【単発・短期】の看護師夜勤バイト

看護師の夜勤単発バイト☆

夜勤バイト.jpg
目次
ダブルワークにおすすめ!看護師の夜勤単発バイト
新人や実務未経験でもできる!看護師夜勤バイトの仕事内容
看護師夜勤バイトの時給相場を教えて!
看護師夜勤バイトの口コミ・体験談
看護師夜勤バイトのメリット・デメリット
看護師夜勤バイトと労働基準法について
働き方で選ぶ看護師夜勤バイト
夜勤単発バイトの給料はいつ??複数の掛け持ちで働いている場合は?
おすすめな看護師夜勤バイトについて
週1の看護師夜勤バイトならwワークOK(^ω^)
夜勤単発バイトだけで生活できるか試してみた!
看護師夜勤バイトの口コミ失敗談・・(´Д`)
夜勤バイトの体験談✩脳外科・整形外科専門病院
夜勤看護師の心得!妻がいない夜、旦那が浮気した
看護師バイトに成功した看護師の秘密

ダブルワークにおすすめ!看護師の夜勤単発バイト

副業なら介護施設の看護師夜勤単発バイト!

pixta_1557555_S.jpg

副業するなら、自分の都合に合わせて働けるシフト完全自由な職場を選びましょう。


老健や老人ホームなどの介護施設は、好きな時に好きなだけ働くことができるため、副業の看護師に人気です。


また副業するなら、1日限定の単発夜勤がおすすめです。


副業の場合は本業を優先しなければならないので、空いた時間に無理なく働ける職場でなければ続けることができません。


老健や老人ホームのような介護施設なら、医療行為が少なく単調な仕事が多いからストレスも溜まりませんし、急募の求人が多いから空いた時間で効率よく稼ぐことができますよ!


副業OKの夜勤バイト.jpg



老人保健施設の看護師夜勤単発バイト

ダブルワークなら、老健での夜勤単発バイトがおすすめです。


関連記事:「働き方で選ぶ看護師夜勤バイト」では、看護師の夜勤単発バイトについて詳しく紹介しています。


老人保健施設(=老健)は、要介護1以上と認定され、現在は積極的な治療は必要ないが、在宅復帰には困難な状態の高齢者が入所する施設とされています。


そのため、治療が必要になった場合は病院へ転院するケースが多く、医療ニーズが高い方よりも、介護ニーズが高く日常生活援助が必要な方が多いのです。


老健は、一般病院と在宅の中間地点の役割があるため、医療ケアも行う必要があり、他の介護施設に比べると医療行為が多く、夜勤の看護師配置人数は他の介護施設に比べて多くなっています。


老健は各施設により異なりますが、夜間の看護師配置人数が2人という施設が多く、その他の介護施設は夜間の看護師配置義務がなかったり、各施設に看護師1人体制という施設がほとんどです。


そのため、老健の看護師夜勤バイトでは、各フロアに看護師2人または他のフロアに看護師が常駐しているため、分からないことを質問したり相談することができます。


他の介護施設では看護師が全フロアで1人など、質問や相談ができないケースが多いため、看護師1人にかかる業務量や責任は大きくなる傾向があります。


看護師夜勤単発バイトでは、初めての職場や慣れない職場で夜勤をすることになるので、他の看護スタッフに相談や質問ができる環境の方が安心ですし、医療ミスを防止することにもつながります。


老健ではほとんどの施設で夜勤看護師が不足しているので、急募の夜勤求人が多く、働きたい時にすぐに働くことが出来ます。


また、夜勤看護師の確保のために副業OKの夜勤求人が多いため、「副業がバレたら困るな・・・。」と心配な方も安心して働くことができますよ(´∀`*)


副業OKの看護師夜勤単発バイトなら、看護師求人サイトのメディカルコンシェルジュがおすすめです。


メディカルコンシェルジュは、看護師夜勤単発バイトの求人が豊富で、日給30,000円以上の高給な夜勤バイト求人もたくさん見つかりますよ!




有料老人ホームの看護師夜勤単発バイト

看護師夜勤単発バイトの求人なら有料老人ホームがおすすめです。


関連記事:「看護師夜勤バイトならWワークOK」では、ダブルワークにおすすめの介護施設の口コミや体験談を紹介しています。


有料老人ホームは、看護師が24時間常駐する義務がないため、施設によっては夜間帯に看護師が常駐せずにオンコール体制をとっている場合もあります。


看護師の24時間常駐をしている有料老人ホームは、スタッフ人数に余裕があり働きやすい職場であることが多いです。


多くの有料老人ホームでは夜勤の看護師を確保できずにオンコール体制としている中、24時間看護師を常駐している有料老人ホームは、看護師が働きやすい環境整備や離職率を下げる工夫をしていると言えます。


有料老人ホームの夜勤では、看護師が全フロアに1人の配置であることが多く、看護師には状況判断のスキルが必要だと言えます。


単発バイトでは初めての職場や慣れない職場で夜勤業務をすることになるため、求人先によっては夜勤業務に入る前に、1時間ほどのオリエンテーションや研修を行っていることもあります。


有料老人ホームの夜勤では、急変時対応についての確認がとても大切なので、事前のオリエンテーションや研修をしっかりと行っている求人がおすすめです。


急変時の看護師の役割や、緊急受診や救急搬送の手順などのマニュアル確認をしっかりとして夜勤に入れると安心ですね!


看護師求人サイトのメディカルコンシェルジュでは、オリエンテーションや事前研修がしっかりとしている有料老人ホームの求人を紹介しています。


副業OKの夜勤バイト.jpg



給料アップなら日給3万円以上の看護師夜勤バイト


pixta_2935268_S.jpg

給料アップの目的で夜勤バイトをするなら、日給30,000円以上の看護師夜勤バイトがおすすめです。


看護師夜勤バイトは、一般病院の夜勤バイトの給料相場は30,000円~40,000円、介護施設の給料相場は20,000円~30,000円ほどです。


医療機関に比べて介護施設の給料相場は安いのが一般的です。


でも最近では、日給30,000円~40,000円の高給な介護施設の夜勤バイト求人が増えてきています。


給料アップ目的で夜勤バイトをするなら、日給30,000円以上の求人で効率よく稼ぎたいですね(´∀`*)


高給な夜勤バイト.jpg



日給4万円以上もあり!療養病棟の夜勤バイト

ケアミックス病院などにある療養病棟の夜勤バイトは、日給40,000円以上の高給求人がありおすすめです。


療養病棟は急性期病棟とは違い、積極的な治療を行う病棟ではないため、医療行為は最小限の病棟です。


医療行為が少ないため、単発夜勤バイトでも安心して働くことができます。


病棟の看護師夜勤バイトのメリットは、夜勤看護師の配置人数が2人以上で安心という点です。


介護施設の夜勤バイトでは、施設によっては全フロアに看護師1人のみの配置や、各フロアに看護師1人配置の施設がほとんどで、単発夜勤バイトの看護師が1人で判断しなければならないことが多く、責任や業務量が大きくなるのがネックです。


でも病棟の夜勤では、各フロアに最低でも看護師2人以上が配置されているため、常に他の看護師に確認したり相談することができるため、責任や業務量は介護施設に比べて少なくなります。


療養病棟はADLが低く介護ニーズの高い患者が多く、日常生活援助が主な業務なので、夜間のトイレ移動や体向・おむつ交換など、ハードな業務もあります。


また積極的な治療は行いませんが、輸液管理をしている患者が多いため、点滴や注射のスキルは必須です。


療養病棟は難しい医療行為がないため、単発夜勤バイトで初めて職場に入る看護師でも安心して働くことができますよ!


ただ、各病院によって夜勤の看護師配置人数や看護師の業務内容などが異なるため、事前に職場の詳細を調べると求人選びの失敗を防ぐことができますよ(´∀`*)


看護師求人サイトのメディカルコンシェルジュは、職場の内部事情を詳しく調べてくれるのでおすすめです。




高額な看護師夜勤バイト!精神科の夜勤

高額な看護師夜勤バイトとして精神科病棟の求人が人気です。


精神科病棟の夜勤バイト求人は、日給30,000円~40,000円以上の高額求人が多いのが特徴です。


精神科病棟は、急性期・慢性期・回復期・認知症専門など、ステージによって看護師の業務内容や業務負担が異なります。


精神科の急性期病棟では、注射や点滴などで安静を保つことが多いため、特に夜間は活動量やADLが低下し、日常生活が全介助となることが多いです。


せん妄や錯乱状態などで、点滴やBTなどを自己抜針してしまうことも多く、安全の管理が重要です。


また、せん妄状態や点滴による活動低下などで歩行や立位が困難となり、転倒や転落の危険があるため、安全対策を徹底する必要があります。


認知症専門病棟では、夜間帯に混乱やせん妄が見られる患者が多く、安定剤の服用や注射を使用して安静を図りますが、余計に混乱やせん妄状態が酷くなってしまうこともあるため、看護師は常に安全対策を徹底する必要があります。


精神科病棟では、難しい治療や医療行為はありませんが、安全対策のスキルが必要です。


精神科病棟の患者の年齢層は幅広く、若い患者の場合は、体力もあり体も重たいため、日常生活の援助が困難なことが多いです。


そのため、精神科病棟では男性看護師が活躍していることが多く、体力勝負の業務も多いです。


体力的にハードだったり、暴言や暴力などの危険性もあるため、看護師に対する手当が充実している分、夜勤バイトの看護師給料も高くなっています。


高給求人が希望の方や、医療行為が少ない職場を希望する方には、精神科病棟の夜勤バイトがおすすめです。


ただ、精神科病棟は医療機関であるため、基本的には看護師の単発バイトや単発派遣は禁止されており、不定期でも仕事を続けられることが条件となります。


月1回からの不定期勤務なら、1回限りの単発バイトや単発派遣には含まれてないため、精神科病棟で働くことが可能です。


看護師求人サイトのメディカルコンシェルジュでは、精神科の夜勤バイト求人が豊富にあるのでおすすめですよ(´∀`*)




確実に給料アップ!救急外来の看護師夜勤バイト

看護師の夜勤バイト求人で多く見られるのが救急外来の求人です。


救急外来には1次救急から3次救急まであり、看護師夜勤バイトでおすすめなのは1次救急機関です。


各自治体に設置されている救急医療センターは1次救急であり、治療が必要な患者は2次・3次救急機関に転送することになるため、救急医療センターでは難しい医療行為などは必要ありません。


救急医療センターに設置されている科は、内科・外科・小児科が多く、医師会のドクターが順番で当直を勤めています。


救急医療センターは、季節により混雑の具合に大きな差があり、インフルエンザや嘔吐下痢などの感染料が流行る冬場は夜間の受診が多くとても忙しいです。


でも、春や夏は比較的に空いていることが多く、夜勤帯は順番に休憩や仮眠をとることができますよ(´∀`*)


救急医療センターは、一般病院やクリニックの受診終了後の18時から翌日の8時30分までの開業となっています。


救急外来の夜勤看護師は、出勤時間を選択することができ、18時~8時30分のフル出勤、0時~8時30分や18時~0時の時短勤務など、出勤時間を選ぶことができるため都合に合わせて無理なく働くことができますよ。


救急医療センターの看護師に必須の看護スキルは、採血・点滴・注射・吸入・吸引・創傷処置・バイタルチェックなどです。


難しい看護ケアや医療処置はほとんどないので、救急外来の夜勤バイトが未経験の方でも安心して働くことができますよ(´∀`*)


高給な夜勤バイト.jpg



新人や実務未経験でもできる!看護師夜勤バイトの仕事内容

介護施設の看護師夜勤バイト☆仕事内容について

pixta_17548159_S.jpg

介護施設の看護師夜勤バイトでの仕事内容について紹介します。


介護施設は、老人保健施設・有料老人ホーム・特別養護老人ホーム・老人病院・グループホームなどがありますが、それぞれの施設で看護師の役割や業務内容が異なります。


それは、それぞれの施設の役割があるからです。


老人保健施設の役割は、積極的な治療を終えて在宅復帰するまでの期間を過ごす場所とされており、自宅復帰を目標としている方が入所されています。


そのため、医療機関と在宅の中間地点にあり、介護ニーズ・医療ニーズの両方を満たす必要があるため、老健では医療行為や看護ケアの割合が他の介護施設よりも高くなっています。


入所者は要介護1以上の判定が要件となっており、重症度の高い方が入居されているケースが多いです。


有料老人ホームは企業などが運営していることが多く、入居者の要件が各施設によって幅があり、自立や要支援の段階でも利用できる施設もあります。


そのため、介護ニーズ・医療ニーズともに低い方の割合が高く、医療ニーズが高くなり積極的な治療が必要になった場合は医療機関へ入院となるケースが多いです。


一方、特別養護老人ホームは公的な機関あるため、入居要件が有料老人ホームよりも厳しく、自立や要介護認定では利用することができません。


特別養護老人ホームは、要介護認定を受けいている必要があるため介護ニーズが高い方が多く、看護師・介護士の業務は介護ケアが中心となることが多いです。


看護師の業務内容や業務量は、有料老人ホームよりも特別養護老人ホームの方が多く、重症度の高い方が多いため、ハードな勤務となることも多いです。


夜勤バイトを希望する方は、特別養護老人ホームよりも有料老人ホームの方が、好条件の求人が多くおすすめです。


看護師求人サイトのメディカルコンシェルジュなら、好条件の夜勤バイトが豊富ですよ(´∀`*)


未経験可の夜勤バイト.jpg



介護施設の看護師の役割

老健や老人ホームの看護師の役割は、入居者の健康管理と異常の早期発見です。


介護施設では介護ニーズが高い方が多いため、看護ケアよりも介護業務の割合が高くなり、日常生活援助が主な看護業務になります。


日常生活を通して異常の早期発見に努め、安心・安全に生活ができるように援助するのが看護師の役割です。




介護施設では医療行為が少ない

老健や老人ホームは、積極的な治療を行う施設ではないため、医療行為は最小限しか行いません。


急変や病状があったした場合は、転院となるケースが大半です。


老健は、医療機関と自宅との中間地点の役割があるため、医療ニーズ・介護ニーズともに高い方が多く、点滴・注射・採血などの看護ケアが必要です。


一方、老人ホームは自立・要観察の方でも入居できるため、介護ニーズ・医療ニーズともに低い方が多く、医療行為はほぼ必要ありません。


ただ最近は、自宅復帰できる方が少なく、老人ホームや老健が療養型病院の役割を果たすようになっています。


そのため、見取りまで含めた看護が必要となるケースが増えています。




介護施設の急変時対応

老健や老人ホームは、高齢者が中心の施設のため急変や病状の悪化が避けられません。


どちらの施設も医療機関ではないので、積極的な治療を行うことができないので、緊急時は協力医院や提携病院に搬送をし緊急受診をします。


看護師は、緊急受診や救急車要請の必要性を判断し、必要と判断したら受診や救急車要請の準備をしたり、受診の付き添いが業務範囲であれば付き添いを行います。


多くの介護施設では緊急受診や救急車搬送の際に看護師が同行していますが、施設によっては看護師ではなく介護士が同行することもあります。


緊急時の対応については各施設にマニュアルがあるので、事前に確認をしておくことをおすすめします(´∀`*)


介護施設では、高齢者が多くほとんどの入居者が基礎疾患や既往歴を持っており、冬場に体調を悪くする方が多いのが特徴です。


冬場は寒い時期で血圧が上がりやすく、狭心症や脳梗塞の既往がある方は再梗塞を起こしやすい時期ですし、免疫力が低下していることから肺炎やインフルエンザなどの感染症が重症化してしまうケースも多く見られます。


冬場の介護施設は抗生剤や補液の目的での点滴をしている方が多く、看護師は点滴の準備や更新に追われることが多いです。


老人ホームでも冬場は点滴管理をする方が増えるので、夜勤バイトをする看護師は、サーフローの留置や点滴管理は必須条件となります。


介護施設は、各施設によって急変時マニュアルが徹底している施設と、全く徹底されておらず急変時に誰が対応するのかを職員が把握していないケースに分かれます。


医療ミスや看護師の責任回避のためにも、しっかりと急変時マニュアルが作られている施設を選びたいですね!


