楽な仕事

楽な看護師バイトの仕事

raku-nurse.jpg


目次
透析センターの看護師バイトは、残業ナシ、日曜日休み。
病院看護師ではなく老健看護師を希望した理由は?
夜勤なしの日勤常勤は楽って本当?
とにかく急変がない看護師の職場に転職したい
仮眠時間が多い職場は?看護師夜勤バイトについて
採血のみの看護師バイトは、精神的にも肉体的にも楽って本当?
離島ナースは楽?3か月小笠原諸島で働くバイト看護師の実態。
スキー場の救護室の仕事が楽な理由!
看護師バイトに成功した看護師の秘密

透析センターの看護師バイトは、残業ナシ、日曜日休み。

pixta_9409102_S.jpg


看護師の仕事と子育ての両立って難しいですよね...(;´Д`A


看護師は、バイトだからといって残業がないとも言い切れません>_<


求人票には、残業なしって書いてあったのに、実際働いてみたら残業が多かった...なんてこともあります。


残業は申請しないと「残業ナシ」と同じという理屈がブラックな医療施設なんですよね。


病院でもクリニックでも、実際働いてみないとわからないことって多いですよね...(;´Д`A


でも、透析センターのバイトなら残業はないし、日曜日も必ず休みで働きやすいですよ(*^o^*)

日勤と遅番や、日勤と準夜勤などの勤務がありますが、準夜勤などは手当もつきます。


病院で透析センターを経営している事が多いため、福利厚生や賞与、退職金制度などもも病院と同じように支給されるため、待遇も良いところが多いんです(*^o^*)


透析は、何らかの原因で腎不全を起こしている患者さんが、人工的に血液をろ過し、余計な老廃物や水分を浄化するシステムです。


透析には、血液透析と腹膜透析があります^_^


血液透析の患者さんは、透析センターに通い、一回約4時間の治療を週に2回ほど行っているのです。


ですから、透析を必要とする患者さんにとって、透析センターは生活の場の一部になっています。


透析センターで働く上で一番大切なことは、患者さんとの信頼関係を築くことなんです(*^o^*)


患者さんにとって、透析は命に関わる事です。


透析は、毎回針を刺され痛みを伴いますし、患者さんにとって苦痛になりますよね(;´Д`A


また、透析を行っているのです患者さんの多くは、体調不良や不安から精神的にも不安定になりがちです。


看護師はそういった苦痛や不安に対して軽減できるよう関わっていくため、信頼関係はとても大切になるんです(*^o^*)


また、透析中は血圧変動に気をつけ、体調に変化があった際は速やかに対応します。


時々急変もあるので、対応できる経験や知識が必要になりますね^_^


仕事は楽な透析ですが、そういった意味ではやりがいもありますし、スキルアップも目指せます(*^o^*)


透析は、未経験者が多いことから、プリセプター制度もしっかりしているんですよ^_=凵


私も透析未経験者でしたが、おかげで仕事もすぐに慣れましたよ(*^o^*)

病院看護師ではなく老健看護師を希望した理由は?

