離島ナースは楽?3か月小笠原諸島で働くバイト看護師の実態。

pixta_2939204_S.jpg


看護師の働き方の一つに、離島応援ナースがあります。


離島応援ナースは、看護師が不足している離島の地域に期間限定で3か月という短期間で働き方です。


業務内容は、通常の看護師の業務とほとんど同じですが、病院だけでなく、訪問看護ステーションや介護施設、保健所など、離島によって働く場所というのは様々です。


離島応援ナースで人気がある離島の一つに、小笠原諸島があります。


小笠原諸島は、東京から船が出ていますから便利ですし、関東圏に住んでいる看護師にとっては、比較的に近場でありながら、自然やマリンスポーツを楽しめる事で、人気があるスポットです。


小笠原諸島は観光地であり、ダイビングや海が好きな方には最適です。


多くの方は、旅行気分で離島応援ナースに参加していて、契約期間が終了してからも、島に残るという方もいます。


小笠原諸島ののどかな環境が気に入って、離島の病院で正社員として働くという方も多い事からも、人気があるエリアだという事が良くわかります。


離島応援ナースというのは、あまり聞きなれないという方も多いと思います。


この仕事は、へき地という事もあって給料が高く、月収50万円近く稼ぐ事ができます。


離島というのは人口が少ないので、一般病院でも仕事はそれほど忙しくありませんし、患者さんは穏やかな人が多いという特徴があります。


残業がほとんどなくて、規則通りの勤務ができるので、プライベートを充分に満喫できます。


離島応援ナースに参加するのは、マリンスポーツが好きな方が多く、離島に来た事で、マリンスポーツに目覚める方もいます。


ただ、都会の便利な生活に慣れていると、ネット環境が悪かったり、コンビニが近くになかったりという環境に、不便さを感じるかもしれません。


でも、小笠原諸島に住んでいる皆さんは、優しくてフレンドリーな方ばかりで、すぐに仲良くなる事ができます。


小笠原諸島の自然環境や、生活している方の人柄の良さを実感したら、契約期間が終わってもこの島に留まりたくなる気持ちは、とても良くわかるはずですよ。


トップページ > 楽な仕事 > 離島ナースは楽?3か月小笠原諸島で働くバイト看護師の実態。

看護師の働き方の一つに、離島応援ナースがあります。 離島応援ナースは、看護師が不足している離島の地...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。