看護師求人サイトのメディカルコンシェルジュは、職場の内部事情を事前にしっかりと調べてくれるので、求人選びに失敗することがありません。




介護施設では看護師と介護士の連携がポイント

介護施設では、医療ニーズよりも介護ニーズが高い方が多いため、看護師と介護士との連携がとても重要です。


看護師は、介護ケアを通して異常の早期発見に努めたり、介護士からの相談や報告を受けて状態悪化の有無を早期に発見できるように努めます。


介護士は介護を通して普段と違う様子が見られたら看護師に報告や相談をすることになりますが、看護師から見て普段と違う様子が見られていたら、介護士には注意して観察するように依頼することになります。


でも、看護師と介護士の連携がしっかり取れていないと、お互いが報告や相談をすることが少なく、異常の早期発見ができなかったり、より良い看護や介護の提供ができなくなってしまいます。


以前に比べると、療養型病院が対象であるような医療ニーズの高い方が、老健や老人ホームに流れてきており、介護施設で医療ケアを行う割合が増えてきています


介護施設は看護師の人数よりも介護士の人数の方が圧倒的に多いので、看護師と介護士がしっかりと連携を取らなければ、病状の悪化を早期に発見することができず、安心・安全な療養生活が送れなくなってしまいます。


看護師は介護士とコミュニケーションを取るためにも、注意して欲しいポイントや観察して欲しいポイントをしっかりと伝え、常に声かけを心掛けるようにしましょう(´∀`*)


未経験可の夜勤バイト.jpg



病棟やクリニックの看護師夜勤バイト☆仕事内容について


pixta_5080685_S.jpg

一般病院の病棟やクリニックでの看護師夜勤バイトの仕事内容について紹介します。


一般病院や有床クリニックは医療機関であるため、積極的な医療行為を行うことが多く、夜勤バイトの看護師は経験者を優遇することが多いです。


一般病院や有床クリニックでの夜勤バイトは、経験者が優遇されるので、未経験で夜勤バイトを希望する場合は介護施設の方がおすすめです。


一般病院や有床クリニックは単発での夜勤バイトが禁止されており、継続して夜勤を行う必要があります


一般病院や有床クリニックは単発夜勤バイトの募集がないので、単発で夜勤バイトを希望する場合は介護施設がおすすめです(´∀`*)


看護師求人サイトのメディカルコンシェルジュは、看護師単発夜勤バイトの求人が豊富で、日給3万円~4万円の好条件求人がたくさん見つかりますよ(´∀`*)


クリニックの夜勤バイトはこちら.jpg



病棟やクリニックでは医療行為が多い

一般病院や有床クリニックは治療がメインの医療機関なので、医療行為が多い職場です。


難しい看護ケア、オペ前後の看護、急性期看護、ターミナル看護など、各病棟により看護師の業務内容や役割は異なりますが、医療機関は医療行為が多いのは避けられません。


ブランクが長く復帰に不安がある方は、一般病院の病棟や有床クリニックでは慣れるまでは大変かもしれませんね。


医療現場では日々、新しい治療や技術が導入され、次々と新しい薬剤や点滴・注射などが導入されており、現場の看護師は常に勉強をしていなければ仕事についていけません。


休日でも勉強会やセミナーに参加するのは、医療機関の看護師には必要なことですね。


夜勤バイトでも、一般病院の病棟や有床クリニックでは難しい看護ケアや看護技術が必要であることが多いです。


医療行為には、呼吸器の扱い・ドレーン管理・酸素管理・オペ後の管理など難しい業務が多く含まれます。


副業で夜勤バイトをする場合は、本業に支障が出ないためにも、医療行為が多く精神的な負担が大きな医療機関よりも、医療行為が少ない介護施設での夜勤バイトの方が本業への支障が少なくなります。


夜勤専従バイトを希望する場合は、一般病院の病棟や有床クリニックでの夜勤バイトは高額求人が多く、短期間で効率よく稼ぐことができるのでおすすめです(´∀`*)




病棟やクリニックは積極的な治療を行う場所

病棟やクリニックは積極的な治療を行う場所です。


介護施設では、入居の際に急変時の対応について希望をとりますが、ほとんどの方は急変時には積極的な治療は望まないという方が多く、医療機関では急変時にできる限りの治療を希望される方が多いのです。


急変時に、酸素投与・気管切開・呼吸器装着など、フルコースでの急変時対応をするケースが多く、一般病院の看護師は急変時にはスピーディに業務がこなせることが望まます。


一般病院や有床クリニックでは、重症度の高い患者が多いので、急変やステルベンは介護施設に比べて多いです。


一般病院や有床クリニックの夜勤は、急変時対応の機会が多いので、急変時マニュアルを事前にしっかりと確認して、スピーディに治療が行えるようにすると良いですね(´∀`*)




病棟やクリニックでは全くの未経験での夜勤は難しい

一般病院では受け持ち看護制としている病院が多く、患者の経過や治療方針を踏まえて看護を行う必要があるため、未経験での夜勤は難しいです。


また、一般病院や有床クリニックは医療行為が多く、経験がなければ判断が難しい場面が多いため、全くの未経験で夜勤バイトに入るのは難しいと言えます。


夜勤バイトの看護師は、職場によってはマンツーマンでサポート係や教育係をつけてくれることもありますが、新人ナースのようにプリサプター制ととっている職場はほぼありません。


また夜勤バイトに入る場合は、事前に慣らし日勤がある職場と、日勤は一切入ることがない場合があり、夜勤業務をしながら業務内容や業務の流れを覚えなければならないので、全くの未経験者では難しいと言えます。




医療機関での夜勤単発求人は違法!?

一般病院や有床クリニックのように積極的な治療を行う施設では、単発での求人募集は違法となっています。


医療機関では積極的な治療が行われ、看護師にも責任が求められますが、単発バイトの場合は責任の所在が定かではありません。


看護師が単発で働くのを許可している機関は、介護施設に限定されています。


また、看護師は労働基本法により月の夜勤回数や夜勤時間に制限があります。


例えば夜勤専従バイトの場合は、他の病棟看護師の負担を減らすという目的で導入された働き方であり、夜勤専従バイトを行うことで夜勤不可の看護師の役目を果たしているので、月の夜勤回数の制限は介助されます。


本来なら看護師の夜勤には72時間ルールが存在し、2交代制の職場なら夜勤が4回ほどしか入れないことになっていますが、夜勤専従バイトの場合は72時間ルールから除外されることになり、月に10回以上の夜勤バイトが可能になります。


夜勤バイトを希望する看護師の多くが給料アップ目的で働くので、夜勤回数を増やせば給料アップは確実になり、効率よく稼ぐことが出来ます。


高給な夜勤バイト.jpg



救急外来の看護師夜勤バイト☆仕事内容について


pixta_4995602_S.jpg

救急外来は大きく3つの種類に分かれます。


1次救急・2次救急・3次救急とあり、患者の状態によって受け入れ可能な施設が異なります。


1次から3次救急のうち、最も軽傷者が搬送されるのが1次救急で、自治体設置の救急医療センターや開業医が運営する夜間救急外来がこれにあたります。


1次救急は初期救急であり、緊急手術や緊急入院の必要がない方が対象であり、救急医療センターや夜間救急外来の看護師業務は難しい医療行為や看護ケアは必要がなく、救急が未経験の看護師であっても夜勤バイトが可能です。


2次救急は、入院施設があり24時間体制で急患の受け入れをしている施設で、緊急入院や緊急手術が可能な医療機関であり、2次救急外来での夜勤バイトでは高度な医療行為や看護ケアが必要なケースが多く、救急経験のある看護師が優遇されます。


3次救急は救命救急センターのことで、重症度が高く一刻も早く治療が必要と判断された患者が運ばれます。


ICUやCCUが併設され、緊急手術・緊急入院に対応しており、最新の医療機器の取り扱いや最新の治療法・オペ方法を熟知した看護師が優遇されます。


未経験でも可能な救急外来は、1次救急外来であり、夜勤バイトを希望するなら、救急医療センターや夜間救急外来などの求人がおすすめです。


看護師求人サイトのメディカルコンシェルジュなら、未経験可能な夜勤バイト求人がたくさん見つかりますよ(´∀`*)


救急外来の夜勤バイトはこちら.jpg



1次救急機関なら未経験でも夜勤が可能

救急外来には1次救急から3次救急まであり、それぞれ対象となる患者が異なります。


1次救急である救急医療センターや夜間救急外来は、高熱や家庭では処置が難しい怪我などの時に受診をします。


1次救急には入院施設はないため、外来診察のみで対応できる軽傷の患者が対象となり、1次救急の看護師の主な役割は診察の介助になります。


小児科・内科・外科を担当している救急医療センターが多く、それ以外の科(産婦人科・歯科・眼科・耳鼻科など)は輪番制をとっており、開業医が夜間対応をすることになっています。


救急医療センターの看護師は各科に複数おり、診察の介助を主に行う人、処置を主に行う人、患者の問診や呼び出しを主に行う人など、それぞれに役割があります。


救急医療センターは、日中の外来とそれほど変わりはなく、また最低限の医療機器しか設置されていないため、救急医療センターで対応できない方は2次救急のある医療機関に搬送されます。


そのため、1次救急では軽傷者の看護が基本であり、難しい治療や看護ケアは必要ありません。




2次救急・3次救急では未経験の夜勤は難しい

2次救急は、緊急手術や緊急入院に対応できる医療機関の救急外来であり、看護師は様々な科の疾患についての知識が必要であり、迅速な判断や対応が求められるため、全くの未経験で夜勤に入るのは危険です。


2次救急では、夜勤専従バイトの募集はありますが、夜勤単発バイトの募集は不可となっており、コンスタントに夜勤に入りたい人におすすめです。


3次救急は救急救命センターであり、最も難しい医療ケアや最新の医療機器を使った治療が行われています。


3次救急はハードワークであり、残業が多い職場が多いため、看護師の平均年齢が低いのが特徴であり、ほとんどが独身の20代ナースが中心となっています。


3次救急では即戦力が求められるため、経験者が優遇されます。


また、3次救急の夜勤求人では、夜勤専従バイトでの求人が中心で、夜勤単発バイトは不可となっており、バリバリと働いて効率よく稼ぎたい方におすすめです。


救急外来の夜勤バイトはこちら.jpg



看護師夜勤バイトの時給相場を教えて!

夜勤手当が加算されるのは22時~5時の間だけ・・・

pixta_7236002_S.jpg

看護師夜勤バイトの時給相場は、時給1,800円~2,500円です。


夜勤バイトには2交代制と3交代制の職場があり、ほとんどが2交代制の求人となっています。


3交代制をとっている職場は、公立や国立病院に多く、看護師夜勤バイトを募集している民間病院や大学病院では2交代制の職場が多いのです。


2交代制の職場は、17時頃~9時頃までの勤務で、1回の勤務が16時間労働となります。


ほとんどの夜勤バイト求人では、夜勤1回3万円~4万円の給料なので、16時間の労働時間で割ると、日給3万円なら時給は約1,800円日給4万円なら時給は2,500円となります。


夜勤バイトで時給1,800円ではちょっと安く感じますよね?


夜勤バイトの魅力は、効率よく稼げることであり、16時間労働の2交代制の夜勤なら1回の出勤で2日間の出勤をしたと同じ事になります!


1回の出勤で2日分働くので、効率よく稼げるんですよ(´∀`*)


16時間も働くのに時給1,800円では安い!と言う方も多いと思いますが、夜勤手当は22時~5時までしか加算されず、それ以外の時間帯は夜勤手当はつきません。


また、夜勤バイトでは1時間の休憩と2~3時間の仮眠を取ると言う職場が多いので、実労働時間は16時間よりかなり短くなるので、時給1,800円では安いと思っても、実は妥当な金額と言う事が分かります。


高給な夜勤バイト.jpg



3交代の夜勤バイトでは夜勤手当が少ない

公立病院や国立病院で多く見られる3交代制の勤務では、夜勤手当がとても少ないです。


3交代制のシフトは、準夜勤が16時30分~0時30分、深夜勤が0時30分~8時30分となり、夜勤手当の対象となる時間が少なくなります。


準夜勤なら夜勤加算の対象となる時間は、22時以降の2時間30分のみで、準夜勤手当は3,000~4,000円の職場が多いです。


深夜勤なら夜勤加算の対象となる時間は22時から5時なので、5時間が夜勤手当の対象となり、深夜勤の夜勤手当は5,000~6,000円の職場が多いです。


3交代制の職場では、月の夜勤回数の平均は8回前後(準夜勤+深夜勤)なので、準夜勤手当4,000円+深夜勤手当6,000=10,000円×8回で、ひと月の夜勤手当の総額は80,000円となります。




2交代の夜勤バイトでは効率よく稼げる

2交代制の夜勤バイトは勤務時間が準夜勤+深夜勤の16時間となり、1回の出勤で2日分の出勤をした事になります。


つまり、夜勤に1回出勤すると2日分の給料が発生する事になります。


2交代制の夜勤バイトは、16時30分~8時30分の16時間労働であり、22時から5時までの夜勤手当の加算対象の時間が全て含まれます。


2交代制の職場では、準夜勤手当の相場4,000円+深夜勤手当の相場6,000円=夜勤手当は10,000円となります。


この10000円の夜勤手当+時給が発生するので、2交代制の夜勤バイト求人では、日給3万円~4万円と高額となります。


効率よく稼ぐなら2交代制の夜勤バイトがおすすめです(´∀`*)




夜勤バイトなら常勤ナースよりも稼げる

看護師夜勤バイトなら求人選びによっては常勤ナースよりも稼ぐことが可能です。


常勤看護師は、基本給にプラスして夜勤手当があるため、月給相場は30万~35万円となります。


でも、看護師夜勤バイトは基本給がありませんから、日給のみで計算する事になります。


日給3万円の夜勤バイトを月に8回入れても月給は24万円しかないため、常勤看護師より効率よく稼ぐことができません。


でも、夜勤の回数制限が免除となる働き方をすれば、月に10回以上の夜勤が可能であり、日給3万円なら月給30万円日給4万円なら月給40万円となるので、常勤看護師よりも効率よく稼ぐことができますね!




看護師夜勤バイトだけで生活できるの!?


pixta_2939204_S.jpg

看護師夜勤バイトのみで生計を立てるためには、働き方や働く場所の選び方などにコツがいります。


看護師夜勤バイトのみで生計を立てるためには、月給30万円以上は欲しいですね。


月給30万円以上となると、社会保険の加入や国民年金の加入などが必要になるので税金関係の経費が必要になりますし、年収103万円以上となると源泉徴収として所得税が天引きとなるので、総額30万円でも手取りは25万円ほどになってしまいます。


独身と既婚でも必要な給料額は異なりますし、子供がいるのかどうかでも目標としたい給料額は異なります。


看護師夜勤バイトのみで生計を立てる方法やコツについて紹介します。


高給な夜勤バイト.jpg



日給3万円以上の夜勤求人を選ぼう!

看護師夜勤バイトのみで生計を立てるなら、日給30,000円以上の夜勤バイト求人を選びましょう!


看護師夜勤バイトは、一般病院の給料相場は30,000~40,000円、介護施設の給料相場は20,000~30,000円です。


日給30,000円以上の求人となると、一般病院や有床クリニック、一部の有料老人ホーム、一部の老健などです。


一般病院の中には大学病院、公立病院、国立病院、療養型病院、リハビリ病院など様々な病院がありますが、急性期であるほど給料は高くなります。


大学病院の急性期病棟なら、日給40,000円以上が見込めますし、慢性期である療養型病棟では日給30,000円前後の求人が多くなります。


介護施設は、各施設によって給料の幅が広く、日給30,000円~35,000円と高額求人もありますし、日給20,000円ほどの求人もあります。


看護師夜勤バイトの給料は、都心部ほど高く、地方は安くなります。


また、都心部は医療機関の数が多いので看護師夜勤バイトの求人数が多いのですが、地方となると看護師夜勤バイトの求人数が少なくなります。




給料+職場の人間関係を要チェック!

看護師夜勤バイトのみで生計を立てるためには、日給が高い職場を選ぶ必要がありますが、給料が高いだけではなく、職場の人間関係も事前にしっかりとチェックしましょう!