pixta_9747743_S.jpg

私は老人保健施設の看護師をしています。


以前は病院勤務をしていましたが、毎日仕事に追われ、患者様との関わりも薄く感じていました。


帰りも毎日残業のため、とても遅く独身だったからこなせていたと思います。


総合病院やクリニックを経験しましたが、どこも残業が多かったり、休みが少なかったり、子育てをしながら働く環境としては良いとは言えませんでした。


介護施設の中にも色々ありますが、老健を選んだのは年間休日数が多く、子育てをしながらの仕事の両立がいくらか楽になると思ったからです。


老健は、特養に比べ看護師も多いですし、人数が多い分シフト交代もしやすく、急な欠勤にも対応出来ます。


以前働いていた特養のようにナースが少ない場合、オンコールも頻繁になり、休みの日も休んだ気がしないという事も度々ありました。


私の職場は、年間休日数が多い上に、有給休暇もとりやすいです。


みんなで交代に有給休暇で連休をとっていますので、有給休暇の消化率はほぼ100パーセントです。


ナースの人数が少ない職場は、いくら仕事が楽でも、1人にかかる仕事の負担は大きいものです。


また、夜勤も二交代夜勤でしたし、拘束時間は長くなりますが、その前後の時間はゆっくり過ごす事が出来ます。


子どもの授業参観など、平日数時間のために休み希望はもったいないな...という時など、夜勤明けなど利用すると、時間を有効に活用出来ます。


また、病院に比べると時間の流れもゆっくりです。


病院に勤めていた頃は、患者様と触れ合う機会も少なく、もっとじっくり関わりたいと思っていました。


今は、コミュニケーションをとったり、一つ一つのケアに時間をかけたりと納得のいく関わりが出来ています。


病院で働くことは、学ぶ事も沢山あり自分自身のスキルアップにもつながります。


しかし、私のように子育てをしながら仕事を続けるとなると、やはり働きやすさが一番大事になってきます。


そういった意味では、老健という環境は、休みが取りやすかったり、時間に余裕があり、ママさんナースにとっては働きやすい職場なんだと思います。

夜勤なしの日勤常勤は楽って本当?

pixta_1593673_S.jpg


私は、ガン看護にとても興味があり、将来は、認定看護師の資格を取る事を目標にしています。


特に終末期の看護に興味があるんですが、以前働いていた職場には、緩和ケア病棟がなかったので、緩和ケア病棟がある、現在の職場に転職をしました。


私の父は、現在ガンの闘病中です。


その事も、ガン看護に興味を持った理由の一つです。


大変で辛い闘病生活を送っている父を見ていて、少しでも知識をつけたい、助けになりたい、という思いがあったんです。


そして、少しでも家族と過ごす時間を作りたいと思い、日勤常勤を希望しました。


私はずっと、日勤常勤というのは、交代制の常勤の働き方に比べると、楽だというイメージを持っていました。


しかし、実際に日勤常勤で働いてみると、とても大変です。


緩和ケアは、終末期の患者さんばかりの為、毎日のようにステルペンがあります。


難しいケースの患者さんも多く、患者さんを始め、そのご家族の方も精神的にとてもナーバスになっています。


その為、医療者側のちょっとした言葉使いや態度で、トラブルが発生してしまい、信頼関係が一気になくなるという事も少なくありません。


その為、毎日、かなり気を使っているので、胃が痛くなる事はしょっちゅうです。


交代制勤務の場合には、平日に休みがあったり、夜勤入りや夜勤明けの時に体を休める事もできますが、日勤常勤の場合、5日連続勤務もあり、そういう訳にはいきません。


今では、交代制の勤務にしておけば良かったな、と思っています。


緩和ケアという特殊な職場だから、というのもハードな理由だと思いますが、少し様子を見て、日勤常勤ではなく、交代制の常勤の勤務に変更してもらおうかと、考えているところです。

とにかく急変がない看護師の職場に転職したい

pixta_11708475_S.jpg


看護師になって4年が経ちますが、今の職場がキツくて、転職したいなぁって思っています(;´Д`A


私の働く一般病院の循環器病棟は、毎日オペも多く、とても忙しい病棟です。


循環器病棟は、生死に直結するような疾患をもった患者さんが多いですよね。


急変も多いし、モニターのアラームがなるとナースステーション内も緊張感が走ります。


アラームが鳴ると毎回急変というわけではありませんが、急変の対応が苦手な私は、アラームの音が聞こえると心臓がバクバクし始めてしまうんです( ;´Д`)


忙しい職場だから、人間関係も悪いんです。


よく、仕事が終わってから、職場の人たちとご飯を食べに行ったりする人たちがいますが、私は絶対無理ですね;^_^A


もう仕事に行くのがすごくストレスです。


もっとゆったりのんびり働ける職場で働きたいなという気持ちが日に日に強くなりました。


そこで、とにかく急変のない職場で働きたいと思ってハローワークで、看護師の求人を探しにいってみましたが、なかなかみつかりませんでした。


ハローワークは、求人数も少ないし、職場の詳細な情報もありません(;´Д`A


そこで、私は、看護師求人情報サイトを利用することにしました^_^


看護師求人情報サイトでは、コンサルタントの方が相談にのってくれますし、職場の詳細な情報も教えてくれます。


急変のない職場がいいと希望を伝えると、保育園の看護師や、検診の仕事をすすめられました。


病院やクリニックと違い、健康な人が対象となるので、急変などがありません。


給与の面では、病院やクリニックには劣りますが、のんびり働けて、急変もない職場なら、給与は気にしません;^_^A


せっかく取った看護師の資格だし、看護師の資格を生かした職場で働けるのも嬉しいですね(*^^*)

仮眠時間が多い職場は?看護師夜勤バイトについて

pixta_18025364_S.jpg

看護師の夜勤バイトは2交代制の病院が主流ですよね。


公立病院は3交代と2交代の併用の病院がありますが、多くの病院で2交代制にシフトしていますね。


最近は、ロング日勤(12時~21時勤務)の遅夜勤(21時~9時)を組み合わせてる病院も出てきて、夜勤の業務負担の軽減に努めている病院もあります。


でも、夜勤はどうしても夜中を過ごさなければならないので、気になるのは仮眠時間ですよね?


