仮眠時間が多い職場は?看護師夜勤バイトについて

pixta_18025364_S.jpg

看護師の夜勤バイトは2交代制の病院が主流ですよね。


公立病院は3交代と2交代の併用の病院がありますが、多くの病院で2交代制にシフトしていますね。


最近は、ロング日勤(12時~21時勤務)の遅夜勤(21時~9時)を組み合わせてる病院も出てきて、夜勤の業務負担の軽減に努めている病院もあります。


でも、夜勤はどうしても夜中を過ごさなければならないので、気になるのは仮眠時間ですよね?


仮眠時間は看護師3人体制の病院だと1人2時間と言う病院が最も多いです。


看護師2人体制の病院だと仮眠時間は短くなる傾向があります。


看護師2人+看護助手1人と言うパターンでは、看護助手は仮眠が取れるけど、看護助手が1人になる時間は作れないので看護師の仮眠時間は短くなります。


出来れば仮眠時間は長い方が良いですよね?


勤務が落ちつている日は臨機応変に仮眠3時間と言うパターンもあります。


仮眠が短くなりやすいのは、やはりオペが中心の病棟です。


平日の夜勤の場合は夜間でもオペ患者の対応がありますし、翌日のオペ準備もありますからね。


オペのない病棟の場合は重症患者が複数いなければ、仮眠時間は確保出来る事が多いですね。


意外と仮眠が取れないのは・・・老人病院や老健ですね。


老人病院は病院によっては看護師1人+介護士2人体制の病院があり、これではとても仮眠にいける状況ではありません。


せっかく落ちつている夜勤でも、看護計画に加えて介護計画やカンファレンスの準備など仮眠時間を削って行う事も多いため、仮眠は期待出来ません。


老健も同じく、重症度の高い患者が多い割に夜間は看護師1人体制のパターンが多く、仮眠は取れない職場も多いです。


重症度が高い、医療ケアが多い患者が多い老健では、夜間でも看護師は休む暇がないと言う事も多いですね。


仮眠が長く取れる職場を希望するなら、看護師3人体制の慢性期病棟がおススメです。


夜勤の仮眠の有無や仮眠時間は、看護師求人サイトに依頼して事前に調べて貰うと確実ですよ!


求人票に掛かれている「仮眠もとれます」と言う言葉はあまり信憑性がないので、事前にしっかりと調べましょう!

トップページ > 楽な仕事 > 仮眠時間が多い職場は?看護師夜勤バイトについて

看護師の夜勤バイトは2交代制の病院が主流ですよね。 公立病院は3交代と2交代の併用の病院があります...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。