高給な夜勤バイト求人は、ハードな勤務であったり、人手不足で看護師1人1人の業務量が多かったり、難しい知識や看護スキルが必要だったりするケースが多いです。


高給と言う点だけで職場選びをしてしまうと、ほとんどの方は失敗します。


夜勤は少ない人数で勤務すると言うことを忘れると大変です(´;ω;`)


看護師夜勤バイトは、介護施設では看護師の配置人数は1人または2人、一般病院では看護師の配置人数は2人または3人、CCUやICUでは患者2人に対して看護師1人の配置となります。


いずれにしても、限られた人数で夜勤をすることになります。


また、スタッフが少ないので、お互いが協力をしなければならない場面も多いです。


体向・おむつ交換・せん妄のある患者の見守り・トイレ介助など、ADLの低い患者が多いほど1人の力では足りません


夜勤では、他のスタッフとのコンタクトが必須となりますし、限られた人数の中でチームワークが必要となるので、職場の人間関係が悪いと最悪なわけです・・・(´;ω;`)


職場の人間関係が悪く相談や依頼をしても無視されてしまったり、ナースコールに全く出てくれなかったり、受け持ち患者が重傷者ばかり任されたり・・・・。


しかも、2交代制の職場では16時間も一緒に過ごすので、ストレスは半端ないですよね・・・。


給料が高いと言う点だけでなく、職場の人間関係について事前にしっかりとチェックしなければ、夜勤を続けることができません。


看護師求人サイトなら、事前に職場の内部事情について調べてくれるので安心ですよ(´∀`*)


職場の人間関係の悪い職場は、看護師の離職率が高く、常に看護師を募集している職場が多いです。


求人選びに失敗しないためにも、事前にしっかりと職場の内部事情を調べましょう!




仮眠や休憩が取れる職場を選ぼう!

看護師夜勤バイトのみで生計を立てるためには、月に10回前後の夜勤をする必要があります。


日給30,000円の職場なら月10回の夜勤で月給は30万円、日給40,000円の職場なら月10回の夜勤で月給は40万円ですね。


2交代制の夜勤は、夜勤開始が16時30分で夜勤終了は8時30分で、労働時間は16時間となります。


1回の出勤で2日分の労働となるので、夜勤が月に10回あれば月の半分以上は夜勤と言うことになります。


夜勤バイトのみのシフトであれば生活リズムが乱れることはありませんが、労働時間が長いので、仮眠や休憩がしっかり取れる職場でなければ月10回の夜勤は難しいでしょう。


多くの病院では、仮眠時間は2時間~3時間、休憩時間は夕食休憩30分~60分と適宜の休憩が30分~60分と言うスケジュールです。


仮眠が2時間だけだと横になってウトウトしているうちに時間が来てしまって、あまり眠れません・・・。


仮眠3時間は欲しいところですが、イレギュラーな出来事が起きれば仮眠どころではありません。


仮眠時間がしっかり確保できるように、夜勤業務負担を軽減したり、看護師の配置人数を増やしたりなど、各施設によって工夫をしています。


仮眠や休憩がしっかり取れる体制をとっている職場はまだ少数だと言えますが、看護師の体調面の配慮をしっかりとしている職場も実際にあります。


看護師夜勤バイトのみで生計を立てるなら、仮眠や休憩がしっかりと確保できる体制が整った職場を選びましょう(´∀`*)




夜勤の72時間ルールって何?

看護師の夜勤業務には72時間ルールと言うものがあります。


1人の看護師に月に72時間以上の夜勤をさせてはならないというルールです。


72時間ルールは、看護師の健康管理のために作られたルールですが、一部の条件では72時間ルールが免除となります。


72時間ルールは、看護師1人1人の労働負担を軽減させる目的で作られたルールですが、ICUやCCUなど昼夜を問わず治療が必要であったり看護師の配置人数を手厚くしなければならない職場では、72時間ルールが免除されます。


ICUやCCUの看護師は72時間ルールが免除されるので、夜勤の回数制限がなくなります。


72時間というと、2交代制で16時間労働の職場では夜勤回数は4.5回可能となり、3交代制の8時間労働の職場では準夜深夜合わせて9回の夜勤が可能となります。


多くの病院や施設では夜勤看護師の確保が難しいため、夜勤専従常勤夜勤専従バイトなどを募集しており、夜勤に入れない看護師の代わりに夜勤業務を行います。


看護師夜勤バイトのみで生計を立てたい場合は、72時間ルールが免除される職場か、夜勤専従の求人を選びましょう!




夜勤専従バイトには夜勤の回数制限がない

看護師夜勤専従には「夜勤専従常勤」と「夜勤専従バイト」の2通りの働き方があります。


夜勤専従常勤は、日勤業務が免除されている常勤看護師であり、2交代制の職場では月に10回前後の夜勤に入っています。


常勤看護師なので、給料は基本給+夜勤手当となるため、月給は30万円~40万円以上と高額です。


また、夜勤専従常勤なら月給に加えてボーナスの対象となるため、年収600万円以上が可能です。


夜勤専従バイトは、常勤看護師ではないので給料は日給制であり、出勤日数のみの給料となります。


基本給がないため、夜勤回数が多いほど高額となります。


夜勤専従バイトはボーナスの対象ではないケースが大半です。


夜勤専従常勤・夜勤専従バイトのどちらでも、72時間ルールは免除となり、夜勤回数制限がありません


高給与という点だけで見ると夜勤専従常勤の方がメリットが大きいですが、シフトの自由度や働きやすさで見ると夜勤専従バイトの方がメリットが大きくなります。


夜勤専従バイトは、出勤日数や出勤曜日を自分で選ぶことができますが、夜勤専従常勤は夜勤看護師が確保できなかった日に入るので、シフトの自由度が低かったり、夜勤が連続してしまうことも多いです。


2交代制で夜勤が連続してしまうと、夜勤明けの翌日が夜勤入りとなってしまったり、夜勤ばかりが続いた後に4~5連休が続いてしまったりと、不規則なシフトになることが多いです。


連休は嬉しいのですが、夜勤のリズムが出来ているところに4~5連休が入ってしまうと、ペースが乱れてしまい、次に夜勤に入るまでの生活リズムが乱れてしまいます。


また、連休を空けて職場に行くと、入退院が激しい職場では患者がほぼ入れ替わっており、1から情報収集が必要となることが多いです。




まとめ

看護師夜勤バイトのみで生計を立てるなら、日給30,000円以上の夜勤バイト求人を選びましょう!


夜勤バイト求人を選ぶ時は、給料だけで選んでしまうと職場選びを失敗するケースが多いので、職場の人間関係を事前にチェックすることをおすすめします。


看護師求人サイトなら、職場の人間関係を事前にしっかりと調べてくれますよ!


また、より高額の求人を狙うなら「夜勤専従常勤」がおすすめですが、シフトの自由度が高く働きやすさを狙うなら「夜勤専従バイト」がおすすめです。


高給な夜勤バイト.jpg



看護師夜勤バイトの口コミ・体験談

老人保健施設の看護師夜勤単発バイト

pixta_5080685_S.jpg

私は副業OKの老健で月に2回の夜勤バイトをしています。


今の職場の前にも夜勤単発バイトで数箇所の介護施設を経験しましたが、介護系の職場は各施設によって当たり外れが激しいと思います。


施設によって看護師の扱いというか、看護師と介護士の力関係や人間関係が様々なんです・・・。


介護士が権力を握っているような職場では看護師の話なんて聞いてくれません。


看護師は看護業務に加えて介護業務も手伝って当たり前だと思っています。


もちろん、手が空いていれば介護業務も手伝いますが、老健は他の介護施設に比べて医療行為が多いので、特に冬場は多くの方が点滴をしているので、輸液の管理や更新で忙しく、介護業務を手伝う暇はありません。


そんな看護師の状況も知らずに、介護業務を手伝えないことにクレームを入れてきたり、あからさまな嫌がらせをしてくることもあります。


看護師と介護士の力関係や、看護師と介護士の人間関係が悪い職場はほとんどが、スタッフの人数が足りないハードな職場です。


忙しさからお互いイライラしたり、休憩や仮眠も取れないことで疲れやストレスが溜まってしまい、誰かの悪口を言ったり、嫌がらせをすることでストレスを発散させているんだと思います!


現在勤めている老健は、夜勤は看護師2人+介護士2人なので、十分な配置人数であり休憩や仮眠もしっかりと取ることが出来ます。


介護系の職場を選ぶなら、事前に職場の内部事情をしっかりと調べないと職場選びに失敗する可能性が高いと思いますよ(´;ω;`)


おすすめの夜勤バイトを見る.jpg



ダブルワーク可の老健で月2回の夜勤バイト

私は健診センターの派遣と老健の夜勤バイトを掛け持ちしています。


健診センターの派遣は週3~4日勤務なので、週末に老健の夜勤バイトを入れています。


副業を始めたのは給料アップのためですが、1つの職場で常勤でバリバリと働くつもりはありません・・・。


一度派遣を始めると派遣のメリットが大きくて、ストレス貯めてまで常勤になる必要もないかな?と思ってしまいます。


私は看護師派遣会社に登録をして派遣紹介をしてもらっているので、看護師夜勤バイトの給料も合わせて、年末には看護師派遣会社が代行して年末調整をしてくれます。


年末調整をしていれば確定申告をする必要がないし、面倒な税金関係の手続きを全て看護師派遣会社が代行してくれるから楽ですよ。




日給32,000円で満足!

今の職場は夜勤1回で32,000円の給料です!


以前勤めていた老健は夜勤1回27,000円だったので、日給5,000円アップは嬉しいです。


日給32,000円は、看護師夜勤バイトで特別高給というわけではありませんが、今の職場の環境を考えると、「こんなに楽で日給32,000円は有難い!」と思っています。


老健は、看護師の夜勤配置人数の定めが特にないため、各施設によって様々で、多くの施設では夜勤の看護師は1人体制となっています。


今の職場は夜勤は看護師2人体制なので、受け持ちも半分で済むし、急変やステルベンがあっても1人は手が空くのでナースコール対応も可能です。


以前勤めていた老健は看護師1人夜勤だったので、急変やステルベンがあった時は手が足りなくて、仮眠や休憩なんてとても取れない状況でした・・・。


夜間の看護師配置人数は求人選びで重要なポイントですね。


給料が高いという理由だけで職場選びをしてしまうと失敗することもあるので要注意ですよ(´;ω;`)




看護師と介護士の人間関係が重要

老健のような介護施設の夜勤バイトでは、看護師と介護士の人間関係が重要です!


私が以前勤めていた職場は、介護士が権力を握っていて、医療的な判断も看護師に確認することもなく勝手に処置したり、要注意の患者さんの情報を伝えても知らんぷりしたり、ナースコールが鳴っていても無視したり・・・本当に働きにくい職場でした。


以前の職場はスタッフがギリギリの職場で、介護士は複数のフロアを最少人数で担当していたので、疲れやストレスが相当溜まっていたんだと思います。


看護師も、夜勤は1人体制で2つのフロアを看護師1人で対応するので、受け持ち患者の人数が100人なんてことに・・・。


この状況では、何かトラブルがあったらとても対応できません!


今の職場は、1つのフロアに看護師2人+介護士2人がいるので、十分に目が行き届きます。


介護士の管理者が人間的にとても素敵な方で、医療的な面では看護師を信頼してくれているので、看護師からの話もしっかりと聞いて対処してくれます。


介護施設では、看護師の仕事と介護士の仕事が明確に分かれていない職場が多いため、看護師が看護業務に追われていても、介護士には看護師の負担が理解できないことが多いのです。


その結果「あの看護師は介護ケアを全然手伝わない!ムカつく!」となってしまうわけです・・・。


今の職場は、看護師と介護士のコミュニケーションがしっかり取れているのでとても働きやすいですよ!


職場の人間関係は、1人1人のスタッフに掛かる責任の重さ、業務の大変だに影響を受けます!


スタッフの配置人数にゆとりがある職場は、穏やかで人間関係が良好な職場が多いですよ!


看護師求人サイトなら、スタッフの配置人数や職場の人間関係を事前に調べることができるので、求人選びの失敗を防ぐことができますよ(´∀`*)




老健は意外と医療行為が多い・・・

老健は介護施設の中ではいちばん、医療行為が多い職場です!


介護施設は医療行為が少ないイメージがありますが、老健は看護ケアや医療行為が多いので、他の介護施設に比べて看護師の配置人数が多く設定されています。


老健は、医療機関と在宅との中間地点にあり、積極的な治療は不要だが在宅復帰は難しいという方が対象です。


そのため、医療ニーズ・介護ニーズともに大きい方が多く、医療行為が多くなりがちです。


ただ、老健は医療機関のように最新の医療機器や設備が整備されていないので、積極的な治療が必要になった段階で一般病院に転院となるケースが大半です。


最近では、老健で見取りやターミナル看護を希望される方が増えてきていますし、実際に老健で見取りを経験することもあります。


老健は想像よりも医療行為が多いので、ブランクが長い方や、全くの未経験の方は慣れるまでは少し大変かもしれませんね・・・。


老健では指導や教育体制が充実している施設が多いので、多くの職場では事前に研修を行うので、ブランクが長い方や未経験の方も安心してチャレンジできると思いますよ(´∀`*)




副業なら求人先を厳選しないと失敗する(´;ω;`)

副業で看護師夜勤バイトをするなら、職場選びは厳選しなければ失敗するケースが多いです!


副業の場合は本業に支障がないように、副業先はハードな職場は避けないと体力的にきついです・・・。


特に夜勤バイトの場合は16時間勤務と長いので、仮眠や休憩がしっかり取れる職場でなければ副業は難しいです。


私は以前に副業で老健を選んだ時は、あまりにハードでスタッフの入れ替わりが激しい職場を選んでしまい、1ヶ月も持ちませんでした。


今の職場は、看護師求人サイトを利用して事前に職場の様子をしっかりと確認してから選びました。


以前の失敗から、夜勤の看護師配置人数はとても重要で、職場の人間関係やハードワークの原因となっていることが多いので、事前に夜勤の看護師配置人数をチェックすることをおすすめします。


老健で夜勤看護師2人体制はとても充実していると思いますが、1フロアに看護師2人体制の老健は少ないと思うので、せめて1フロアに看護師1人体制の職場を選びましょう!


2フロアで看護師1人体制の職場だと、仮眠や休憩はほぼできないので、事前に要チェックですよ!


副業を成功させるポイントは、副業先の職場はなるべく楽な職場を選んだほうが良いです!


楽な職場は看護師1人1人の業務量が少ない職場とも言えます。


1人1人の業務量が少ない職場はほとんどが、夜間の看護師配置人数に余裕を持たせています。


副業を成功させるポイントは、夜間の看護師配置人数に余裕がある職場を探すことです!


看護師求人サイトなら、事前に職場の内部事情を詳しく調べてくれるので求人選びの失敗を防ぐことができますよ(´∀`*)




有料老人ホームで看護師夜勤単発バイト


pixta_13840419_S.jpg

私は有料老人ホームで夜勤単発バイトをしています。


私は副業なので、シフト完全自由の夜勤単発バイトを選びました。


普段は民間病院で常勤をしていますが、連休の時などに月2回の夜勤バイトをしています。


副業は給料アップが目的ですが、給料アップのために転職などは考えていません。


夜勤単発バイトの魅力は、1日限定の仕事なので気が楽ということと、大変ならいつでも辞めることができるという点です。

副業OKの夜勤バイト.jpg



ダブルワーク可の老人ホームで月1~2回夜勤

私は普段は常勤で働いているので、副業OKの夜勤バイトは安心感がありました。


本業の病院は民間病院は副業禁止規定は特にありませんが、何となく副業がバレるのって嫌だなと思います。


看護師求人サイトに登録して夜勤バイトを紹介して頂く時にマインナンバーの提示をしましたが、副業がバレるようなことはありません!


私は月に2回の夜勤なので月収は80,000円で、年収は96万円ほどなので所得税の徴収はありません。


そのため支給額と手取り額は同じです。


看護師求人サイトに登録しておけば、夜勤バイトの給料はまとめて年末調整を代行してくれます。


私は夜勤単発バイトなので、様々な職場に行き、その度に源泉徴収票が送られてくるので、年末に源泉徴収票をまとめて看護師求人サイトに提出すると、年末調整を代行してくれるので、面倒な手続きを自分でする必要がなく楽です(´∀`*)


もともと副業OKの求人というのも気が楽なポイントですよ!




日給40,000円で満足!

今の有料老人ホームは夜勤1回40,000円の給料です。


有料老人ホームの給料相場は2万円~3万円ほどなので、日給40,000円はとても高額だと思います!


介護系の施設は給料が安いというイメージを持っていましたが、最近は日給40,000円以上の求人も出てきましたし、介護系の職場であっても一般病院の日給と比べてそれほど大差がなくなってきました。


特に大手の企業が運営する有料老人ホームは日給が高く、40,000円以上の求人がたくさんありますよ!