仮眠時間は看護師3人体制の病院だと1人2時間と言う病院が最も多いです。


看護師2人体制の病院だと仮眠時間は短くなる傾向があります。


看護師2人+看護助手1人と言うパターンでは、看護助手は仮眠が取れるけど、看護助手が1人になる時間は作れないので看護師の仮眠時間は短くなります。


出来れば仮眠時間は長い方が良いですよね?


勤務が落ちつている日は臨機応変に仮眠3時間と言うパターンもあります。


仮眠が短くなりやすいのは、やはりオペが中心の病棟です。


平日の夜勤の場合は夜間でもオペ患者の対応がありますし、翌日のオペ準備もありますからね。


オペのない病棟の場合は重症患者が複数いなければ、仮眠時間は確保出来る事が多いですね。


意外と仮眠が取れないのは・・・老人病院や老健ですね。


老人病院は病院によっては看護師1人+介護士2人体制の病院があり、これではとても仮眠にいける状況ではありません。


せっかく落ちつている夜勤でも、看護計画に加えて介護計画やカンファレンスの準備など仮眠時間を削って行う事も多いため、仮眠は期待出来ません。


老健も同じく、重症度の高い患者が多い割に夜間は看護師1人体制のパターンが多く、仮眠は取れない職場も多いです。


重症度が高い、医療ケアが多い患者が多い老健では、夜間でも看護師は休む暇がないと言う事も多いですね。


仮眠が長く取れる職場を希望するなら、看護師3人体制の慢性期病棟がおススメです。


夜勤の仮眠の有無や仮眠時間は、看護師求人サイトに依頼して事前に調べて貰うと確実ですよ!


求人票に掛かれている「仮眠もとれます」と言う言葉はあまり信憑性がないので、事前にしっかりと調べましょう!

採血のみの看護師バイトは、精神的にも肉体的にも楽って本当?

