救急外来の看護師夜勤バイトの求人票の給与に注意!?

pixta_10141510_S.jpg


救急外来の求人票の給与は、一例として記載されている事が多いので、あまり参考になりません。


例えば、夜勤専従で「月給40万円以上」とあっても、夜勤専従常勤なのか夜勤専従バイト(パート)なのかによって違います


夜勤専従常勤の場合は、常勤スタッフなので基本給に加えて夜勤手当がつくので、月給40万円以上可能です。


救急外来なら夜勤回数によっては月給50万円以上も可能なケースもあります。


でも、夜勤専従バイト(パート)の場合は、常勤スタッフではないので基本給はなく、働いた夜勤回数×日給となるので、月給40万円以上となると、夜勤を10回以上入れたり、残業手当や危険手当がつかなければ、40万円以上稼ぐのは難しいです。


夜勤バイトは、医療機関では1勤務3~4万円が相場で、介護施設では1勤務2~3万円が相場です。


医療機関で1勤務4万円の職場でも、月に夜勤10回しないと月給40万円以上になりませんよね・・・。


特に、救急外来の夜勤10回ってかなりキツイですし、月の3分の2が夜勤という生活は、かなり生活リズムが乱れます。


月に夜勤10回でも10日間の休みは取れますが、休みでも寝て終わってしまうくらいに疲れますよ。


夜勤回数を増やして稼ぎたいという場合は、仮眠や休憩がしっかり取れる職場を選ばなければ難しいです。


仮眠や休憩がしっかり取れる職場は、「夜勤は看護師3人体制」「回復期・慢性期病棟、介護系の施設」「医療行為が少ない」「救急の受け入れがない」など特徴があります。


仮眠や休憩の有無は、事前に看護師求人サイトで調べることができますよ。


メディカルコンシェルジュなら、職場の内部事情をしっかりと調べてくれるのでおすすめです。

夜勤回数によっては月給50万円以上も可能なケースもあります。

でも、夜勤専従バイト(パート)の場合は、常勤スタッフではないので基本給はなく、働いた夜勤回数×日給となるので、月給40万円以上となると、夜勤を10回以上入れたり、残業手当や危険手当がつかなければ、40万円以上稼ぐのは難しいです。

夜勤バイトは、医療機関では1勤務3~4万円が相場で、介護施設では1勤務2~3万円が相場です。

医療機関で1勤務4万円の職場でも、月に夜勤10回しないと月給40万円以上になりませんよね・・・。

夜勤10回ってかなりキツイですし、月の3分の2が夜勤という生活は、かなり生活リズムが乱れます。

月に夜勤10回でも10日間の休みは取れますが、休みでも寝て終わってしまうくらいに疲れますよ。

夜勤回数を増やして稼ぎたいという場合は、仮眠や休憩がしっかり取れる職場を選ばなければ難しいです。

仮眠や休憩がしっかり取れる職場は、「夜勤は看護師3人体制」「回復期・慢性期病棟、介護系の施設」「医療行為が少ない」「救急の受け入れがない」など特徴があります。

仮眠や休憩の有無は、事前に看護師求人サイトで調べることができますよ。

メディカルコンシェルジュなら、職場の内部事情をしっかりと調べてくれるのでおすすめです。

看護師バイトに成功した看護師の秘密

しかし、看護師求人サイトを使えば、即日で高時給のバイト求人がみつかります! top-3.jpg
トップページ > 救急外来の看護師夜勤バイト > 救急外来の看護師夜勤バイトの求人票の給与に注意!?

救急外来の求人票の給与は、一例として記載されている事が多いので、あまり参考になりません。 例えば、...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。