看護師の業務範囲が明確な職場がおすすめ

有料老人ホームは、夜勤の看護師常駐の規定がないためオンコール体制としている施設が多いです。


有料老人ホームで24時間看護師が常駐している施設では、夜間帯の看護師業と介護士業務が明確になっている職場を選ぶのがポイントです。


それは、看護師の業務内容や業務範囲が明確でなければ、介護士との連携に支障が出るからです。


例えば急変があった時に、看護師はまず誰に連絡を入れるのか?介護士はどのような役割を担うのかが明確でなければミスにつながります。


救急搬送や緊急受診には誰が同行するのかなど、看護師と介護士の業務マニュアルがしっかりと作られた職場でなければ医療ミスに繋がる可能性があります。


看護師も介護士もお互いがそれぞれの役割を果たして、自分の業務範囲のことを責任持って行っていれば、看護師と介護士の連携が取れますし、スピーディに対処することができますよ。


有料老人ホームでは夜間は看護師1人体制の職場が大半なので、夜勤バイトに入る前には業務マニュアルに一通り目を通しておきたいですね(´∀`*)




老人ホームは急変時対応が意外と多い

老人ホームは重症度の高い入居者は少ないのですが、高齢者のための施設ということもあり、急変時対応が意外と多いです。


老人ホームは医療機関ではないので、医療機器は最小限しかありませんし、治療も最小限のことしかできません。


老人ホームでは積極的な治療が必要な方は一般病院に転院して頂くので、重症度の高い方はほぼいません。


でも、高齢者は基礎疾患や既往歴を持っているので急変の危険性は常にあります。


老人ホームでは2時間置きにラウンドに行きますが、ラウンドに行ってみたら亡くなっていた・・・というケースも時折あります。


老人ホームは急変時は提携医院や協力医院の医師に連絡をして、救急車の要請や緊急受診の必要性を看護師が判断します。


老人ホームの看護師夜勤バイトでは、緊急時の対応が看護師の重要な役割であり、スムーズに対応ができるように急変時マニュアルは事前に確認しておくことをおすすめします。




副業なら事前に職場の詳細を調べよう

老人ホームで副業の夜勤バイトをする時の注意点は、事前にしっかりと施設について調べておくということです。


老人ホームは、病院が運営するもの、企業が運営するもの、公的機関が運営するものなど種類がありますが、急変時のスピーディな対応となると病院が運営する老人ホームがいちばんスピーディに対応をしてもらえるので安心です。


企業が運営する老人ホームは次々と新規オープンしており、スタッフや施設も新しいと言う施設が増えています。


企業運営ということもあり、看護師の日給が高いのが魅力です。


公的機関が運営する老人ホームは特別養護老人ホームで、要介護1以上の判定がなければ入居することができないため、ADLが低く医療的ニーズも高い方が多く、有料老人ホームに比べると看護師業務が忙しい施設が多いです。


副業で夜勤バイトをするなら、事前に職場の人間関係や業務内容についてしっかり調べましょう!


副業をすれば給料アップは確実ですが、本業に支障をきたさないようにしなければ意味がありません!


看護師求人サイトなら、事前に職場の内部事情について詳しく調べてくれるので、求人選びの失敗を防いでくれますよ(´∀`*)


副業OKの夜勤バイト.jpg



療養病棟で看護師夜勤専従バイト


pixta_7236002_S.jpg

私はケアミックス病院の療養病棟で夜勤専従バイトをしています。


月に10回前後で夜勤に入っています。


以前はデイサービスの派遣と掛け持ちをしていましたが、今は夜勤バイトの回数を増やしたので派遣は辞めています。


ケアミックス病院は、慢性期・回復期・ターミナルなど様々なステージの患者さんがいる病院で、急性期のような慌ただしさや緊張感はそれほどありません。


ケアミックス病院は急性期病棟とは違い、入院日数が長い方が多いので、1人1人の患者さんとゆっくりと向き合えるのが魅力です!


ADLが低い方が多いので、夜勤帯は体向やおむつ交換、食事介助、トイレ介助など体を使う業務が多いですね。


高齢者が多いので急変やステルベンもありますが、フルコースで蘇生を希望する方は少なく自然な形でお見送りとなる方が多いです。


私は以前は急性期病棟で働いていて、常に急変や蘇生に怯えて精神的にきつかったので、療養病棟の穏やかな雰囲気は好きですね。


夜勤は看護師2人+看護助手1人または、看護師3人体制なので、それほどハードではありませんよ(´∀`*)


療養病棟の夜勤バイト.jpg



夜勤専従バイトで月10回の夜勤

療養病棟で月10回ほどの夜勤専従バイトをしています。


夜勤専従バイトは非常勤なので基本給やボーナスはないので、月10回の夜勤に入るなら夜勤専従常勤の方が給料は高くなります。


でも、夜勤専従常勤での募集は少なく、夜勤専従バイトやパートでの募集がほとんどです。


まずは夜勤専従バイトとしてスタートして、仕事に慣れて年休が発生する6ヶ月後くらいに夜勤専従常勤に変更するのが、いちばんスムーズかなと思います。


私も年休が発生したら夜勤専従常勤に変更したいと思っています。


夜勤専従常勤の場合は、バイトやパートよりもシフトの自由度が低くなります。


それは、他の病棟スタッフで夜勤のシフトが組めなかった日に夜勤専従の看護師を補充するので、夜勤専従常勤は休み希望を出すことは難しく、土日の夜勤入りの希望も難しいことが多いです。


土日なら家族に子供を預けて夜勤に入れるというママさんナースもいるので、土日に夜勤のシフトが組めないことは割と少ないと思います。


土日は入院や手術もないので、急性期病棟でも落ちつていることが多いので、夜勤入りなら土日が良いっていう方も多いですからね。




日給35,000円で満足!

療養病棟の夜勤バイトは病院によって日給の差が激しいです!


私は看護師求人サイトに登録して現在の職場を紹介してもらいましたが、他の療養病棟の夜勤バイトは日給30,000円以下の求人も多かったです。


現在の職場は日給35,000円なので、療養病棟の中では恵まれていると思います!


大学病院や総合病院では日給40,000円以上の求人もありましたが、経験者優遇ということと、残業が夜勤でも2時間ほどあると聞いて辞めました・・・。


給料が高ければその分ハードワークである可能性が高いので、給料が高いという理由だけで職場選びをするのは危険かな?と思います(´∀`*)




療養病棟は意外と医療行為が多い

療養病棟は積極的な治療をする病院ではないので重症度の高い方は少ないのですが、高齢者が多いので急変や状態悪化などは多く、医療行為は多い職場だと思います。


オペや難しい医療ケアが中心というわけではなく、輸液管理や日常生活援助などが中心の病棟です。


療養病棟はADLが低い方が多いので、夜勤帯は体向やおむつ交換が必要な方が多いです。


病床数は40床ですが、4人部屋の3つの部屋は完全に寝たきりの方の部屋となっており、ナースステーションの前に配置しています。


ナースステーションに近い部屋は、夜間不穏になる可能性が高く危険な方や、吸引が頻繁に必要な方、呼吸器や酸素管理が必要な方、モニター管理をしている方などが中心です。


寝たきりの方は頻回な吸引が必要な方が多いので、ナースステーション近くの部屋に入ってもらうことが多いです。


夜間は看護師3人で、1人はリーダー+フリー業務、後の2人で部屋持ちを担当します。


1人の受け持ち患者は20人ほどですが、状態が悪い方が複数いると、看護師3人配置でもキツイと感じる時もあります。


冬は状態悪化が続くことが多く、重症患者が複数いる状況が多いので、土日の看護師2人+看護助手1人の配置の時は、かなりハードです。


やはり、看護助手では看護ケアや医療行為は行えないので、せっかくナースコール対応をしてくれても、結局は看護師の対応が必要な要件がほとんどなので、看護師3人体制の方がありがたいなと感じます!


医療行為が多い職場では、夜間の看護師配置人数をしっかりチェック
したほうが職場選びの失敗を防ぐことができると思います(´∀`*)


おすすめの夜勤バイトを見る.jpg



救急外来で看護師夜勤バイト


pixta_2939204_S.jpg

私は救急医療センターで不定期の夜勤バイトをしています。


医療センターは病院やクリニックが閉まる18時過ぎから翌日の8時30分頃まで開所しています。


夜勤看護師の勤務時間は複数のパターンから選択できるようになっていて、私はパターンの中から選択ではなく、22時~8時30分という時間を自分で選択しました。


救急医療センターの夜勤看護師はバイトやパートの方が多いので、出勤時間は比較的に自由度が高いと思います。


複数の勤務パターンは、①18時~0時 ②0時~8時30分 ③18時~8時30分の3つのパターンで、自分の都合に合わせて勤務パターンを選択できます。


シフトの自由度が高いので、都合に合わせて働きやすいですし、バイトやパートが多い救急医療センターでは、出勤時間がそれぞれ異なるので、自分の勤務時間が終了したら帰るという感じで残業も出にくいのが魅力です(´∀`*)


救急医療センターは、1次救急で運ばれても診察後に入院やオペなどが必要になったら2次や3次の救急センターに移送するので、重要度の高い方は対象ではありません。


そのため、患者が集中する時期や時間もありますが、継続した看護は不要ですし、重症度の高い方はいないので難しい看護や医療行為も不要です。


未経験やブランクが長い方でも安心して働くことができる職場だと思います(´∀`*)


救急外来の夜勤バイトはこちら.jpg



救急医療センターで不定期バイト

救急医療センターは不定期の夜勤バイトも可能です。


バイトやパートの看護師が多いので、週2~3回の出勤の方も多く、常に複数の看護師がシフトに入るようにしているので、不定期の出勤でも可能です。


私は週に2~3回の夜勤バイトをしていて、出勤曜日はその週によって異なります。


救急医療センターでは一般病棟と同じように、前の月の後半に翌月分のシフトを作成するので、出勤の希望日を伝えればOKです。


救急医療センターは入院施設はないので、継続的な看護が費用のため、不定期の勤務でも特に困ることはありません。


今の職場は、週2回以上の出勤ができることが条件だったので、副業の看護師はいません。


週2回の夜勤となると副業だとちょっとキツイですよね。


副業なら月に2~3回の夜勤バイトくらいが体力的にも精神的にもちょうど良いと思います!


救急医療センターでは、副業OKの求人は少ないので、副業の方は事前にチェックすることをおすすめします。


副業をするなら、医療機関よりもシフトの自由度が高く副業OKの求人が多い介護施設の夜勤バイトがおすすめですよ(´∀`*)




時給2,200円はちょっと安い!?

e-center" style="text-align: center; display: block; margin: 0 auto 20px;" />

救急医療センターの時給は2,200円です。


夜勤手当は22時~5時の間しか加算されません。


2交代で日給40,000円の夜勤バイトなら、労働時間は16時間なので、時給換算すると2500円となります。


2交代の場合は拘束時間も長いので高給でも納得ですね。


2交代で日給30,000円の夜勤バイトなら、労働時間は16時間なので、時給換算すると1,875円でかなり安く感じますね・・・。


救急医療センターは時給2,000円前後の夜勤求人が多いので、給料面では恵まれているのかなと思います!


私は22時~8時30分の勤務で、10時間30分の労働で、途中で1時間の休憩があるので、実質9時間ほどの労働です。


時給2,200円×10.5時間=日給23,100円なので、月8回勤務で月給は184,800円です。


週2日の勤務のみで月給18万円強なら十分だと思います!


私は22時から出勤なので日中の時間は自由ですし、2交代ほど拘束時間は長くないですし、入院患者がいないのでトイレ介助や食事介助の必要もないので、業務はそれほど忙しいこともありません。




救急医療センターは医療行為は少ない!

救急医療センターは1次救急なので、夜間の急な高熱や家庭では処置が難しい怪我などをされた方が受診する施設で、入院やオペの施設はなく、重症度の高い方は対象ではありません


1次救急は自治体の救急医療センターや、個人病院の救急外来などがあり、私は自治体の救急医療センターで夜勤バイトをしています。


急病や交通事故などで救急車で搬送されることもありますが、医師の診察の後に入院や手術が必要だと判断されたら近隣の2次・3次救急センターに移送されます。


重症患者が来ても、救急医療センターには医療機器は最低限のものしかないので対応ができません。


冬はインフルエンザや嘔吐下痢などで受診される方が多く、インフルエンザ検査やラビアクタの注射などを行います。


嘔吐下痢で水分が取れていない状態の方や小さな子供の場合は点滴をすることが多いですが、小さな子供の点滴や採血はとても難しいので、どうしても点滴確保ができない時は医師に依頼することもありますが、基本は看護師が点滴も注射も行います。


吸入、レントゲン、怪我の消毒や処置など基本的な看護技術のみで対応できますよ。


救急医療センターと聞くと難しい医療行為が多いというイメージを持っている方が多いのですが、1次救命では実際にはそれほど緊急度の高い症状の方はいませんので、難しい医療処置も必要がありません


1次救急では入院施設がないので、継続が必要な治療は行わずに2次・3次救急センターに移送となるので、看護ケアや医療行為は基本的なものができれば問題はありません。


1次救急外来なら、全くの未経験やブランクナースでもチャレンジしてみるのも良いと思いますよ!


救急外来の夜勤バイトはこちら.jpg


看護師夜勤バイトのメリット・デメリット

看護師夜勤バイトのメリットについて

pixta_5080685_S.jpg

メリット1・効率よく稼げる!高給!

看護師夜勤バイトは、一般病院の日給相場が3~4万円、介護施設の日給相場が2~3万円と高給なので、短期間で効率よく稼ぐことができます。


2交代制の夜勤なら、1回の夜勤の労働時間が16時間と長いのですが、1回の出勤で2日分の出勤となるため、実際に職場に行く回数は少なくなり時間を効率よく使うことができます。


夜勤専従バイトのように月に8~10回以上の夜勤をすれば月給は40~50万円以上可能です。




メリット2・日中の時間を有効に使える

2交代制の職場なら出勤時間は16時頃、夜勤明けの時間は9時頃のため、日中の時間は有効に使うことができます


2交代制の夜勤バイトなら夜勤明けの翌日は休みであることが多いので、2連休のような感覚で体を休めることができます。


常勤で働いていると日中の時間はなかなか取れませんが、夜勤バイトなら日中の時間が空くので、病院や銀行などに行きやすいですし、子供の学校行事や懇談会などに欠勤する必要もありません。


ママさんナースなら、日中の子供が園や学校に行っている間に仮眠や休憩を取って、夕方以降の子供が帰ってきてからは子供とゆっくりと過ごすこともできるので家族との時間を増やすことができますよ(´∀`*)




メリット3・夜勤明けで連休が取りやすい!

看護師夜勤バイトは2交代制の職場が多いので、夜勤明けは休みであることが多く、2連休のようにゆっくりと過ごす事が可能です。


また、夜勤明けに2連休を入れれば、夜勤明けを含めて3連休のように過ごす事ができるので、プライベートな時間をたっぷりと取ることができますよ(´∀`*)


看護師夜勤バイトはシフト完全自由の職場が多いので、休み希望も取りやすく、ストレスなく働くことができますよ!


おすすめの夜勤バイトを見る.jpg



看護師夜勤バイトのデメリットについて


pixta_11804890_S.jpg

デメリット1・生活リズムが乱れる

3交代制の職場の場合は準夜勤と深夜勤があるため、生活リズムが乱れやすく、夜勤が連続すると体調不良になることもあります。


でも、2交代の職場の場合は夜勤入りと夜勤明けの時間がいつも一定なので、生活リズムが乱れることもありません。


日勤と夜勤を繰り返していると生活リズムが乱れ、不眠やうつ傾向になることもありますが、2交代の夜勤のみをしていれば生活リズムは整います。


夜勤をしているから生活リズムが乱れるのではなく、勤務時間がバラバラだから生活リムズムが乱れるので、求人選びをする時は2交代制の夜勤を選んだほうが健康管理はしやすくなります。




デメリット2・育児と仕事の両立が難しい

夜勤バイトは2交代制の場合は16時間労働で勤務時間が長いため、育児と仕事の両立が難しい事が多いです。


家を空ける時間が長いから育児と仕事の両立ができないという事ではなく、労働時間が長く体力的な疲れや精神的な負担が大きくなる事で、育児と仕事の両立が難しい事が多いのです。


でも、夜勤でも看護業務が落ちつていて仮眠や休憩がしっかり取れる職場もあります!


ママさんナースの場合は、夜勤バイトと育児の両立が難しいこともあります。


夜勤明けで仮眠を取りたいけど、子供達がいたら休む事ができませんし、夜勤入りの前に仮眠がしたくても子供たちがいたらなかなか眠れませんよね?


