看護師夜勤バイトの口コミ・体験談

老人保健施設の看護師夜勤単発バイト

pixta_5080685_S.jpg

私は副業OKの老健で月に2回の夜勤バイトをしています。


今の職場の前にも夜勤単発バイトで数箇所の介護施設を経験しましたが、介護系の職場は各施設によって当たり外れが激しいと思います。


施設によって看護師の扱いというか、看護師と介護士の力関係や人間関係が様々なんです・・・。


介護士が権力を握っているような職場では看護師の話なんて聞いてくれません。


看護師は看護業務に加えて介護業務も手伝って当たり前だと思っています。


もちろん、手が空いていれば介護業務も手伝いますが、老健は他の介護施設に比べて医療行為が多いので、特に冬場は多くの方が点滴をしているので、輸液の管理や更新で忙しく、介護業務を手伝う暇はありません。


そんな看護師の状況も知らずに、介護業務を手伝えないことにクレームを入れてきたり、あからさまな嫌がらせをしてくることもあります。


看護師と介護士の力関係や、看護師と介護士の人間関係が悪い職場はほとんどが、スタッフの人数が足りないハードな職場です。


忙しさからお互いイライラしたり、休憩や仮眠も取れないことで疲れやストレスが溜まってしまい、誰かの悪口を言ったり、嫌がらせをすることでストレスを発散させているんだと思います!


現在勤めている老健は、夜勤は看護師2人+介護士2人なので、十分な配置人数であり休憩や仮眠もしっかりと取ることが出来ます。


介護系の職場を選ぶなら、事前に職場の内部事情をしっかりと調べないと職場選びに失敗する可能性が高いと思いますよ(´;ω;`)


おすすめの夜勤バイトを見る.jpg



ダブルワーク可の老健で月2回の夜勤バイト

私は健診センターの派遣と老健の夜勤バイトを掛け持ちしています。


健診センターの派遣は週3~4日勤務なので、週末に老健の夜勤バイトを入れています。


副業を始めたのは給料アップのためですが、1つの職場で常勤でバリバリと働くつもりはありません・・・。


一度派遣を始めると派遣のメリットが大きくて、ストレス貯めてまで常勤になる必要もないかな?と思ってしまいます。


私は看護師派遣会社に登録をして派遣紹介をしてもらっているので、看護師夜勤バイトの給料も合わせて、年末には看護師派遣会社が代行して年末調整をしてくれます。


年末調整をしていれば確定申告をする必要がないし、面倒な税金関係の手続きを全て看護師派遣会社が代行してくれるから楽ですよ。




日給32,000円で満足!

今の職場は夜勤1回で32,000円の給料です!


以前勤めていた老健は夜勤1回27,000円だったので、日給5,000円アップは嬉しいです。


日給32,000円は、看護師夜勤バイトで特別高給というわけではありませんが、今の職場の環境を考えると、「こんなに楽で日給32,000円は有難い!」と思っています。


老健は、看護師の夜勤配置人数の定めが特にないため、各施設によって様々で、多くの施設では夜勤の看護師は1人体制となっています。


今の職場は夜勤は看護師2人体制なので、受け持ちも半分で済むし、急変やステルベンがあっても1人は手が空くのでナースコール対応も可能です。


以前勤めていた老健は看護師1人夜勤だったので、急変やステルベンがあった時は手が足りなくて、仮眠や休憩なんてとても取れない状況でした・・・。


夜間の看護師配置人数は求人選びで重要なポイントですね。


給料が高いという理由だけで職場選びをしてしまうと失敗することもあるので要注意ですよ(´;ω;`)




看護師と介護士の人間関係が重要

老健のような介護施設の夜勤バイトでは、看護師と介護士の人間関係が重要です!


私が以前勤めていた職場は、介護士が権力を握っていて、医療的な判断も看護師に確認することもなく勝手に処置したり、要注意の患者さんの情報を伝えても知らんぷりしたり、ナースコールが鳴っていても無視したり・・・本当に働きにくい職場でした。


以前の職場はスタッフがギリギリの職場で、介護士は複数のフロアを最少人数で担当していたので、疲れやストレスが相当溜まっていたんだと思います。


看護師も、夜勤は1人体制で2つのフロアを看護師1人で対応するので、受け持ち患者の人数が100人なんてことに・・・。


この状況では、何かトラブルがあったらとても対応できません!


今の職場は、1つのフロアに看護師2人+介護士2人がいるので、十分に目が行き届きます。


介護士の管理者が人間的にとても素敵な方で、医療的な面では看護師を信頼してくれているので、看護師からの話もしっかりと聞いて対処してくれます。


介護施設では、看護師の仕事と介護士の仕事が明確に分かれていない職場が多いため、看護師が看護業務に追われていても、介護士には看護師の負担が理解できないことが多いのです。


その結果「あの看護師は介護ケアを全然手伝わない!ムカつく!」となってしまうわけです・・・。


今の職場は、看護師と介護士のコミュニケーションがしっかり取れているのでとても働きやすいですよ!


