看護師夜勤バイトの単発求人はダブルワークにおすすめ

ダブルワークら介護施設の看護師夜勤バイト単発

pixta_1557555_S.jpg

副業するなら、自分の都合に合わせて働けるシフト完全自由な職場を選びましょう。


老健や老人ホームなどの介護施設は、好きな時に好きなだけ働くことができるため、副業の看護師に人気です。


また副業するなら、1日限定の単発の夜勤看護師バイトがおすすめです。


副業の場合は本業を優先しなければならないので、空いた時間に無理なく働ける職場でなければ続けることができません。


老健や老人ホームのような介護施設なら、医療行為が少なく単調な仕事が多いからストレスも溜まりませんし、急募の求人が多いから空いた時間で効率よく稼ぐことができますよ!


副業OKの夜勤バイト.jpg



老人保健施設の看護師夜勤単発バイト

ダブルワークなら、老健での夜勤単発バイトがおすすめです。


老人保健施設(=老健)は、要介護1以上と認定され、現在は積極的な治療は必要ないが、在宅復帰には困難な状態の高齢者が入所する施設とされています。


そのため、治療が必要になった場合は病院へ転院するケースが多く、医療ニーズが高い方よりも、介護ニーズが高く日常生活援助が必要な方が多いのです。


老健は、一般病院と在宅の中間地点の役割があるため、医療ケアも行う必要があり、他の介護施設に比べると医療行為が多く、夜勤の看護師配置人数は他の介護施設に比べて多くなっています。


老健は各施設により異なりますが、夜間の看護師配置人数が2人という施設が多く、その他の介護施設は夜間の看護師配置義務がなかったり、各施設に看護師1人体制という施設がほとんどです。


そのため、老健の看護師夜勤バイトでは、各フロアに看護師2人または他のフロアに看護師が常駐しているため、分からないことを質問したり相談することができます。


他の介護施設では看護師が全フロアで1人など、質問や相談ができないケースが多いため、看護師1人にかかる業務量や責任は大きくなる傾向があります。


看護師夜勤単発バイトでは、初めての職場や慣れない職場で夜勤をすることになるので、他の看護スタッフに相談や質問ができる環境の方が安心ですし、医療ミスを防止することにもつながります。


老健ではほとんどの施設で夜勤看護師が不足しているので、急募の夜勤求人が多く、働きたい時にすぐに働くことが出来ます。


また、夜勤看護師の確保のために副業OKの夜勤求人が多いため、「副業がバレたら困るな・・・。」と心配な方も安心して働くことができますよ(´∀`*)


副業OKの看護師夜勤単発バイトなら、看護師求人サイトのメディカルコンシェルジュがおすすめです。


メディカルコンシェルジュは、看護師夜勤単発バイトの求人が豊富で、日給30,000円以上の高給な夜勤バイト求人もたくさん見つかりますよ!



有料老人ホームの看護師夜勤単発バイト

看護師夜勤単発バイトの求人なら有料老人ホームがおすすめです。


関連記事:「看護師夜勤バイトならWワークOK」では、ダブルワークにおすすめの介護施設の口コミや体験談を紹介しています。


有料老人ホームは、看護師が24時間常駐する義務がないため、施設によっては夜間帯に看護師が常駐せずにオンコール体制をとっている場合もあります。


看護師の24時間常駐をしている有料老人ホームは、スタッフ人数に余裕があり働きやすい職場であることが多いです。


多くの有料老人ホームでは夜勤の看護師を確保できずにオンコール体制としている中、24時間看護師を常駐している有料老人ホームは、看護師が働きやすい環境整備や離職率を下げる工夫をしていると言えます。


有料老人ホームの夜勤では、看護師が全フロアに1人の配置であることが多く、看護師には状況判断のスキルが必要だと言えます。


単発バイトでは初めての職場や慣れない職場で夜勤業務をすることになるため、求人先によっては夜勤業務に入る前に、1時間ほどのオリエンテーションや研修を行っていることもあります。


有料老人ホームの夜勤では、急変時対応についての確認がとても大切なので、事前のオリエンテーションや研修をしっかりと行っている求人がおすすめです。


急変時の看護師の役割や、緊急受診や救急搬送の手順などのマニュアル確認をしっかりとして夜勤に入れると安心ですね!