看護師夜勤バイトでは、子供が寝ている時間に働いて、子供が起きている日中は休みとなるので、子供と接する時間は増えます


でも、夜勤が連続した時や忙しい夜勤の後は、仮眠を取らないと体力が持ちません。


疲れが溜まっている時や、寝不足の時などは、夜勤入りの前や、夜勤明けの日中にも保育可能な場所を見つけておくと体を休める事ができますよ。


院内保育園では、夜勤入りの前や夜勤明けの日中でも保育可能なケースが多いので、事前にチェックしてみる事をおすすめします。




デメリット3・急な欠勤やシフトの調整が難しい

看護師夜勤バイトでは、子供の体調不良などで急な欠勤が必要になっても、スタッフの変わりがいなくてシフト調整ができないというケースが多いです。


夜勤スタッフが急な欠勤をした場合は、病棟管理者が病棟の消灯時間までスタッフとして勤務に入ってくれたり、休みのスタッフが急遽夜勤を代行したり、シフトの調整が必要になります。


夜勤バイトの募集をしている職場は大半がスタッフ不足に悩まされているので、急な欠勤を補えるスタッフがいません。


病児保育を行っている院内保育園もあるため、事前に育児支援体制についてチェックする事をおすすめします。


おすすめの夜勤バイトを見る.jpg



看護師夜勤バイトのデメリットをメリットに変えよう!


pixta_12644834_S.jpg

夜勤のみの勤務なら生活リズムは乱れない

日勤と夜勤を交互に行う常勤看護師なら、生活リズムが乱れてしまいますが、夜勤のみの勤務なら生活リズムが乱れる事はありません。


夜勤が続くと生活リズムが乱れ昼夜逆転してしまうと思う方もいますが、夜勤が続く時ほど生活リズムが一定になるように工夫が必要です。


夜勤明けは眠くて仮眠をとりたくなりますが、長時間寝てしまうと夜中に眠れなくて昼夜逆転してしまいます。


でも、昼間の仮眠を1時間程度にしておくと、眠気が取れますし、夜間もしっかり眠る事ができます。


生活リズムが乱れるのは、日光を浴びていない事が原因となります。


日中に寝て日光を浴びない生活を続けると生活リズムが乱れてしまうので、日中の仮眠は短めにして日光を浴びる生活を送り、夜間はしっかりと休むようにしましょう!


仮眠や休憩がしっかり取れる職場を選ぶ事で夜勤明けの眠気を抑える事ができるので、生活リズムが乱れる事は少なくなりますよ。




学童OKの院内保育園がある

小学生の子供がいるママさんナースの場合は、小学生を家に残して夜勤にいく事ができないため、夜勤ができないと思う方が多いですよね。


でも、学童OKの院内保育園があるので、小学生のいるママさんナースでも安心して働くことができますよ。


院内保育園は、夜間帯は利用者が少ないので、利用者1人に対して保育士1人が対応するので、しっかりと対応する事ができます。


シングルマザー看護師で、夜勤で効率よく稼ぎたいけど子供の預け先がない・・・という場合は、学童OKの院内保育園を利用する事で安心して夜勤バイトをする事ができますよ!


母子寮があるような職場では、学童保育OKの院内保育園があったり、育児支援体制に力を入れているケースが多いので、ママさんナースやシングルマザー看護師が働きやすい職場選びをしましょう!




夜勤専従バイトが多い病院なら急な欠勤にも対応できる

夜勤では急な欠勤や早退に対応するのが難しいのですが、夜勤専従バイトの看護師が多い職場なら、急なシフト変更にも対応する事ができます。


夜勤専従バイトのシフトは、他の看護師では夜勤スタッフを確保するのが難しい時に出勤が増えるので、平日の夜勤入りが多く、土日の夜勤入りはほぼありません


そのため、週末は連休になることが多くシフトに偏りがあるのです。


誰かが急に欠勤や早退が必要になっても、他の夜勤専従バイトが連休中で夜勤の代行が可能であれば、急な欠勤や早退をカバーすることができます。


夜勤専従バイトは独身ナースが多いので、急なシフト変更でも快く受けてくれることが多いですし、夜勤回数が増えることで給料アップが確実なので、逆に喜ばれることもありますよ(´∀`*)

おすすめの夜勤バイトを見る.jpg



看護師夜勤バイトと労働基準法について

看護師夜勤バイトの回数制限☆72時間ルール

pixta_5080685_S.jpg

看護師の夜勤の労働時間には制限があることをご存じでしょうか?


看護師の夜勤には72時間ルールという規則があり、高額の入院基本料を保証してもらうためには、ひと月に72時間以上の夜勤労働をすることができません。


これは、病棟の看護師の平均夜勤時間が72時間以内になるようにというルールで、看護師の夜勤負担を減らし労働環境を改善しようという目的でルール作りがされました。


また、72時間ルールは病院が国に請求できる入院基本料の額を左右するもので、72時間ルールを遵守している医療機関や施設では、国から高額の入院基本料を貰うことができるので、病院側は夜勤バイトや夜勤単発派遣のスタッフでもいいから欲しいというのが本音です。


どこの医療機関や施設でも夜勤に入れる看護師が不足している状況です。


日勤専従や時短勤務の看護師は確保できても、夜勤可の看護師は少ないのです。


そのため、多くの病院や施設では夜勤バイトや派遣の看護師を募集しています。


病院側は夜勤の看護師がいないと困るので、看護師夜勤バイトの給料相場は3~4万円ほどと高額です!


高給な夜勤バイト.jpg



72時間ルールが免除される職場

72時間ルールは、看護師の夜勤負担の軽減や労働環境の改善が目的ではありますが、病院側の入院基本料の額を決定するものとして重要なルールでもあります。


入院基本料を設定するためには医療機関である必要があるので、介護施設はこれに含まれません。


介護施設では入院基本料の設定ができないので、看護師の夜勤時間の制限は特にないため、施設によっては夜勤が月に10回以上になるケースもあります。


入院基本料を最高額で設定できるのは一般病棟であり、看護師の配置人数7:1、看護師の夜勤平均時間数72時間以内など、細かい条件を満たしている必要があります。


72時間ルールが免除される職場は、ICUやCCUなどの集中治療室で、患者2人に対して看護師1人を配置する義務があり、72時間ルールの縛りがあると看護師不足に拍車が掛かってしまい、治療に支障が出るという理由から72時間ルールが免除されています。


実際にICUやCCUがある医療機関は総合病院など大規模病院が多く、高度な看護や医療ケアが必要な職場であり、看護師の離職率が高いとも言われています。


スタッフの人数がギリギリという職場も多く、72時間ルールでは縛れないという切実な理由があります。。。




夜勤専従バイトなら72時間ルールが免除される

看護師の72時間ルールは夜勤専従常勤夜勤専従バイトでも免除されます。


72時間ルールは、看護師の夜勤負担を減らす目的で設定されたのですが、日勤専従や時短勤務の看護師が多い現状では、夜勤の看護師を確保することができませんよね?


その上、月に72時間までしか夜勤ができないとなると、3交代制の職場では準夜・深夜合わせて夜勤9回、2交代制の職場では4.5回しか夜勤に入れないことになります。


多くの職場では夜勤に入れる看護師が確保できずに、夜勤バイトや夜勤派遣で補っている状況です。


夜勤専従常勤や夜勤専従バイトは、夜勤の看護師不足を解消する目的で雇用されているので、72時間ルールから免除されます。


夜勤専従のスタッフを除いた看護師の平均の夜勤時間が72時間以内であれば条件クリアとなります。




夜勤専従バイトなら月10回以上の夜勤が可能

夜勤専従常勤や夜勤専従バイトの看護師は、月に10回以上の夜勤勤務が可能です。


2交代制の夜勤なら1回の夜勤の労働時間は16時間で2日分の労働時間に該当するので、月に1回の夜勤で20日分の出勤という扱いになります。


でも、月に20日勤務となると公休だけでは休みが足りなくなりますよね?


週休2日制または4週8日休制の職場が多いので、公休だけで10日間も確保できないのです。


夜勤専従バイトなら公休は関係ありませんが、夜勤専従常勤の場合は年休を使わなければ出勤日数が足りなくなってしまいます


そのため、夜勤専従常勤は年休が発生するまでは夜勤専従バイトやパートで働き、年休が発生したら夜勤専従常勤に変更するのが一般的です。


最初から夜勤専従常勤としての求人は少なく多くの求人は夜勤専従バイトとしての求人です。




夜勤の看護師配置人数について


pixta_11804890_S.jpg

夜勤の看護師配置人数は各病院や施設により異なります。


7:1看護、10:1看護、13:1看護、15:1看護など、様々な看護師配置基準があります。


施設の基準により夜勤の看護師配置人数が変わります。


急性期の一般病棟、集中治療室、一部の療養病棟などでは看護師の配置人数が多くなっています。


急性期病棟では医療ニーズが高い患者が中心であり、難しい医療ケアが必要となるため、夜間帯でも看護業務は多く、仮眠や休憩が取れないという職場も多いです。


慢性期や回復期の病棟や介護施設では医療ニーズが高い方は少ないので難しい医療ケアの必要はありませんが、介護業務が中心となることで体力的にハードな職場が多くなります。


夜間の看護師配置人数は、看護師3人以上が望ましいのが本音です。


看護師が3人いれば、急変が2件続いても対処できますし、相談や質問をするスタッフがいることで1人1人の看護師の責任が少なくなるので精神的な負担も軽減します。


おすすめの夜勤バイトを見る.jpg



介護施設では看護師1人での夜勤が多い

老健、老人ホームなどの介護施設では看護師の配置規定がないため、各施設によって看護師の配置人数が異なります。


老健は看護師2人体制の職場もありますが、2フロアを2人の看護師で対応するケースと、1フロアに2人の看護師が配置されているケースがあります。


1フロアに看護師2人体制の職場がいちばん楽で安心できます。


有料老人ホームや特別養護老人ホームは夜勤の看護師配置の義務がないため、24時間の常駐をしてない施設が多いです。


夜間帯も看護師を常駐している老人ホームは最近は増えてきましたが、割合ではまだ少数です。


老人ホームでは基本的に夜勤看護師は1人体制です。


1フロアに看護師1人+介護士2人というケースや、全フロアに看護師1人+介護士3人など、施設により差が大きく、ギリギリのスタッフで何とか回している職場が多いのが現実です・・・。




看護師1人の夜勤では仮眠や休憩が取れない!?

介護施設のように看護師1人体制の職場では、仮眠や休憩が取りにくい職場が多いです。


介護施設では夜間のナースコールが多く、介護士がコール対応をしてくれても、看護師が対応しなければならない用件が多いので、看護師の業務負担は多くなります。


看護師2人体制なら1人がナースコール対応をして、もう1人は他の業務を行うことができますが、看護師1人体制では全てを1人で行なわなければならないので、介護施設の夜勤は仮眠や休憩がしっかり取れる職場かどうか、事前にチェックすることをおすすめします!


看護師求人サイトなら、事前に場の内部事情職を調べてくれるので、仮眠や休憩の有無、夜勤の看護師配置人数、夜間の受け持ち患者の人数や業務内容などを確認すると、求人選びの失敗を防ぐことができますよ(´∀`*)




療養病棟では看護師2人での夜勤もある

療養病棟では7:1看護基準の病院もありますが、看護師配置人数が少ない病院もあります。


療養病棟では夜勤は看護師3人体制というケースと、夜勤は看護師2人体制のケースがあります。


療養病棟は積極的な治療をする病院ではなく、安全に安楽に日常生活が送れることを目標にしています。


療養病棟は医療ニーズが高い方よりも、介護ニーズが高い方が多く、日常生活援助が必要な方が多いので、夜間帯でも体向・おむつ交換などが欠かせません。


医療ニーズは低いのですが、医療機関なので体調不良の際には輸液の管理を行い、必要時は一般病院へ転院となるケースが多いです。




一般病棟では看護師3人での夜勤が多い

一般病棟では夜勤の看護師配置人数3人の職場が多いです。


病院によっては7:1看護の病院であっても、土日祝日の夜勤入りや夜勤明けでは、看護師2人+看護助手1人の体制の職場もあります。


土日祝日は入院や手術、検査がないので、土日祝日の夜勤入りや夜勤明けは楽な職場が多く、土日祝日の夜勤を希望する看護師も多いのです。


看護師3人体制と、看護師2人+看護助手1人では、同じ3人だからそれほど変わらないと思うかもしれませんが、看護助手は医療ケアが行えないので、夜勤でトラブルがあった時には看護師2人で対処することが多く、看護助手はお手伝い的な役割
しか行うことができません。


看護助手が積極的にナースコールに出てくれても、医療行為が必要な用件に関しては看護師が対処しなければならないので、看護助手は座って休憩をする余裕があっても、看護師には勤務中に座って記録をするという余裕はありません。。。


夜勤中に急変やステルベンなどイレギュラーなことが何もなければ、看護師2人+看護助手1人でも困りませんが、イレギュラーな出来事があると手が足りなくて対処が難しいので、夜勤では看護師3人体制の職場がベストですね(´∀`*)

おすすめの夜勤バイトを見る.jpg



副業で看護師夜勤バイトをするなら税金に注意!


pixta_13223214_S.jpg

看護師夜勤バイトをしている方は税金の申告はどうされてますか?


年収103万円以下では所得税など源泉徴収がないので、税金は掛かりません。


でも、副業で看護師夜勤バイトをしている場合は、本業の収入と合算されて税金額を修正するので、年末調整が必要になります。


年末調整を行っていれば確定申告の必要はありません。


副業をしていることを本業の職場に知らせていないなら、夜勤バイトの税金の申告はしっかりしなければ副業がバレてしまう可能性もあります。


公立病院・国立病院などに務める公務員の看護師は副業禁止規定があるため、副業がバレると解雇か厳重注意となるので副業は辞めておきましょう。


民間病院であれば副業禁止規定はありませんが、本業に支障が出るという理由で副業を推奨している病院はまずないので、内緒で副業をしている方が多くなりますよね。


看護師の副業を成功させるポイントは、本業に支障をきたさないレベルで働くということです(´∀`*)




副業ナースは確定申告が必要

看護師夜勤バイトをしている方で年収103万円以上の方や、副業の方は年末調整をして税金を納める必要があります。


看護師夜勤バイトは定期的に夜勤をしているケースと1日限定の単発夜勤をしているケースがあり、定期的に夜勤バイトをしている場合は月収に応じて源泉徴収されていますが、単発バイトでは源泉徴収がないため、年収に応じて年末調整をする必要があるのです。


副業の場合は、本業の年末調整は職場で代行してくれますが、夜勤バイトの給料は自分で確定申告をして税金の修正をしてもらう必要があります。


副業で働いている方は本業の給料と夜勤バイトの給料を合算して税金を修正するので、年末調整をし税金の追加支払いがあった場合は年度末までに支払いをしましょう。




看護師派遣会社に登録していれば年末調整を代行してくれる

看護師派遣会社に登録をしていれば、12月の時点で雇用契約のある看護師派遣会社で年末調整を代行してもらえます。


年末調整は、その年の1月から12月までに働いた分の源泉徴収票を提出し、税金が必要となったら年度末までに支払いをします。


例えば複数の看護師派遣会社に登録していると、どこの派遣会社に年末調整の代行をお願いすれば良いか分からなくなってしまいますが、12月の時点で雇用契約のある看護師派遣会社で年末調整を代行してもらいましょう。


複数の看護師派遣会社に登録し、いくつかの会社から派遣求人を紹介してもらうと、源泉徴収票は複数になるので、無くしてしまわないように注意しましょう!


年末調整は年に1回のことだけに書類の書き方が覚えられなかったり、自分1人ではどのように手続きをすれば良いのか分からないという方が多いので、看護師派遣会社が代行しえもらうと助かりますよね(´∀`*)




副業にはマイナンバーの提示が必須

副業で夜勤バイトをする時などはマイナンバーの提示が必須です。


看護師派遣会社に登録した場合は、看護師派遣会社にマイナンバーを提出します。


看護師派遣会社でマイナンバーの提示が必須なのは、年金や医療などの社会保障を受ける時にマイナンバーが必要となったり、確定申告書や届出書にマイナンバーを記入する必要があるからです。


税金の申告漏れがないようにという理由も当然ありますよね。




マイナンバーの提示で副業がバレる心配はない!