職場の人間関係は、1人1人のスタッフに掛かる責任の重さ、業務の大変だに影響を受けます!


スタッフの配置人数にゆとりがある職場は、穏やかで人間関係が良好な職場が多いですよ!


看護師求人サイトなら、スタッフの配置人数や職場の人間関係を事前に調べることができるので、求人選びの失敗を防ぐことができますよ(´∀`*)




老健は意外と医療行為が多い・・・

老健は介護施設の中ではいちばん、医療行為が多い職場です!


介護施設は医療行為が少ないイメージがありますが、老健は看護ケアや医療行為が多いので、他の介護施設に比べて看護師の配置人数が多く設定されています。


老健は、医療機関と在宅との中間地点にあり、積極的な治療は不要だが在宅復帰は難しいという方が対象です。


そのため、医療ニーズ・介護ニーズともに大きい方が多く、医療行為が多くなりがちです。


ただ、老健は医療機関のように最新の医療機器や設備が整備されていないので、積極的な治療が必要になった段階で一般病院に転院となるケースが大半です。


最近では、老健で見取りやターミナル看護を希望される方が増えてきていますし、実際に老健で見取りを経験することもあります。


老健は想像よりも医療行為が多いので、ブランクが長い方や、全くの未経験の方は慣れるまでは少し大変かもしれませんね・・・。


老健では指導や教育体制が充実している施設が多いので、多くの職場では事前に研修を行うので、ブランクが長い方や未経験の方も安心してチャレンジできると思いますよ(´∀`*)




副業なら求人先を厳選しないと失敗する(´;ω;`)

副業で看護師夜勤バイトをするなら、職場選びは厳選しなければ失敗するケースが多いです!


副業の場合は本業に支障がないように、副業先はハードな職場は避けないと体力的にきついです・・・。


特に夜勤バイトの場合は16時間勤務と長いので、仮眠や休憩がしっかり取れる職場でなければ副業は難しいです。


私は以前に副業で老健を選んだ時は、あまりにハードでスタッフの入れ替わりが激しい職場を選んでしまい、1ヶ月も持ちませんでした。


今の職場は、看護師求人サイトを利用して事前に職場の様子をしっかりと確認してから選びました。


以前の失敗から、夜勤の看護師配置人数はとても重要で、職場の人間関係やハードワークの原因となっていることが多いので、事前に夜勤の看護師配置人数をチェックすることをおすすめします。


老健で夜勤看護師2人体制はとても充実していると思いますが、1フロアに看護師2人体制の老健は少ないと思うので、せめて1フロアに看護師1人体制の職場を選びましょう!


2フロアで看護師1人体制の職場だと、仮眠や休憩はほぼできないので、事前に要チェックですよ!


副業を成功させるポイントは、副業先の職場はなるべく楽な職場を選んだほうが良いです!


楽な職場は看護師1人1人の業務量が少ない職場とも言えます。


1人1人の業務量が少ない職場はほとんどが、夜間の看護師配置人数に余裕を持たせています。


副業を成功させるポイントは、夜間の看護師配置人数に余裕がある職場を探すことです!


看護師求人サイトなら、事前に職場の内部事情を詳しく調べてくれるので求人選びの失敗を防ぐことができますよ(´∀`*)




有料老人ホームで看護師夜勤単発バイト


pixta_13840419_S.jpg

私は有料老人ホームで夜勤単発バイトをしています。


私は副業なので、シフト完全自由の夜勤単発バイトを選びました。


普段は民間病院で常勤をしていますが、連休の時などに月2回の夜勤バイトをしています。


副業は給料アップが目的ですが、給料アップのために転職などは考えていません。


夜勤単発バイトの魅力は、1日限定の仕事なので気が楽ということと、大変ならいつでも辞めることができるという点です。

副業OKの夜勤バイト.jpg



ダブルワーク可の老人ホームで月1~2回夜勤

私は普段は常勤で働いているので、副業OKの夜勤バイトは安心感がありました。


本業の病院は民間病院は副業禁止規定は特にありませんが、何となく副業がバレるのって嫌だなと思います。


看護師求人サイトに登録して夜勤バイトを紹介して頂く時にマインナンバーの提示をしましたが、副業がバレるようなことはありません!


私は月に2回の夜勤なので月収は80,000円で、年収は96万円ほどなので所得税の徴収はありません。


そのため支給額と手取り額は同じです。


看護師求人サイトに登録しておけば、夜勤バイトの給料はまとめて年末調整を代行してくれます。


私は夜勤単発バイトなので、様々な職場に行き、その度に源泉徴収票が送られてくるので、年末に源泉徴収票をまとめて看護師求人サイトに提出すると、年末調整を代行してくれるので、面倒な手続きを自分でする必要がなく楽です(´∀`*)


もともと副業OKの求人というのも気が楽なポイントですよ!