看護師求人サイトのメディカルコンシェルジュでは、オリエンテーションや事前研修がしっかりとしている有料老人ホームの求人を紹介しています。


副業OKの夜勤バイト.jpg



ダブルワークなら日給3万円以上の看護師夜勤バイト


pixta_2935268_S.jpg

給料アップの目的で夜勤バイトをするなら、日給30,000円以上の看護師夜勤バイトがおすすめです。


看護師夜勤バイトは、一般病院の夜勤バイトの給料相場は30,000円~40,000円、介護施設の給料相場は20,000円~30,000円ほどです。


医療機関に比べて介護施設の給料相場は安いのが一般的です。


でも最近では、日給30,000円~40,000円の高給な介護施設の夜勤バイト求人が増えてきています。


給料アップ目的で夜勤バイトをするなら、日給30,000円以上の求人で効率よく稼ぎたいですね(´∀`*)


高給な夜勤バイト.jpg



日給4万円以上もあり!療養病棟の夜勤バイトでダブルワーク

ケアミックス病院などにある療養病棟の夜勤バイトは、日給40,000円以上の高給求人がありおすすめです。


療養病棟は急性期病棟とは違い、積極的な治療を行う病棟ではないため、医療行為は最小限の病棟です。


医療行為が少ないため、単発夜勤バイトでも安心して働くことができます。


病棟の看護師夜勤バイトのメリットは、夜勤看護師の配置人数が2人以上で安心という点です。


介護施設の夜勤バイトでは、施設によっては全フロアに看護師1人のみの配置や、各フロアに看護師1人配置の施設がほとんどで、単発夜勤バイトの看護師が1人で判断しなければならないことが多く、責任や業務量が大きくなるのがネックです。


でも病棟の夜勤では、各フロアに最低でも看護師2人以上が配置されているため、常に他の看護師に確認したり相談することができるため、責任や業務量は介護施設に比べて少なくなります。


療養病棟はADLが低く介護ニーズの高い患者が多く、日常生活援助が主な業務なので、夜間のトイレ移動や体向・おむつ交換など、ハードな業務もあります。


また積極的な治療は行いませんが、輸液管理をしている患者が多いため、点滴や注射のスキルは必須です。


療養病棟は難しい医療行為がないため、単発夜勤バイトで初めて職場に入る看護師でも安心して働くことができますよ!


ただ、各病院によって夜勤の看護師配置人数や看護師の業務内容などが異なるため、事前に職場の詳細を調べると求人選びの失敗を防ぐことができますよ(´∀`*)


看護師求人サイトのメディカルコンシェルジュは、職場の内部事情を詳しく調べてくれるのでおすすめです。



確実に給料アップ!救急外来の看護師夜勤バイト

看護師の夜勤バイト求人で多く見られるのが救急外来の求人です。


救急外来には1次救急から3次救急まであり、看護師夜勤バイトでおすすめなのは1次救急機関です。


各自治体に設置されている救急医療センターは1次救急であり、治療が必要な患者は2次・3次救急機関に転送することになるため、救急医療センターでは難しい医療行為などは必要ありません。


救急医療センターに設置されている科は、内科・外科・小児科が多く、医師会のドクターが順番で当直を勤めています。


救急医療センターは、季節により混雑の具合に大きな差があり、インフルエンザや嘔吐下痢などの感染料が流行る冬場は夜間の受診が多くとても忙しいです。


でも、春や夏は比較的に空いていることが多く、夜勤帯は順番に休憩や仮眠をとることができますよ(´∀`*)


救急医療センターは、一般病院やクリニックの受診終了後の18時から翌日の8時30分までの開業となっています。


救急外来の夜勤看護師は、出勤時間を選択することができ、18時~8時30分のフル出勤、0時~8時30分や18時~0時の時短勤務など、出勤時間を選ぶことができるため都合に合わせて無理なく働くことができますよ。


救急医療センターの看護師に必須の看護スキルは、採血・点滴・注射・吸入・吸引・創傷処置・バイタルチェックなどです。


難しい看護ケアや医療処置はほとんどないので、救急外来の夜勤バイトが未経験の方でも安心して働くことができますよ(´∀`*)


高給な夜勤バイト.jpg




トップページ > 単発の看護師夜勤バイト > 看護師夜勤バイトの単発求人はダブルワークにおすすめ

副業や単発バイトにおすすめな看護師夜勤バイトについて紹介します。老健・老人ホーム・療養病棟など、日給3万円以上で副業や単発バイトが可能な職場について紹介しています。

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。