マイナンバーの提出で副業がバレるのでは?と不安に思っている方も多いのですが、マイナンバーを提出したからと言って副業がバレることはありません


マイナンバーは法令や条例で定められた行政手続にしか使えないので、マイナンバーを提出したからと言って、職場に密告をするということは不可能です。


また、マイナンバーの提出は看護師のためというよりも看護師派遣会社のために提出するとも言えます。


社会保障や税金に関する手続をマイナンバーを利用して行うので、事務手続きの際にマイナンバーが必要となるのです。


副業がもしバレるとしたら、看護師夜勤バイトを行い年収103万円以上の副収入があったのに年末調整や確定申告を行わなかった時などに、本業の職場に連絡がいってしまう可能性があるのです。


税金は本業+副業の合算の年収に対してかかるので、副業で夜勤バイトをしているのに年末調整や確定申告を行なわなければ税金額の修正ができないので、本業の職場に連絡が入る可能性があります。


看護師派遣会社なら面倒くさい年末調整を代行してくれるので安心ですよ(´∀`*)


おすすめの夜勤バイトを見る.jpg



働き方で選ぶ看護師夜勤バイト

1日限定の夜勤単発派遣☆看護師のスポット派遣

pixta_5080685_S.jpg

1日限定の看護師単発夜勤バイトについて紹介します。


1日限定の単発派遣の求人では、医療機関への派遣は禁止されています。


1日限定の単発夜勤バイトを希望するなら、老健や老人ホームなどの介護施設の求人を探しましょう!


単発夜勤バイト.jpg



単発派遣は医療機関は禁止って本当!?

1日限定の単発派遣の求人では、医療機関への派遣を禁止しています。


労働者派遣法では、看護師の派遣先の制限をしています。


それは、1日限定での仕事をした時にデメリットが大きいと判断しているからだと言えます。


医療機関は継続看護が必要な場所であり、専門的な知識やスキルが必要とされます。


1日限定の単発派遣の看護師を派遣しても、スムーズに業務に入るのも難しいですが、継続看護ができませんし、専門的な医療行為や看護ケアができないと医療ミスに繋がる危険もあります。


看護師にとっても患者にとってもデメリットが大きいですよね。


医療機関で夜勤バイトを希望する場合は、定期的に夜勤に入るか、不定期でも週に1回などコンスタントに夜勤に入る必要があります。


医療機関の場合は、介護施設に比べて夜勤の看護師配置人数が多いので、夜勤看護師が不足することが多く夜勤バイトできる看護師を募集していますが、夜勤のシフトが組めない時に夜勤に入って欲しいので、シフトの自由度は低いです。


その点、介護施設の夜勤バイトはシフトの自由度が高く、働きたい時だけ働くことができますよ(´∀`*)




夜勤単発派遣が可能なのは介護施設だけ

1日限定の夜勤単発派遣は介護施設への派遣を認めています。


介護施設には、老人保健施設・有料老人ホーム・特別養護老人ホーム・グループホームなどがあります。


介護施設では1日限定の単発派遣可としている理由は、慢性的な看護師不足が大きいです。


介護施設では常勤看護師の割合が低く、バイトやパートの非常勤や派遣看護師の割合が高く、夜勤看護師を確保するのが難しい職場が多いのです。


また、介護施設は積極的な治療は行わないので、継続看護である必要はありませんし、高度な医療ケアや看護ケアは不要のため、1日限定の看護師でもスムーズに業務に入ることができます(´∀`*)


介護施設では医療ニーズの高い方は少なく、介護ニーズの高い方が中心であり、主な看護業務は健康管理や異常の早期発見なのですが、介護施設では日常生活援助が業務のかなりの割合を占めています。


介護施設では日常生活援助が主な業務となるため、未経験やブランクが長い看護師でも安心して働くことができますよ(´∀`*)




副業ナースには夜勤単発バイトがおすすめ


pixta_13840419_S.jpg

副業ナースは、本業と副業の両立が成功のポイントです!


多くの副業ナースは給料アップのために副業をスタートしますが、深く考えずに職場選びをしてしまい、続かないと言う方が多いです。


副業ナースの職場選びのポイントについて詳しく紹介します。


副業OKの夜勤バイト.jpg



副業におすすめの夜勤バイト☆有料老人ホーム

看護師の副業におすすめなのが有料老人ホームの夜勤バイトです。


有料老人ホームは、夜間の看護師常駐の義務はないので、施設によってはオンコール体制としていることもあり、オンコール体制の職場では夜勤バイトの求人はありません。


24時間看護師が常駐している有料老人ホームでは、夜勤バイトの求人があります。


有料老人ホームは企業が運営しーているケースが多いため、設備や室内はとても豪華でサービスが徹底しています。


一方、特別養護老人ホームは公的な機関なので、新規オープンは少なく、既存の設備で華美なものはあまり見られません。


企業が運営する有料老人ホームは、スタッフへの待遇もよく、看護師夜勤バイトの日給は3~4万円で高額です!


有料老人ホームの夜勤バイトがおすすめな理由は、シフトの自由度が高くー、働きたい時に働けると言う点です。


副業ナースは本業が休みの時に合わせてバイトのシフトを入れるので、シフトの自由度が高い求人でなければ続けることができません。


有料老人ホームなら、好きな時に好きなだけ仕事を入れることができるので、「今月は金欠でピンチ!」なんて言う時でも、目標金額の分だけ夜勤バイトを増やすことができますよ(´∀`*)




副業におすすめの夜勤バイト☆老健

老人保健施設=老健も、看護師の副業におすすめの職場です。


老健は、一般病院と在宅との中間地点にあるため、医療ニーズ・介護ニーズともに高い方が多く、看護ケア・介護ケアの両面のサポートが必要です。


老健は夜間帯であっても、点滴更新、内服薬の準備と内服確認、吸引など医療面のサポートが必要であり、介護施設の中ではいちばん医療行為が多い職場です。


医療行為が多い職場ではありますが、基本的な看護や医療行為ができれば問題はないので、未経験やブランクナースでも安心して働くことができますよ(´∀`*)


老健の夜勤バイトは日給30,000円前後の求人が多く、介護施設の夜勤バイトの日給相場は2~3万円なので、日給30,000円の求人ならOKだと思います!


副業OKの夜勤バイト.jpg



3交代と2交代どっちが良い?夜勤ローテーションについて


pixta_13840419_S.jpg

看護師夜勤バイトには2交代制と3交代制がありますが、どちらの働き方にもメリット・デメリットがあります。


効率よく稼ぎたいなら2交代制の夜勤の方が短期間で稼ぐことができますし、1回の労働時間を短くして無理なく働きたいなら3交代制の夜勤の方が向いていると言えます。


ライフスタイルや、夜勤バイトをする目的などを考えて、2交代と3交代どちらのローテーションが自分に合っているのか考えてみると良いですね(´∀`*)


おすすめの夜勤バイトを見る.jpg



3交代のメリット

3交代の夜勤は、公立や国立病院で多く見られる働き方です。


最近は3交代制から2交代制に移行したり、3交代と2交代を希望性にしたりと、働き方が変わってきています。


3交代夜勤のメリットは、1回の勤務時間が短いので体力的に楽と言うことです。


3交代では1回の勤務時間は8時間なので、2交代制の16時間の夜勤に比べると体力的に楽です。


2交代制では長時間労働のため仮眠や休憩がないと朝まで体が持ちませんが、3交代制なら仮眠や休憩が取れなくても大丈夫です!


体力的にも楽ですし、精神的にも楽なのが3交代制の夜勤です(´∀`*)




3交代のデメリット

3交代のローテーションは、「日勤+深夜勤+準夜勤+休み」を1セットとしてシフトを組んでいることが多いのですが、スタッフがギリギリの職場では「日勤+深夜勤+深夜勤+準夜勤+日勤」のように、夜勤が連続するローテーションを余儀なくされることもあります。


3交代制では、深夜勤が2回3回と連続すると完全に昼夜逆転してしまい、体調管理が難しくなります。


また、準夜勤の翌日が日勤と言うローテーションも、準夜勤が終わるのが1時ころなので、帰宅して寝るのは2時過ぎると思いますが、その日の8時にはまた出勤しなければならないので、ほとんど休むことができません。


準夜で疲れて帰ってきてまた数時間後に病院に戻らなければならないと思うと憂鬱になりますし、寝坊したらどうしようと思い疲れているのに寝付くことができません・・・。


3交代制の職場の場合は、ローテーションの方法を事前に確認することをおすすめします。


病院によっては深夜入りの日は午後は年休を取らせたり、準夜勤の翌日は確実に休日にしたり、深夜勤の連続は禁止したりと工夫をしている職場もあります。


でもローテーションの規定は病院によって違うので、病院のローテーションについてや休日数平均夜勤回数などを事前に調べることをおすすめします(´∀`*)


看護師求人サイトなら病院の内部事情を調べてくれるので、求人選びの失敗を防ぐことができますよ!




2交代のメリット

2交代のメリットは短期間で効率よく稼げることです。


2交代制のローテーションでは、1回の勤務時間が16時間と長時間労働となります。


16時間労働だと2日分の出勤時間となるので、1回の出勤で2日間仕事をしたことになります。


夜勤をしている看護師は夜勤が辛いと言うよりも、夜勤入りの時がいちばん憂鬱じゃないですか?


「今から夜勤か~。嫌だな~。」と夜勤入りの時は憂鬱になりますよね。


2交代制の場合は、1回の出勤で2日分の労働になるので、夜勤入りの回数は3交代制の半分で済みます。


夜勤入りの憂鬱な気持ちになることが減るし、1回の出勤で2日分の給料を稼ぐので効率も良いですよね(´∀`*)


2交代制の職場では仮眠・休憩を取ることができます。


看護師の労働環境改善に力を入れている病院なら、夜勤の看護師配置人数を増やしたり、仮眠・休憩時間を確保できるように夜勤業務を削減したりと工夫しています。


このように労働環境改善に取り組んでいる職場を選ぶことで、ストレスなく働くことが可能ですよ(´∀`*)




2交代のデメリット

夜勤帯に雑務の多い職場や、夜勤の看護師配置人数が少ない職場では、仮眠や休憩を取るのが難しいため、長時間労働なのに途中で休むことができず、夜勤が明けるころには眠気や疲れがピークで、夜勤明けは寝ないと体が持ちません。


せっかく長時間労働を終えて夜勤明けを有効に使いたいのに、仮眠や休憩が取れない職場では、蛍光(黄色)マーカー夜勤明けは寝て終わってしまうと言うケースが多いのです。


夜勤明けで長時間寝てしまうと、今度は夜に眠れなくなってしまって昼夜逆転から体調不良になってしまったら、体が怠くて疲れやすくなったりします。


2交代制の夜勤では、夜間の業務量が多い職場では仮眠・休憩がしっかり取れないと体力的・精神的にキツイです!


16時間働きっぱなしってかなり辛いですよね!?


夜勤の看護師は日中にできなかった仕事を夜間に終わらせると言う方も多く、せっかく休憩や仮眠が取れるのに、看護計画の作成や修正、サマリーの記入など、雑務に追われて結局休めないと言う方が多いです・・・。


夜間帯に雑務を抱え込むと言うことは、看護師1人1人の業務負担が大きすぎる職場と言う可能性が高いと言えます。


本来なら、日中で終わるはずの仕事を夜勤帯に持ち越さなければならないのは異常と言えます。


看護師の雑務が多い原因や、改善の工夫の有無など、なぜ夜勤で仮眠や休憩が取れないのか分からなければ労働改善はできません。


夜勤バイトを希望するなら、夜間は確実に休憩や仮眠が取れる職場を狙いましょう!


看護師求人サイトなら、職場の内部事情を調べてくれるので、夜間の仮眠や休憩の有無、夜間帯の看護業務、夜勤の平均残業時間などを調べてもらえば、職場選びの失敗を防ぐことができますよ(´∀`*)


おすすめの夜勤バイトを見る.jpg


蛍光(黄色)マーカー


夜勤単発バイトの求人は2交代の職場が多い


pixta_2346942_S.jpg


介護施設は2交代がメイン

介護施設のローテーションはほとんどが2交代制です。


介護施設では、もともとの看護師配置人数や介護士のスタッフ数が少ないので、3交代制にするとスタッフの確保ができないので、2交代制が主流となっています。


3交代制では、医療行為が多く責任が重い職場で働く看護師の精神的な負担を軽減すると言う目的もありますが、介護施設は医療行為も少ないですし、難しい看護ケアや専門性の高い医療ケアの提供などは行わないので、看護師1人1人に対する責任は少ないと言えます。


そのため、2交代制の長時間労働でも精神的な負担は少ないと言えます。




2交代のローテーションと夜勤回数

介護施設のローテーションは、夜勤の看護師の配置人数や、夜勤可能な看護師の人数などによって違います。


労働環境が整っていて働きやすい介護施設では看護師は常勤の割合が高いのですが、労働環境が整っていない職場は看護師の離職率が高く、非常勤の看護師の割合が高くなります。


非常勤の看護師は夜勤免除だったり、時短勤務だったりするので、夜勤不可のスタッフが多いのです。


夜勤不可のスタッフが多いほど、夜勤が可能な看護師の夜勤回数が増えてしまいます。


私が以前勤めてた老健では、2交代制で夜勤は月に10回ほどあり、月の半分以上は夜勤と言うシフトで、常に体が疲れていて日中も眠くて仕方がなかったです。


また、常にスタッフ不足の職場だったので、夜勤が3回連続したり、公休もまともに休めないなど、最悪な労働環境でした。


2交代制の職場では、4~6回ほどの職場が多いのではないでしょうか?


夜勤明けは休日や連休をつけてくれると言う職場も多いですね。


シフトを作るのは師長か主任なので、上司の人柄や人間性によって、無理の多いシフトになるか、スタッフ全員が平等なシフトになるかが決まります。


以前の職場では、主任がシフト表を作っていましたが、自分は年休で3~4連休を取っているのに、他のスタッフは連休なし、夜勤10回以上と言う全く平等とは言えないシフトでした!


介護施設では、各施設によって当たり外れが大きいので、事前に職場の内部事情をしっかり調べることをおすすめします。


看護師求人サイトでは、現役の看護師の声を参考に、病院の内部事情を詳しく調べてくれるので、職場選びの失敗を防ぐことができますよ(´∀`*)




2交代の夜勤入り・夜勤明けの過ごし方

2交代制では夜勤入りは16時30分頃、夜勤明けは8時頃と言う職場が多いですね。


2交代制の場合は夜勤入りの前日が日勤だった場合は、日勤終わりから夜勤入りの16時30分まで時間が空くので、プライベートな時間をしっかり確保することができます。


3交代の場合は、日勤と深夜入り、深夜明けと準夜入りがセットになっているので、プライベートの時間が確保しにくいのがネックです。


でも、2交代制の場合は勤務と勤務の間が空くので、プライベートの時間を確保でき、仕事とプライベートの両立が可能です。


仮眠や休憩がしっかり取れる職場では、夜勤入りの日も普段通りに生活できます。


家庭のある方なら食事の準備や、掃除や洗濯などの家事を、夜勤入りまでの時間に終わらせると言う方が多く、蛍光(黄色)マーカーですね。


2交代制のローテーションなら、3交代のように出勤時間が深夜帯だったり、夜勤明けが夜中だったりと言う不規則なシフトではないので、無理なく仕事を続けることができますよ。


また、2交代制の夜勤明けは、仮眠や休憩がしっかり取れる職場なら夜勤明けで寝ないと体が持たないと言うことはありません。


私は夜勤明けは普段通りに過ごしていました、


買い物に行ったり、平日の昼間ならどこに行っても空いているのでカフェに入ってみたり、1人の時間をたっぷり楽しんでいます。


夜勤明けの翌日が休みなら2連休のような感覚で、のんびりプライベートの時間を過ごすことができますし、仮眠や休憩がしっかり取れていれば夜勤明けでもそれほど眠くないので、好きなことをして過ごすことができますよ!


