未経験でもできる!看護師夜勤バイトの仕事内容

介護施設の看護師夜勤バイト☆仕事内容について

pixta_17548159_S.jpg

介護施設の看護師夜勤バイトでの仕事内容について紹介します。


介護施設は、老人保健施設・有料老人ホーム・特別養護老人ホーム・老人病院・グループホームなどがありますが、それぞれの施設で看護師の役割や業務内容が異なります。


それは、それぞれの施設の役割があるからです。


老人保健施設の役割は、積極的な治療を終えて在宅復帰するまでの期間を過ごす場所とされており、自宅復帰を目標としている方が入所されています。


そのため、医療機関と在宅の中間地点にあり、介護ニーズ・医療ニーズの両方を満たす必要があるため、老健では医療行為や看護ケアの割合が他の介護施設よりも高くなっています。


入所者は要介護1以上の判定が要件となっており、重症度の高い方が入居されているケースが多いです。


有料老人ホームは企業などが運営していることが多く、入居者の要件が各施設によって幅があり、自立や要支援の段階でも利用できる施設もあります。


そのため、介護ニーズ・医療ニーズともに低い方の割合が高く、医療ニーズが高くなり積極的な治療が必要になった場合は医療機関へ入院となるケースが多いです。


一方、特別養護老人ホームは公的な機関あるため、入居要件が有料老人ホームよりも厳しく、自立や要介護認定では利用することができません。


特別養護老人ホームは、要介護認定を受けいている必要があるため介護ニーズが高い方が多く、看護師・介護士の業務は介護ケアが中心となることが多いです。


看護師の業務内容や業務量は、有料老人ホームよりも特別養護老人ホームの方が多く、重症度の高い方が多いため、ハードな勤務となることも多いです。


夜勤バイトを希望する方は、特別養護老人ホームよりも有料老人ホームの方が、好条件の求人が多くおすすめです。


看護師求人サイトのメディカルコンシェルジュなら、好条件の夜勤バイトが豊富ですよ(´∀`*)


未経験可の夜勤バイト.jpg



介護施設の看護師の役割

老健や老人ホームの看護師の役割は、入居者の健康管理と異常の早期発見です。


介護施設では介護ニーズが高い方が多いため、看護ケアよりも介護業務の割合が高くなり、日常生活援助が主な看護業務になります。


日常生活を通して異常の早期発見に努め、安心・安全に生活ができるように援助するのが看護師の役割です。




介護施設では医療行為が少ない

老健や老人ホームは、積極的な治療を行う施設ではないため、医療行為は最小限しか行いません。


急変や病状があったした場合は、転院となるケースが大半です。


老健は、医療機関と自宅との中間地点の役割があるため、医療ニーズ・介護ニーズともに高い方が多く、点滴・注射・採血などの看護ケアが必要です。


一方、老人ホームは自立・要観察の方でも入居できるため、介護ニーズ・医療ニーズともに低い方が多く、医療行為はほぼ必要ありません。


ただ最近は、自宅復帰できる方が少なく、老人ホームや老健が療養型病院の役割を果たすようになっています。


そのため、見取りまで含めた看護が必要となるケースが増えています。




介護施設の急変時対応

老健や老人ホームは、高齢者が中心の施設のため急変や病状の悪化が避けられません。


どちらの施設も医療機関ではないので、積極的な治療を行うことができないので、緊急時は協力医院や提携病院に搬送をし緊急受診をします。


看護師は、緊急受診や救急車要請の必要性を判断し、必要と判断したら受診や救急車要請の準備をしたり、受診の付き添いが業務範囲であれば付き添いを行います。


多くの介護施設では緊急受診や救急車搬送の際に看護師が同行していますが、施設によっては看護師ではなく介護士が同行することもあります。


緊急時の対応については各施設にマニュアルがあるので、事前に確認をしておくことをおすすめします(´∀`*)


