小児科病棟で土日のみの看護師バイト!夫が協力が不可欠。

ec1ed81c0ca75f0a4bec8da28e521cb5.jpg


私は子供が大好きな事もあり、看護師になってすぐに小児科病棟で働くようになりました。


その後、出産を機に一旦休職をしたんですが、1年後にまた職場に復帰をしました。


復帰した時に選択した働き方は、夜勤専従パートです。


夜勤というのは、ママさんナースにとって働きにくいというイメージがあるかと思いますが、日勤と夜勤をこなす不規則な勤務に比べると、夜勤のみの仕事は働きやすいと思っています。


私は、元々夜勤が好きという事もあり、夜勤専従を選択しました。


私が勤めている小児科病棟は、12歳以下のお子さんには、親の付き添いが必要です。


親が付き添っている事もあり、私達看護師はとても助かっています。


小さなお子さんの場合、内服やちょっとした処置に苦労する事があるんですが、親がいると全然違います。


やはり、小さなお子さんにとっては、親が側についていてくれるというのは、安心するものです。


夜勤専従の仕事は、子供が寝ている時間帯に働いていて、子供が起きている時には一緒に過ごす事ができるので、私には向いていると思います。


私の夫は、土日が休みという定期的な仕事なので、夫の仕事に合わせて夜勤のシフトも入れやすいんです。


旦那の給料だけでもなんとかやっていけるのですが、とにかく小児科で働くのが好きなので、ちょっと無理言ってやっています。


私が働いている小児科は、親の付き添いがあるので、夜勤でも疲れが溜まる事なく仕事ができるのだと思います。


親の付き添いがない小児科での夜勤は、とても大変だと聞いています。


子供をおんぶしたり抱っこしてあやしながら、業務をこなす事もあり、休憩や仮眠を取る暇もないくらいに大変です。


私が夜勤専従で働く事ができるのは、職場環境が良く、働きやすい、という事も大きな理由の一つです。


そのお陰で、子育てと仕事を、上手く両立する事ができています。

トップページ > ママさんナース > 小児科病棟で土日のみの看護師バイト!夫が協力が不可欠。

私は子供が大好きな事もあり、看護師になってすぐに小児科病棟で働くようになりました。 その後、出産を...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。