おすすめの夜勤バイトを見る.jpg



医療機関は3交代のシフトが多い


pixta_4995602_S.jpg

大学病院や総合病院など大規模な医療機関は3交代制のシフトが多いですね。


総合病院の中でも公立や国立病院は3交代制のシフトの病院が多いです。


公立や国立病院は常勤の看護師数が多いので3交代制のシフトでもスタッフの確保をすることができますが、民間病院のように看護師の人数に余裕がない医療機関では2交代制のシフトにしている医療機関が多いですね。


最近は2交代制の職場が増えていますが、以前は看護師のシフトは3交代制が主流でしたよね。


でも、夜勤時間の制限を規定した72時間ルールの設定などにより、2交代制の職場が増えて行きました。


夜勤可能な看護師が少ない職場では、夜勤可能な看護師の夜勤回数が多くなってしまうので、夜勤専従バイトや夜勤単発派遣のスタッフで補充しているケースも多いですね。


夜勤専従のスタッフなら72時間ルールは除外されるので、夜勤回数が多いスタッフがいても問題はありません。


各職場により夜勤のローテーションや働きやすさが異なるので、夜勤バイトを希望している方は事前に職場の内部事情を調べることをおすすめします。


おすすめの夜勤バイトを見る.jpg



3交代と2交代を選択できる職場もある

職場によっては3交代制と2交代制を選択できるケースもあります。


ICUやCCUなどでは3交代制の職場が大半ですが、一般病棟では2交代制と3交代制の働きやすさはその人のライフスタイルによって違います。


ママさんナースで子供を家族に預けて夜勤をしている方なら、16時間も子供を預けるのは難しいから3交代制を希望すると言う方もいますし、週末なら時間があるので2交代制の職場で効率よくまとめて働きたいから2交代が良いと言う人もいます。


その人のライフスタイルや、なぜ夜勤バイトをするのかと言う理由によって働きやすいローテーションは変わってきます。


副業の場合は特に、夜勤バイトは想像以上にハードなので、コンスタントに夜勤バイトを続けるなら、無理なく働ける職場を選ばなければ続きません!


副業の場合は、本業に支障をきたさないように副業をするのが鉄則なので、副業の職場はストレスなく働ける職場を選ばないと続けられません。


ストレスなく働くためには、2交代制と3交代制のどちらが自分のライフスタイルや希望に合っているのか、よく考えて選びたいですね!


看護師求人サイトでは、働きやすい職場探しや、ライフスタイルや希望に合わせた求人探しができますよ(´∀`*)




3交代では体が休まらない

3交代制のシフトは勤務時間が短いので楽なイメージがありますが、実際はそんなことはありません。


夜勤が辛いのは労働時間が長いから辛いのではなく、不規則なシフトが辛いんですよね!?


3交代の場合は、準夜勤と深夜勤があるので、出勤時間がそれぞれ異なり、終了時間もそれぞれ違います。


そのため、一定のリズムで生活をすることができないので、生活リズムが崩れます。


不規則な生活が続くと、不眠症やうつになりやすいと言われています。


また、日光に当たらない生活をしていると体内時計が乱れ、健康維持が出来なくなり風邪を引きやすくなったり、女性なら生理不順や肌荒れなどホルモンバランスの乱れが起こる可能性があります。


不起訴な勤務で生活リズムが乱れるのを防ぐためには、一定の生活リズムを送るようにして、日光に当たる時間を作ることが大事です!


日中は起きて、夜間は休息と取ると言う、自然な暮らしをすることで健康維持ができるわけですね。


2交代制の夜勤なら、夜勤入りや夜勤明けの時間は毎回同じなので生活リズムは乱れません。


また、仮眠や休憩をしっかり取れる職場で働けば夜勤中に体を休めることができるので、夜勤明けでも起きて普段通りに過ごすことができ、日光を浴びた普通の生活をすることができますよ。


3交代制では不規則なので、体が休まらず、長く続けていると健康維持や健康管理が難しくなってしまいます・・・。


夜勤バイトを希望するなら、仮眠や休憩がしっかり取れる2交代制の職場を選びましょう!




夜勤単発バイトの給料はいつ??複数の掛け持ちで働いている場合は?

バナー4.jpg

単発バイトは、スポットでの勤務なので職場に所属せずに勤務をします。


給料の支払いは職場からなので、給料日や締め日は職場によって異なります。


前の月の15日締め、翌月の20日以降の振込という感じの職場が多いです


職場により給料日が異なるので、単発バイトだと給料日が何度もあります。


20日、25日あたりの振込が多いですが、職場によってはバイト勤務の翌週や2週間後が給料という職場もありました。


バイトをした月にすぐに給料が貰えるわけではなく、タイムラグがあるので、最初の1ヶ月の生活費を持っておかないとちょっとキツイですね゚゚(゚´Д`゚)゚


もし、最初の1ヶ月の生活費もないけど、今すぐに退職して夜勤がしたい!という方もいますよね?


私も最初は、前の職場から逃げ出したくて、早く辞めたい!と毎日のように思っていました。


もし、今すぐに辞めたいけど生活費が・・・という場合は、「短期の夜勤バイト」がおすすめです。


応援ナースやリゾートナースという言い方をする場合もありますが、3~6ヶ月間の短い期間にまとめて夜勤を行う働き方です。


メディカルコンシェルジュは、好条件の夜勤単発バイトの求人がたくさんあるので、希望の職場がきっと見つかりますよ(^ω^)


夜勤単発バイト求人は、スタッフ補充や産休代理などで募集がかかることが多いです。


短期夜勤バイトの場合は、単発バイトとは違い、看護師寮が利用できたり(家具家電付きもあり)、母子寮、院内保育園などが利用できるのがメリットです。


また、赴任手当や引越し手当も給料と一緒に支給されるので、まとまったお金がなくても生活の準備ができますよ(´∀`)


私が以前に単発バイト先で知り合った方は、旦那さんのDVから逃れるために子供を連れて、母子寮のある病院で短期夜勤バイトをしている方がいました。


短期夜勤バイトは、働きたいときにすぐにでも仕事をスタート出来るので、何か事情がある方も安心して働くことが出来ますよね。


私から言えるアドバイスは、夜勤単発バイトのみで生活をスタートする場合は、1ヶ月分の生活費(家賃や食費などで10万円くらい+クレジットカードがあると安心)を用意しておくと安心ということですヽ(*´∀`)ノ


夜勤はちょっと難しいという方には、日勤帯のみの単発バイトをおすすめしますが、日勤帯のみでは夜勤バイトほど効率よく稼ぐことは出来ません。


日勤帯のみの単発バイトでおすすめな求人はこちらを参考にしてみてください。


次に、夜勤単発バイトの実際の生活について紹介していきます。

kokyuyakin.jpg

シフト完全自由な夜勤バイトなんてあるの?

バナー5.jpg

私が夜勤単発バイトを選んだ理由の1つに、マイペースに働きたいというのがありました。


以前勤めていた大学病院は、4週6日休制で公休ギリギリの休みしかなく、2連休でさえ取れない状態でした。


師長は3連休とかとってコンサート行ったりしていたのに、下っ端のスタッフには年休も全然使わせてくれませんでしたヽ(`Д´)ノ


夜勤バイトの求人では、曜日固定や回数指定の求人が多く見られます。


曜日固定の求人は、「毎週〇曜日に夜勤ができる方」、回数指定の求人は「月に4回以上の夜勤ができる方」というように求人票に記載があったりします。


シフト完全自由の職場は、スポット可、連続夜勤可というように、働きたいときに働きたいだけシフトを入れることが出来ます


月の前半に夜勤を詰め込んで、後半はずっと連休ということも出来るので、旅行が大好きで生活の一部になっているという方にはおすすめの働き方です。


看護師夜勤バイトでシフト完全自由な求人と言うと、介護系施設での仕事が大半です。


医療機関では、単発夜勤バイトの募集はほぼありません。


クリニックのように、医療ケアがほぼないような施設の場合は、夜勤単発バイトの求人がありますが、総合病院や救急医療センターのような医療ケアのニーズが高い職場では、単発求人はありません。


シフト完全自由で働くなら、老健・老人病院・老人ホームなどの介護系施設が大半で、ケアミックス病院、個人クリニック、介護療養型病院、回復期病院、リハビリ病院などのように、医療ケアのニーズが低い職場での単発求人もあります


その中でも、老健・老人病院・老人ホームは、常時スタッフの募集があり、1年中コンスタントに単発バイトを探す事が出来ます。


私はメディカルコンシェルジュという看護師求人サイトを利用しており、事前にこちらの希望(夜勤単発バイト希望)とスケジュールを伝えておくと、都合に合わせて求人紹介をしてもらえます。


また、メディカルコンシェルジュの場合は、HPからカレンダー機能を使ってシフトの予約を入れることが出来ます。


メディカルコンシェルジュは夜勤バイト求人が豊富なので、コンサルタントさんにお任せしてしまえば、こちらの手間が省けるので、私は毎月お願いしています(´∀`)


夜勤単発バイトのシフト表は、自分で作ることができるので、私は毎月3~5日の連休が取れるように、夜勤を詰めて入れたり、夜勤明け夜勤を繰り返したりして、楽しく夜勤を続けていますよ!

kokyuyakin.jpg


おすすめな看護師夜勤バイトについて

osusume-yakin1.jpg
夜勤は各職場によって業務内容、忙しさ、残業の有無、給料など大きく違う事が多いですよね


私は夜勤の単発バイトを不定期でしています。


常勤で病棟ナースをしているので、本業の連休の時や、月末の金欠の時に単発バイトで入っています。


今まで色々な職場に夜勤バイトに行きましたが、当たり外れが大きいな〜とつくづく思います。

osusume-yakin2.jpg
介護系の施設は夜勤は楽というイメージを持っている方が多いと思いますが、実際に働いてみるとそうでもありません。


介護系の施設こそ当たり外れが大きな世界です!


osusume-yakin3.jpg
夜勤の忙しさは夜勤ナースの人数や患者さんの重症度に左右されます


夜勤ナースが少なくても、患者さんが軽症の方ばかりなら夜間のナースコールもそれほどないでしょう。

osusume-yakin4.jpg
夜勤ナースが多くても、重症度の高い患者さんばかりだと、急変が重なったり、ステルベンが重なったり、緊急オペや緊急入院など夜間でも座って記録を書く暇もないなんて事もあります。


夜勤は、看護師3人または看護師4人体制の病院が多いと思いますが、土日は看護師2人+看護助手1人だったり、老人病院だと看護師1人+介護士2人など、各施設によってバラバラです。


看護師が多いから良いという問題でもありません。


同じ病院でも科によっても忙しさは全然違いますよね。


こればかりは事前に職場の情報を知るしかありません。

osusume-yakin5.jpg
夜勤バイトで職場に入る場合は、あまりに激務な職場に入ると、全く仕事を教えてもらう時間が取れなくてアタフタして、朝までの16時間辛い思いをします


あらかじめ、どのような職場なのかを調べておくと安心です。

osusume-yakin6.jpg
夜勤の看護体制や、バイトに入る職場に多い疾患名、残業の有無、休憩や仮眠が取れるのかなど


これらの情報は自分で調べるのは難しいですよね。


看護師求人サイトなら全国の膨大な病院データがあるので、詳細を調べてくれますよ!


夜勤は16時間と勤務時間が長いので、無理のない職場で楽しく働きたいですよね☆


その為にも事前に職場の情報を調べてもらうと安心ですよ!
kokyuyakin.jpg

週1の看護師夜勤バイトならwワークOK(^ω^)

pixta_2277426_S.jpg
看護師夜勤バイトで特に求人が多いのが、有料老人ホームと老健です。


私は札幌市内の透析中心の長期療養施設で夜勤バイトをしました


透析は日中しかありませんが、透析の必要な方が老後安心して生活を遅れるように、長期療養病等が併設されている有床クリニックです。


ドクターズホーム札幌南は、透析+長期療養の施設です。


ここでは常時、夜勤バイトナースを募集しています。


私は副業で夜勤バイトをしていました。


pixta_17548159_S.jpg


本業は民間病院の外来パートです。


夜勤バイトは週1回ほど。


夜勤では透析の管理は全くしないので、透析未経験でも全く問題ありません


透析患者さんは、自宅でも厳しい水分制限や塩分制限がありますよね?


水分チェックや食事チェック、生活管理がとても大変な疾患です。


食事管理が難しい患者さんや、他の疾患を併発している方、持続的な医療が必要な患者さんなら入院している方が安心なので、このような有床クリニックが支持されています。


この施設では、徹底した食事管理や健康管理が出来ます。

sapporo-yakinbaito1.jpg
看護師は水分量のチェック、バイタルチェック、体重測定など透析の患者さんに必要な事を行います。


定期的な血液検査やレントゲン、リハビリや日常生活の援助などを行います。


透析をされている方は糖尿病を持っている方が多いので、透析後は気分不快などの低血糖症状が出る方が多いです。


また、糖尿病から視力障害のある方が多いので、服薬管理も大切ですね。


血糖チェックや血糖コントロールも看護師の役割です。


夜間は一般病棟のようなハードな印象は全くありません。


sapporo-yakinbaito2.jpg
病状が悪化した方や、高度な医療が必要な方は転院されるので、重症度の高い方や看取りの段階の方はいません。


なので、夜勤バイトナースはそれほどハードではありませんでした。

sapporo-yakinbaito3.jpg
夜勤1回2万8千円は札幌市の中でも高額です。


ハードな夜勤バイトではないし、曜日固定のバイトではないので、副業でも可能ですよ☆

sapporo-yakinbaito4.jpg
私は業務内容や業務量よりも高額な時給で選びましたが、副業の方はあまりハードなバイトを選ぶと本業に支障が出てしまいます。


Wワークしたいなら老健や老人ホームがおすすめ!


本業に支障が出ない程度に、ゆったり夜勤バイトがしたい!という方は、有床クリニックよりも、老健や有料老人ホームがおすすめです。


sapporo-yakinbaito5.jpg
有料老人ホームの夜勤は、連絡が来るまで看護師は待機室(個室)に控えていられるので、その間は自由なので、仮眠を取ったり、好きな事をして過ごせます


老健の夜勤は結構ハードなので、ゆったり夜勤バイトをしたい方には向いてないかもしれませんね・・・。
kokyuyakin.jpg

夜勤単発バイトだけで生活できるか試してみた!

トップバナー1.jpg

2011年5月は夜勤単発バイトのみで生活を初めて半年ほどの頃です。


この月は、8回の夜勤と13日の休日がありました


バイト先は、スポットOKの求人と、月に2回以上から勤務OKの求人です。


勤務先は、全部で4箇所でした。


月8回の夜勤単発バイトのみで、どのような生活が出来るのか紹介していきます!

2011/5☆夜勤単発バイトのシフト表

1休 2 3 4休 5休 6 7
8休 9休 10休 11 12 13 14
15休 16休 17休 18休 19 20 21
22 23 24 25休 26休 27休 28休
29 30 31休

<クリックで体験談に飛びます>

〇夜勤入り △夜勤明け


5月2日・13日・29日は脳神経外科・整形外科専門病院での夜勤バイト


5月19日・21日・23日は老健での夜勤バイト


☆5月6日は都内の有料老人ホームでの夜勤単発バイト


☆5月11日は川崎市の有料老人ホームでの夜勤単発バイト

kokyuyakin.jpg

私が夜勤単発バイトのみの生活をする理由

バナー3.jpg

私が以前勤めていた職場を退職したのは半年ほど前の12月です。


新卒から5年ほど勤めた大学附属病院です。

ここでの職場の人間関係や休日の少なさ、業務量の多さに疲れ果て、12月のボーナスを貰ってから退職しました


本当は3月までで、円満に退職したかったのですが、年休の消化は拒否され、3月末までの退職も拒否され、退職の希望を伝えたと同時に主任と師長からの嫌がらせに疲れはてて、ボーナスを貰ってすぐに強引に退職をしました。


特に辛かったのは人間関係の悪さで、ナースステーションは常に、同僚か患者さんの悪口大会のような職場でした。


誰かが誰かの悪口を言っていたり、新人いじめや派閥など、新人の頃から5年も耐えてきました!