介護施設では、高齢者が多くほとんどの入居者が基礎疾患や既往歴を持っており、冬場に体調を悪くする方が多いのが特徴です。


冬場は寒い時期で血圧が上がりやすく、狭心症や脳梗塞の既往がある方は再梗塞を起こしやすい時期ですし、免疫力が低下していることから肺炎やインフルエンザなどの感染症が重症化してしまうケースも多く見られます。


冬場の介護施設は抗生剤や補液の目的での点滴をしている方が多く、看護師は点滴の準備や更新に追われることが多いです。


老人ホームでも冬場は点滴管理をする方が増えるので、夜勤バイトをする看護師は、サーフローの留置や点滴管理は必須条件となります。


介護施設は、各施設によって急変時マニュアルが徹底している施設と、全く徹底されておらず急変時に誰が対応するのかを職員が把握していないケースに分かれます。


医療ミスや看護師の責任回避のためにも、しっかりと急変時マニュアルが作られている施設を選びたいですね!


看護師求人サイトのメディカルコンシェルジュは、職場の内部事情を事前にしっかりと調べてくれるので、求人選びに失敗することがありません。




介護施設では看護師と介護士の連携がポイント

介護施設では、医療ニーズよりも介護ニーズが高い方が多いため、看護師と介護士との連携がとても重要です。


看護師は、介護ケアを通して異常の早期発見に努めたり、介護士からの相談や報告を受けて状態悪化の有無を早期に発見できるように努めます。


介護士は介護を通して普段と違う様子が見られたら看護師に報告や相談をすることになりますが、看護師から見て普段と違う様子が見られていたら、介護士には注意して観察するように依頼することになります。


でも、看護師と介護士の連携がしっかり取れていないと、お互いが報告や相談をすることが少なく、異常の早期発見ができなかったり、より良い看護や介護の提供ができなくなってしまいます。


以前に比べると、療養型病院が対象であるような医療ニーズの高い方が、老健や老人ホームに流れてきており、介護施設で医療ケアを行う割合が増えてきています


介護施設は看護師の人数よりも介護士の人数の方が圧倒的に多いので、看護師と介護士がしっかりと連携を取らなければ、病状の悪化を早期に発見することができず、安心・安全な療養生活が送れなくなってしまいます。


看護師は介護士とコミュニケーションを取るためにも、注意して欲しいポイントや観察して欲しいポイントをしっかりと伝え、常に声かけを心掛けるようにしましょう(´∀`*)


未経験可の夜勤バイト.jpg



病棟やクリニックの看護師夜勤バイト☆仕事内容について


pixta_5080685_S.jpg

一般病院の病棟やクリニックでの看護師夜勤バイトの仕事内容について紹介します。


一般病院や有床クリニックは医療機関であるため、積極的な医療行為を行うことが多く、夜勤バイトの看護師は経験者を優遇することが多いです。


一般病院や有床クリニックでの夜勤バイトは、経験者が優遇されるので、未経験で夜勤バイトを希望する場合は介護施設の方がおすすめです。


一般病院や有床クリニックは単発での夜勤バイトが禁止されており、継続して夜勤を行う必要があります


一般病院や有床クリニックは単発夜勤バイトの募集がないので、単発で夜勤バイトを希望する場合は介護施設がおすすめです(´∀`*)


看護師求人サイトのメディカルコンシェルジュは、看護師単発夜勤バイトの求人が豊富で、日給3万円~4万円の好条件求人がたくさん見つかりますよ(´∀`*)