pixta_9747743_S.jpg


看護師の働き方には、常勤、それに、パートや派遣のような非常勤の働き方がありますが、単発バイトの仕事もあります。


単発バイトには1日のみの仕事もあり、自分の都合に合わせて仕事を入れる事ができます。


ママさんナースなど、プライベートを重視した働き方をしたい方に人気がある働き方です。


単発バイトにもいろいろな仕事があり、採血だけの単発バイトもあります。


これは、採血室で採血を行う仕事で、看護計画などの事務的な業務をする必要がありません。


ですから、残業になる事がほとんどなく、土日はお休みです。


子育てをしている方の場合、常勤で働くのは難しいものですが、採血だけの単発バイトであれば、仕事と子育てを無理なく両立させる事ができます。


採血だけのバイトは、ただひたすら採血をする仕事で、午前中だけでも100人以上の採血を行います。


流れ作業のように採血に集中するので、スタッフとチームワークを取るという必要もありません。


患者さんと会話をするのはほんの数分ですし、人間関係のストレスがないという点もメリットの一つです。


職場によって違いがありますが、時給の平均は1500円なので、短時間でも効率良く稼げます。


ただ、ブランクがある方にとっては、採血の仕事は不安に思うかもしれません。


でも、ブランクがある看護師を対象とした、復職支援セミナーが開催されていますから、基本的な看護技術の復習や練習をする事が可能です。


採血やバイタル測定、ルート類やポンプ類の扱い方、12誘導など、しっかりと勉強できるので安心です。


復職支援セミナーは、病院や自治体、看護協会などが主催しています。


病院が主催しているセミナーであれば、入職する前に職場の雰囲気を確認する事もできるので、職場選びの失敗を避ける事もできます。


医療業界というのは日々進歩していますから、たった数年のブランクでも不安です。


病棟への復職を希望している場合は特に、勉強をしていないと仕事についていく事はできません。

採血のみのバイトは、精神的にも肉体的にも楽に楽しく働けます。


復職支援セミナーも開催されていますから、ブランクがある方も挑戦してみる事をお勧めします。

離島ナースは楽?3か月小笠原諸島で働くバイト看護師の実態。

pixta_2939204_S.jpg


看護師の働き方の一つに、離島応援ナースがあります。


離島応援ナースは、看護師が不足している離島の地域に期間限定で3か月という短期間で働き方です。


業務内容は、通常の看護師の業務とほとんど同じですが、病院だけでなく、訪問看護ステーションや介護施設、保健所など、離島によって働く場所というのは様々です。


離島応援ナースで人気がある離島の一つに、小笠原諸島があります。


小笠原諸島は、東京から船が出ていますから便利ですし、関東圏に住んでいる看護師にとっては、比較的に近場でありながら、自然やマリンスポーツを楽しめる事で、人気があるスポットです。


小笠原諸島は観光地であり、ダイビングや海が好きな方には最適です。


多くの方は、旅行気分で離島応援ナースに参加していて、契約期間が終了してからも、島に残るという方もいます。


小笠原諸島ののどかな環境が気に入って、離島の病院で正社員として働くという方も多い事からも、人気があるエリアだという事が良くわかります。


離島応援ナースというのは、あまり聞きなれないという方も多いと思います。


この仕事は、へき地という事もあって給料が高く、月収50万円近く稼ぐ事ができます。


離島というのは人口が少ないので、一般病院でも仕事はそれほど忙しくありませんし、患者さんは穏やかな人が多いという特徴があります。


残業がほとんどなくて、規則通りの勤務ができるので、プライベートを充分に満喫できます。


離島応援ナースに参加するのは、マリンスポーツが好きな方が多く、離島に来た事で、マリンスポーツに目覚める方もいます。


ただ、都会の便利な生活に慣れていると、ネット環境が悪かったり、コンビニが近くになかったりという環境に、不便さを感じるかもしれません。


でも、小笠原諸島に住んでいる皆さんは、優しくてフレンドリーな方ばかりで、すぐに仲良くなる事ができます。


小笠原諸島の自然環境や、生活している方の人柄の良さを実感したら、契約期間が終わってもこの島に留まりたくなる気持ちは、とても良くわかるはずですよ。


スキー場の救護室の仕事が楽な理由!

pixta_3739957_S.jpg


看護師は、病院や施設以外にも活躍できる場が沢山あり、様々な場所での求人を見つける事ができます。


その一つに、スキー場の救護室の仕事があります。


救護室は、学校などのスポーツ教室や修学旅行、林間学校などに同行して、体調不良やケガをした生徒達のケアをする仕事です。


スキーの救護室は、2、3泊といった泊りの仕事がほとんどなので、既婚者のように家族がいる方には難しいかもしれません。


実際に、この仕事をしている看護師は、ほとんどが独身の方です。


ツアーに同行して救護室で働く看護師は、いろいろな場所に行く事ができて、ちょっとした旅行気分も味わえるので、人と接する事や旅行が好きな方にとっては、楽しみながら働けるお勧めの仕事です。

修学旅行やスポーツ合宿など、様々なツアーナースの募集がありますが、冬になると、スキーツアーの募集が多くなります。


学校のスキーツアーは、スキーをするのが始めてという生徒がほとんどなので、転倒してケガをするというケースが多く、他のツアーナースの仕事に比べると、看護師が活躍する場面が増えます。


スキーというのは、経験がない方にとってはとても難しいものです。


バランスを取るのは大変ですし、止まり方が分からずに、危険な場所に突っ込んでしまう場合もあります。


それに、転び方が下手な為に、骨折や捻挫をしてしまうケースもあります。


クーリングや創傷、痛み止めといった治療で治まるようなケガであれば問題ありませんが、骨折などの大きなケガの場合は、病院に搬送します。


その際には、看護師も診察に同行して、学校や家族に連絡をします。


スキーツアーは、生徒達にとってはとても楽しみなイベントですし、思い出に残る経験です。


そのようなツアーに同行できるのは、とても幸せな事です。


生徒達はフレンドリーで、すぐに溶け込む事ができますし、自分が学生だった頃を思い出したりもします。


スキーツアーのナースは、救護室などに待機している仕事なのでスキーの経験がなくても問題ありません。


このような単発バイトの仕事は、看護師専門の求人サイトで見つける事ができます。

看護師バイトに成功した看護師の秘密

しかし、看護師求人サイトを使えば、即日で高時給のバイト求人がみつかります!
top-3.jpg

トップページ >  条件で選ぶ看護師バイト >  楽な仕事 ※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。