2次救急と3次救急の救急外来看護師の夜勤の違い

pixta_2346942_S.jpg

救急外来の看護師のバイト求人は、常に沢山ありますね。


常に人手が不足しているのだと思います。


確かに、救急外来の場合、土日祝日以外は夜勤になりますし、救急患者ばかりなので、
敬遠する看護師が多いのが実状です。


でも、救急外来にも種類があって、病院が併設されている所と、無床の所とでは、忙しさの度合いが全く違ってきます。


また、2次救急か、3次救急かによっても業務内容が異なってきます。


2次救急には、ICUやCCUに入るほど重篤ではありませんが、手術や入院を必要とする患者さんがきます。


そのため、医療処置も多く、入院の申し送りなど、かなり忙しい職場です。


3次救急は、ICUやCCUなどの、高度救急センターで、救急患者以外にも、医療機器をつけた患者さんが入院しています。


緊張感がとても高い、大変な職場で、他の職場に比べると男性の看護師が多いのも特徴です。


それに比べると、入院の必要がない患者さんを扱う夜間救急のようなところは、軽傷や急な発熱、体調不良などが理由の方が多く、処置も簡単です。


2次救急や3次救急に比べると、楽な職場です。


このように、同じ救急外来でも、業務内容が異なりますから、救急で働きたい場合には、まずは、どのような職場を希望するのか、自分の希望を確定する事が大切です。


その上で、求人情報サイトに登録すれば、効率良く希望の職場を探す事ができます。


求人情報サイトは、コンサルタントさんが、自分の希望に合った職場を探してくれるので、とても便利です。


求人情報サイトに登録するのは全て無料ですから、複数のサイトに登録して、情報収集した上で、比較してみる事をおススメします。


夜勤は体力も使いますから、少しでも自分に合った、働きやすい職場を選ぶ事が大切です。

看護師バイトに成功した看護師の秘密

しかし、看護師求人サイトを使えば、即日で高時給のバイト求人がみつかります! top-3.jpg
トップページ > 救急外来の看護師夜勤バイト > 2次救急と3次救急の救急外来看護師の夜勤の違い

救急外来の看護師のバイト求人は、常に沢山ありますね。 常に人手が不足しているのだと思います。 確か...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。