クリニックの夜勤バイトはこちら.jpg



病棟やクリニックでは医療行為が多い

一般病院や有床クリニックは治療がメインの医療機関なので、医療行為が多い職場です。


難しい看護ケア、オペ前後の看護、急性期看護、ターミナル看護など、各病棟により看護師の業務内容や役割は異なりますが、医療機関は医療行為が多いのは避けられません。


ブランクが長く復帰に不安がある方は、一般病院の病棟や有床クリニックでは慣れるまでは大変かもしれませんね。


医療現場では日々、新しい治療や技術が導入され、次々と新しい薬剤や点滴・注射などが導入されており、現場の看護師は常に勉強をしていなければ仕事についていけません。


休日でも勉強会やセミナーに参加するのは、医療機関の看護師には必要なことですね。


夜勤バイトでも、一般病院の病棟や有床クリニックでは難しい看護ケアや看護技術が必要であることが多いです。


医療行為には、呼吸器の扱い・ドレーン管理・酸素管理・オペ後の管理など難しい業務が多く含まれます。


副業で夜勤バイトをする場合は、本業に支障が出ないためにも、医療行為が多く精神的な負担が大きな医療機関よりも、医療行為が少ない介護施設での夜勤バイトの方が本業への支障が少なくなります。


夜勤専従バイトを希望する場合は、一般病院の病棟や有床クリニックでの夜勤バイトは高額求人が多く、短期間で効率よく稼ぐことができるのでおすすめです(´∀`*)




病棟やクリニックは積極的な治療を行う場所

病棟やクリニックは積極的な治療を行う場所です。


介護施設では、入居の際に急変時の対応について希望をとりますが、ほとんどの方は急変時には積極的な治療は望まないという方が多く、医療機関では急変時にできる限りの治療を希望される方が多いのです。


急変時に、酸素投与・気管切開・呼吸器装着など、フルコースでの急変時対応をするケースが多く、一般病院の看護師は急変時にはスピーディに業務がこなせることが望まます。


一般病院や有床クリニックでは、重症度の高い患者が多いので、急変やステルベンは介護施設に比べて多いです。


一般病院や有床クリニックの夜勤は、急変時対応の機会が多いので、急変時マニュアルを事前にしっかりと確認して、スピーディに治療が行えるようにすると良いですね(´∀`*)




病棟やクリニックでは全くの未経験での夜勤は難しい

一般病院では受け持ち看護制としている病院が多く、患者の経過や治療方針を踏まえて看護を行う必要があるため、未経験での夜勤は難しいです。


また、一般病院や有床クリニックは医療行為が多く、経験がなければ判断が難しい場面が多いため、全くの未経験で夜勤バイトに入るのは難しいと言えます。


夜勤バイトの看護師は、職場によってはマンツーマンでサポート係や教育係をつけてくれることもありますが、新人ナースのようにプリサプター制ととっている職場はほぼありません。


また夜勤バイトに入る場合は、事前に慣らし日勤がある職場と、日勤は一切入ることがない場合があり、夜勤業務をしながら業務内容や業務の流れを覚えなければならないので、全くの未経験者では難しいと言えます。




医療機関での夜勤単発求人は違法!?

一般病院や有床クリニックのように積極的な治療を行う施設では、単発での求人募集は違法となっています。


医療機関では積極的な治療が行われ、看護師にも責任が求められますが、単発バイトの場合は責任の所在が定かではありません。


看護師が単発で働くのを許可している機関は、介護施設に限定されています。


また、看護師は労働基本法により月の夜勤回数や夜勤時間に制限があります。


例えば夜勤専従バイトの場合は、他の病棟看護師の負担を減らすという目的で導入された働き方であり、夜勤専従バイトを行うことで夜勤不可の看護師の役目を果たしているので、月の夜勤回数の制限は介助されます。


本来なら看護師の夜勤には72時間ルールが存在し、2交代制の職場なら夜勤が4回ほどしか入れないことになっていますが、夜勤専従バイトの場合は72時間ルールから除外されることになり、月に10回以上の夜勤バイトが可能になります。


夜勤バイトを希望する看護師の多くが給料アップ目的で働くので、夜勤回数を増やせば給料アップは確実になり、効率よく稼ぐことが出来ます。


高給な夜勤バイト.jpg



救急外来の看護師夜勤バイト☆仕事内容について


pixta_4995602_S.jpg

救急外来は大きく3つの種類に分かれます。


1次救急・2次救急・3次救急とあり、患者の状態によって受け入れ可能な施設が異なります。


1次から3次救急のうち、最も軽傷者が搬送されるのが1次救急で、自治体設置の救急医療センターや開業医が運営する夜間救急外来がこれにあたります。


1次救急は初期救急であり、緊急手術や緊急入院の必要がない方が対象であり、救急医療センターや夜間救急外来の看護師業務は難しい医療行為や看護ケアは必要がなく、救急が未経験の看護師であっても夜勤バイトが可能です。