派閥や人間関係で疲れるのはイヤ!人間関係を気にせずに、マイペースに働きたい!そう思って、職場に所属するのを辞めよう!と思いました


看護師単発バイト
なら、職場に所属する必要がないし、バイト先によってメンバーが変わるから、人間関係で気を遣うこともないだろうと思いました。


もともと大学病院は、夜勤が月に6~8回はあったので、月に8回以上の夜勤でも特に大変だとは思いません。


大学病院時代に比べて、給料は下がりましたが、夜勤単発バイトのみで生活ができていますし、何よりストレスフリーです(´∀`)


では、夜勤単発バイトのみでどのような生活が出来るのか紹介していきますね!

kokyuyakin.jpg

看護師夜勤バイトの口コミ失敗談・・(´Д`)

夜勤バイトは時給が高くいのがメリットの1つですよね。


私は昔から朝起きるのが苦手なので日勤は嫌いで、夜勤を多めに入れてもらっていました。


今は月に何度か夜勤バイトをしています。

yakinbaito-sippai1.jpg
まだ子供が小さいので、さすがに夜勤常勤は無理ですが、空いた時間で夜勤バイトを入れています


夜勤バイトは一般病院よりも介護系の施設が多いです


先日は、老人病院の夜勤単発バイトに行ってきました。


その老人病院は看護師の配置が少なく、夜勤は60床の病棟にナース1人+介護士2人。

yakinbaito-sippai2.jpg
看護師は看護師業務に加えて介護士業務もやらなくてはならないし、日中に出来なかった仕事を夜勤でやるナースが多いので仮眠も休憩も取れないという事が多かったのです


私は単発バイトで月に何度かしか仕事に入らないのですが、先日は病棟ナースを1人で任されました。

yakinbaito-sippai3.jpg
患者さんの申し送りはあるし、他のフロアにも頼れるナースがいると言っても、病棟にバイトナース1人は心細い・・・。


先日は認知症の患者さんがベッドの4点柵を乗り越えてベッド下に落下する事故がありました。


転落防止の為に4点柵に変えたばかりなので、柵を乗り越えての転落で後頭部を打ってしまい、緊急でCTを撮りました。


転落直後は気分不快を訴えていましたが、しらばくしてからは落ち着き大事には至りませんでしたが、私と介護士2人はインシデントを書く事に・・・。


バイトナースを1人で夜勤に入らせるほどにスタッフが不足している病院なので、今後もこのような事故が続くような気がします・・・。

yakinbaito-sippai4.jpg

看護師夜勤バイトは時給が高いけど、職場選びをしっかりしないと医療ミスが・・・


夜勤バイトは、時給が高くて効率よく稼ぐには一番だと思うけど、職場をしっかりと選ばないと医療ミスが怖いです!


バイトだからと医療ミスは許されません。


夜勤バイトは短時間で効率よく稼げる仕事だけど、看護師の人数が減る夜勤帯では看護師1人1人にかかる責任も大きくなります


バイトナースが1人で夜勤に入るのはやはり怖いので、今後は求人を探す際には看護体制に注意して探そうと思っています☆
kokyuyakin.jpg

夜勤バイトの体験談✩脳外科・整形外科専門病院

夜勤単発バイトのチェック項目.jpg
5月2日、13日、29日は、脳外科・整形外科専門病院での夜勤バイトでした。


こちらの病院は150床ほどの個人病院で、救急に力を入れている急性期病院です。


夜勤バイト募集は、月に2回以上勤務が条件で、シフトは病棟のシフト作成をしている主任さんと私で相談して決めていきます


夜勤単発バイトのシフト表のつくり方


シフト希望について.jpg
毎月15日までに翌月の休み希望をスタッフ全員に出してもらい、シフト表を仮で作ります。


だいたい20日前には仮のシフト表ができるので、それに合わせて私の方に連絡があり、夜勤スタッフの確保が難しそうな日に、夜勤可能かどうか打診してくるという流れです。


こちらの病院は、私以外にも夜勤バイトのスタッフがいるので、私が夜勤の打診を断っても特に困ることはなく、断りにくい雰囲気は一切ありません。


また、夜勤バイトや夜勤専従のスタッフが多い職場ということもあり、周りのスタッフの理解が得やすいのが有難いです!

夜勤は看護師2人+介護助手1人

夜勤看護体制について.jpg こちらの病院は、病棟はICU・脳外科・整形外科と3フロアに分かれており、脳外科・整形外科それぞれの救急外来があります。


救急搬送も多く、外来の看護師に加えて病棟の夜勤スタッフが外来に呼び出されることもあります。


救急搬送が続いたり、入院が決定した患者さんが出た場合は、病棟ナースが外来にいき、業務の引き継ぎを受けます。


病棟は40床、夜間のスタッフは3人体制です。


夜間スタッフは3人と言っても、週末の夜勤は看護師2人+看護助手1人での対応となります

オペ中心の病院は夜間の看護業務が多い!

オペ前後の看護業務.jpg オペ中心の病院なので、平日はオペ入院が8~10人前後、退院も同じくらいの人数があり、それに加えてオペが多いときで8件、少なくても4~5件はあります。


オペ中心の病院は、夜間も看護業務が多いので、看護師求人サイトを利用して事前に、対象疾患や対象オペの内容、看護業務の内容などを調べてもらうと、スムーズに夜勤バイトに入れますよ(´∀`)


古い病院なので、病棟には電子カルテの導入がまだなく、看護記録や温度板は未だに手書きです。


夜勤は、看護師3人体制の日は3人で受け持ちをしますが、看護助手が入る週末は看護師2人で40人の患者さんを持つので、土曜日の明けと、日曜の入りは結構ハードです。


土曜日の夜勤入りで日曜の夜勤明けは、オペ前後の看護や準備がないので一番楽なのですが、夜勤バイトは基本的には週末に入ることはなく、平日に依頼される事が多いです。


週末は夜勤が楽ということはスタッフ全員の共通認識なので、楽な夜勤を希望する方が多く、シフトの希望は週末の夜勤入りの希望を書き込む方が多いです(笑)


私は整形外科病棟で夜勤バイトをしていますが、こちらの病院のメイン疾患は、膝関節症と腰椎・頚椎ヘルニアです。


この病院には、腰椎・頚椎オペのスペシャリストとして名高いドクターが在籍していて、隣県や遠くからわざわざ、このドクター目当てで来られる患者さんも多いです。


腰椎・頚椎ヘルニアのオペはとても難易度が高く、オペ前後の管理も難しい面があります


また、高齢の患者さんが大半なので、オペ後に予測外の急変や容態悪化があるケースもあり、腰椎・頚椎ヘルニアのオペ日は、特に夜勤帯は緊張しますね。

夜勤帯に行うオペ前準備とは?

オペ前準備.jpg この病院での夜勤業務で、翌日のオペ患者さんのオペ準備というものがあります。


夜間帯で準備や確認をすることは、カルテの準備(アナムネの書き忘れの有無、血型や感染症など採血結果、オペ前検査の結果一式など)、9時オペ開始の患者さんの点滴スタート、9時オペ開始患者さんのオペ前用意(オペ着に着替える、T字帯を付ける、弾性ストッキング装着、貴金属類の除去の確認、ネームバンドの確認、オペ後の酸素ボンペ用意、酸素マスク、モニター類の準備など)などがあります。


オペが9時スタートの場合は、8時50分頃に病棟を出発するので、ちょうど夜勤の業務終わりと日勤の業務開始の時間と被り、申し送りなどをしている時間帯です。


この病院では、早出のナースが7時に来るので、朝一のオペ出しは部屋持ちと、早出のナースの2人で行います


夜勤スタッフは、朝一のオペ患者さんの担当ナースに、夜間の患者の状態を早めに申し送りしておきます。

腰椎・頚椎ヘルニア患者の術前観察のポイント

ヘルニアの観察ポイント.jpg

腰椎・頚椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎・頚椎ヘルニアでオペの適応となる症状は、坐骨神経痛と言われる脚の痛みやしびれなどが強い、排尿・排便困難など日常生活に困難があり、保存療法では日常生活での強い困難が取り除けないケースなどです。


入院時のチェックでは、蛇行の有無、脚のしびれの有無と部位、脚の痛みの有無と部位、麻痺の進行性の有無、排尿・排便障害の有無などを観ます。

オペ目的の患者さんはオペの前日に入院してくる事が多いので、オペ前日の担当看護師が全ての症状のチェックを行います。


オペ後の看護では、オペ前の状態に比べてどのように変化・改善したのかが重要になります。


脚のしびれや麻痺などが強く、症状が進行した状態では、オペをしても完全に症状を改善させることはできません。


オペ後の看護では、オペ当日の夜間帯が一番急変の危険制が高く、麻酔の副作用による状態悪化、創からの出血・感染・解離、術中の神経圧迫による麻痺、麻酔による呼吸状態の悪化、エコノミー症候群、肺梗塞、脳梗塞など危険制が高い症状があります。


腰椎・頚椎ヘルニアのオペは高齢者が受けるケースが多いため、オペによる急変の危険性も高くなります


オペ中心の病棟の夜勤バイトは、急変時の対応やオペ前後の対応があるため、ハードな職場が多いです。


夜勤バイトだからと責任が軽くなることはありませんし、1人前のスタッフとして即戦力を求められるので、プレッシャーもありますね。


私は、ストレスなく仕事ができるように、バイトに入る前に職場の内部事情について詳しく調べてもらいましたよ!


メディカルコンシェルジュは、病院の内部情報に精通しているので、どのようなオペが多いのか、どのような看護が行われているのか、職場の雰囲気や人間関係など、細かく調べてくれますよ(´∀`)

夜勤帯でオペ後に急変した患者さんの体験談

夜勤バイト体験談.jpg 私は、脳外科・整形外科専門病院に夜勤バイトをしていますが、オペ後の夜勤で急変してしまった患者さんは何人か見ています。


先日は、70代の女性患者さん(Aさん)が腰椎ヘルニアでオペを行い、オペ後に急変し、総合病院に転院になった事がありました。


この病院のように個人病院だと、いくらICUがあっても対応できない事があります。


その患者さんは、全身麻酔で腰椎ヘルニアのオペを受けました。


腰椎ヘルニアのオペは、内視鏡であっても切開であっても全身麻酔が基本で、レーザーのみの治療の場合は局所麻酔もあります。

全身麻酔後の急変!

全身麻酔後の急変.jpg Aさんは、全身麻酔で腰椎ヘルニアのオペを受け、3時間ほどで無事にオペが終了し、意識はクリアな状態で病棟に帰ってきました。


オペ開始が14時頃で、帰室は17時30分頃で、申し送りでもオペは順調に進み、手術は成功だったとのことで、特に注意事項などは伝えられませんでした。


帰室後にバイタルをチェックすると体温が35度代で、「寒い寒い」とガタガタと震えていたが、オペ後に低体温で寒気を訴える方は多いので、特に問題視することなく、電気毛布をかけて様子を見ていた。

オペ後の看護業務について

オペ後の看護業務.jpg オペ後は帰室時、15分後、30分後、45分後、その後は60分ごとのバイタル測定をオペ後3時間までというマニュアルがあり、バイタル測定と共に、心電図モニターの記録も行うことになっている


帰室後から意識はクリアで、術後せん妄などもなく、受け答えははっきりとしていた。


帰室から60分は、まだ痛みの訴えもなく会話をしていた。


寒気は電気毛布で体温が上がってからは訴えなくなり、体温は37度前後まで上がった。

急変の兆候はあるのか!?

急変の兆候.jpg オペ後1時間がすぎ、両下肢のしびれを訴えるようになってきたが、まだ痛みの訴えはなかった。


バイタルや心電図モニターも安定しており、尿量もしっかりと出ているし、ドレーンのつまりもなく、経過は良好に思われていた。


20時過ぎに、今日の全てのオペを済ませた担当医がベッドサイドにやってきて、Aさんと会話をしており、両下肢のしびれはオペ中の体勢によるものだろうから、徐々に改善するから大丈夫との声かけをしていた。


担当医が帰ったあとから、次第に痛みが強くなってきて、疼痛時の指示であるソセゴン注を使用しながら様子を見るが、痛みが軽減することはなく、痛みで息が切れて会話が困難な様子だった。


ソセゴン注だけでは効果が薄く、アタPを混注し、その後はロピオンをドリップし、少し痛みが和らいできた。


両下肢のしびれは変わらず、両足の感覚がほとんどないと言っていた。


オペ中心の病棟では心電図波形は読めたほうが良い!


心電図波形.jpg
オペから5時間が過ぎ、オペ後の看護記録を書きながらナースステーションのモニターを観ていると、Aさんのモニターが急に頻脈になり、SPO2が急激に80代まで低下していた。


痛くて体でも動かしているか?と思いながら急いで訪室すると、顔面蒼白で唸り声を上げながら苦しんでいるAさんがいた・・・。


疼痛だけでは説明がつかない緊急事態に、私はベッドサイドに残り、ナースコールで他のスタッフを呼び、救急カートを運んでもらい、救急蘇生が出来る状態を整えながら夜間担当のドクターに連絡をした。


担当医はすでに帰宅後だったが、胸部を抑え「胸が痛い、苦しい・・・」と明らかに様子がおかしいので、夜間担当のドクターに連絡をしつつ、担当医にドクターコールをした。


夜間担当医がすぐに訪室し経過を報告しながら診察をし、すぐにポータブルのレントゲンと心電図のオーダーが入った。


オペ後の後遺症・肺梗塞について


肺梗塞.jpg
レントゲンを撮ると肺梗塞がありそうだとの診断・・・。


酸素投与量をマックスまで上げてもSPO2は上がってこない、この病院には循環器病棟はないため、近隣の循環器救急のある病院に転院することになった。


しばらくすると担当医が来たが、その時には患者さんはショック状態に陥っており、すぐに救命処置が始まった。


私はそのわずかな間に転院の準備や、状態の経過方向のためのサマリーを箇条書きで書き、転院先の病院に電話連絡。


一刻を争う状態のためサマリーを仕上げている時間もないため、後ほどファックスする旨を伝えた。


連絡を入れていた家族も慌てて病室に戻ってきた。


オペが無事に終わりホッとしていた家族は、意識がなくなっているAさんを見て泣き崩れていた。


その後、Aさんは近隣の総合病院に救急搬送され一命を取り留めた。


急変後の患者さんは一命を取り留めた


急変後.jpg
後遺症などもなく、3週間ほどでこちらの病院にリハビリ目的で転院してきた。


転院先ではすぐにカテーテル手術を行ない、処置が早かったため、脳へのダメージや他の後遺症もなく、その後はリハビリに専念する事が出来た。

今回のAさんのように、オペ後に肺梗塞を起こすリスクは高齢者ほど高い


急激に発症し、死に至ることもあるし、処置が遅れると脳へのダメージから後遺症が残ることも多い。


夜勤バイトも他のスタッフと同じく責任問題が発生する!


責任問題.jpg
私は夜勤バイトで職場に入っているが、バイトだからと言っても他のスタッフと同じ責任を持って業務に当たっている


オペ後の急変では、命に関わるようなケースもあるため、医療ケアの多い職場に夜勤バイトに入る場合は、急変時の対応についてマニュアルをチェックしておくことをおすすめします!


どこの病院にも、急変時マニュアルがあるので、私は最初にコピーさせてもらって、自分用の板にコピーを挟んで、いつでも確認できるようにしています!


急変時には、夜勤の他のスタッフも手伝ってくれますが、夜勤はスタッフが2人か3人しかいないので、なるべくスムーズに動けるように、シュミレーションをしておくと安心ですよ。

夜勤バイトはメモをとるべし!

夜勤バイトはメモをとるべし!.jpg

夜勤バイトのペア看護師って何?

ペアナース.jpg 夜勤バイトに入ると、最初の1~2回はペアの看護師が一緒に夜勤に入ってくれる職場が多いので、急変時の対応について確認しておきましょう


ここで注意するポイントは、夜勤バイトの募集がある病院は、非常勤のナースが多いため、業務の手順が統一されてなく、スタッフによって認識が違う事がよくあります。


だれに聞いても同じ回答が得られるのが理想ですが、そういう職場ばかりではありません。


聞く人によって返答が変わる事が多いので、毎回しっかりとメモを取りましょう。


メモをとることは重要で、指導する側も、メモを取るバイトスタッフと、メモを取らないバイトスタッフでは印象が全く違います。


病棟はどこも忙しいので、何度も同じ質問をする必要がないように、また他のスタッフに迷惑を掛けないようにメモは必ずとって、後から見返すようにしましょう!


夜勤バイトのスタッフにペアナースやマンツーマンの指導ナースをつけてくれる病院は少ないかもしれませんね。


でも、指導やサポートが充実した病院は少しずつ増えてきています。


メディカルコンシェルジュでは、指導やサポートが充実した病院を紹介してもらえますよ(^ω^)

夜勤看護師の心得!妻がいない夜、旦那が浮気した

序章!浮気旦那が製造されるまでヽ(`Д´)ノ

pixta_17657049_S.jpg

私は元旦那の浮気が原因で離婚しました゚(´;ω;`)


今思い出してもムカつきますが、夜勤看護師あるあるとも言えるんですよね・・・。


男って、寂しいと浮気したり、暇があると魔が差したり、本当に面倒臭い!


さて、ムカつく旦那の浮気になぜ気付いたのか、ムカつきながら書いてみたいと思います(`Δ´)!


→続きを読む:夜勤看護師の心得!妻がいない夜、旦那が浮気した

看護師バイトに成功した看護師の秘密

しかし、看護師求人サイトを使えば、即日で高時給のバイト求人がみつかります!
top-3.jpg

トップページ >  看護師夜勤バイト >  【単発・短期】の看護師夜勤バイト ※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。