事ができます。


求人情報サイトは、コンサルタントさんが、自分の希望に合った職場を探してくれるので、とても便利です。


求人情報サイトに登録するのは全て無料ですから、複数のサイトに登録して、情報収集した上で、比較してみる事をおススメします。


夜勤は体力も使いますから、少しでも自分に合った、働きやすい職場を選ぶ事が大切です。

看護師バイトに成功した看護師の秘密

しかし、看護師求人サイトを使えば、即日で高時給のバイト求人がみつかります!
top-3.jpg

トップページ >  看護師夜勤バイト >  救急外来の看護師夜勤バイト ※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。