2次救急は、入院施設があり24時間体制で急患の受け入れをしている施設で、緊急入院や緊急手術が可能な医療機関であり、2次救急外来での夜勤バイトでは高度な医療行為や看護ケアが必要なケースが多く、救急経験のある看護師が優遇されます。


3次救急は救命救急センターのことで、重症度が高く一刻も早く治療が必要と判断された患者が運ばれます。


ICUやCCUが併設され、緊急手術・緊急入院に対応しており、最新の医療機器の取り扱いや最新の治療法・オペ方法を熟知した看護師が優遇されます。


未経験でも可能な救急外来は、1次救急外来であり、夜勤バイトを希望するなら、救急医療センターや夜間救急外来などの求人がおすすめです。


看護師求人サイトのメディカルコンシェルジュなら、未経験可能な夜勤バイト求人がたくさん見つかりますよ(´∀`*)


救急外来の夜勤バイトはこちら.jpg



1次救急機関なら未経験でも夜勤が可能

救急外来には1次救急から3次救急まであり、それぞれ対象となる患者が異なります。


1次救急である救急医療センターや夜間救急外来は、高熱や家庭では処置が難しい怪我などの時に受診をします。


1次救急には入院施設はないため、外来診察のみで対応できる軽傷の患者が対象となり、1次救急の看護師の主な役割は診察の介助になります。


小児科・内科・外科を担当している救急医療センターが多く、それ以外の科(産婦人科・歯科・眼科・耳鼻科など)は輪番制をとっており、開業医が夜間対応をすることになっています。


救急医療センターの看護師は各科に複数おり、診察の介助を主に行う人、処置を主に行う人、患者の問診や呼び出しを主に行う人など、それぞれに役割があります。


救急医療センターは、日中の外来とそれほど変わりはなく、また最低限の医療機器しか設置されていないため、救急医療センターで対応できない方は2次救急のある医療機関に搬送されます。


そのため、1次救急では軽傷者の看護が基本であり、難しい治療や看護ケアは必要ありません。




2次救急・3次救急では未経験の夜勤は難しい

2次救急は、緊急手術や緊急入院に対応できる医療機関の救急外来であり、看護師は様々な科の疾患についての知識が必要であり、迅速な判断や対応が求められるため、全くの未経験で夜勤に入るのは危険です。


2次救急では、夜勤専従バイトの募集はありますが、夜勤単発バイトの募集は不可となっており、コンスタントに夜勤に入りたい人におすすめです。


3次救急は救急救命センターであり、最も難しい医療ケアや最新の医療機器を使った治療が行われています。


3次救急はハードワークであり、残業が多い職場が多いため、看護師の平均年齢が低いのが特徴であり、ほとんどが独身の20代ナースが中心となっています。


3次救急では即戦力が求められるため、経験者が優遇されます。


また、3次救急の夜勤求人では、夜勤専従バイトでの求人が中心で、夜勤単発バイトは不可となっており、バリバリと働いて効率よく稼ぎたい方におすすめです。


救急外来の夜勤バイトはこちら.jpg



看護師バイトに成功した看護師の秘密

しかし、看護師求人サイトを使えば、即日で高時給のバイト求人がみつかります! top-3.jpg
トップページ > 【単発・短期】の看護師夜勤バイト > 未経験でもできる!看護師夜勤バイトの仕事内容

未経験でも可能な看護師夜勤バイトについて紹介しています。介護施設・一般病院・クリニックなどの施設の特徴から、夜勤バイトの仕事内容や看護師の役割などを詳しく紹介します。

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。