日給40,000円で満足!

今の有料老人ホームは夜勤1回40,000円の給料です。


有料老人ホームの給料相場は2万円~3万円ほどなので、日給40,000円はとても高額だと思います!


介護系の施設は給料が安いというイメージを持っていましたが、最近は日給40,000円以上の求人も出てきましたし、介護系の職場であっても一般病院の日給と比べてそれほど大差がなくなってきました。


特に大手の企業が運営する有料老人ホームは日給が高く、40,000円以上の求人がたくさんありますよ!




看護師の業務範囲が明確な職場がおすすめ

有料老人ホームは、夜勤の看護師常駐の規定がないためオンコール体制としている施設が多いです。


有料老人ホームで24時間看護師が常駐している施設では、夜間帯の看護師業と介護士業務が明確になっている職場を選ぶのがポイントです。


それは、看護師の業務内容や業務範囲が明確でなければ、介護士との連携に支障が出るからです。


例えば急変があった時に、看護師はまず誰に連絡を入れるのか?介護士はどのような役割を担うのかが明確でなければミスにつながります。


救急搬送や緊急受診には誰が同行するのかなど、看護師と介護士の業務マニュアルがしっかりと作られた職場でなければ医療ミスに繋がる可能性があります。


看護師も介護士もお互いがそれぞれの役割を果たして、自分の業務範囲のことを責任持って行っていれば、看護師と介護士の連携が取れますし、スピーディに対処することができますよ。


有料老人ホームでは夜間は看護師1人体制の職場が大半なので、夜勤バイトに入る前には業務マニュアルに一通り目を通しておきたいですね(´∀`*)




老人ホームは急変時対応が意外と多い

老人ホームは重症度の高い入居者は少ないのですが、高齢者のための施設ということもあり、急変時対応が意外と多いです。


老人ホームは医療機関ではないので、医療機器は最小限しかありませんし、治療も最小限のことしかできません。


老人ホームでは積極的な治療が必要な方は一般病院に転院して頂くので、重症度の高い方はほぼいません。


でも、高齢者は基礎疾患や既往歴を持っているので急変の危険性は常にあります。


老人ホームでは2時間置きにラウンドに行きますが、ラウンドに行ってみたら亡くなっていた・・・というケースも時折あります。


老人ホームは急変時は提携医院や協力医院の医師に連絡をして、救急車の要請や緊急受診の必要性を看護師が判断します。


老人ホームの看護師夜勤バイトでは、緊急時の対応が看護師の重要な役割であり、スムーズに対応ができるように急変時マニュアルは事前に確認しておくことをおすすめします。




副業なら事前に職場の詳細を調べよう

老人ホームで副業の夜勤バイトをする時の注意点は、事前にしっかりと施設について調べておくということです。


老人ホームは、病院が運営するもの、企業が運営するもの、公的機関が運営するものなど種類がありますが、急変時のスピーディな対応となると病院が運営する老人ホームがいちばんスピーディに対応をしてもらえるので安心です。


企業が運営する老人ホームは次々と新規オープンしており、スタッフや施設も新しいと言う施設が増えています。


企業運営ということもあり、看護師の日給が高いのが魅力です。


公的機関が運営する老人ホームは特別養護老人ホームで、要介護1以上の判定がなければ入居することができないため、ADLが低く医療的ニーズも高い方が多く、有料老人ホームに比べると看護師業務が忙しい施設が多いです。


副業で夜勤バイトをするなら、事前に職場の人間関係や業務内容についてしっかり調べましょう!


副業をすれば給料アップは確実ですが、本業に支障をきたさないようにしなければ意味がありません!


看護師求人サイトなら、事前に職場の内部事情について詳しく調べてくれるので、求人選びの失敗を防いでくれますよ(´∀`*)


副業OKの夜勤バイト.jpg



療養病棟で看護師夜勤専従バイト


pixta_7236002_S.jpg

私はケアミックス病院の療養病棟で夜勤専従バイトをしています。


月に10回前後で夜勤に入っています。


以前はデイサービスの派遣と掛け持ちをしていましたが、今は夜勤バイトの回数を増やしたので派遣は辞めています。


ケアミックス病院は、慢性期・回復期・ターミナルなど様々なステージの患者さんがいる病院で、急性期のような慌ただしさや緊張感はそれほどありません。


ケアミックス病院は急性期病棟とは違い、入院日数が長い方が多いので、1人1人の患者さんとゆっくりと向き合えるのが魅力です!


ADLが低い方が多いので、夜勤帯は体向やおむつ交換、食事介助、トイレ介助など体を使う業務が多いですね。


高齢者が多いので急変やステルベンもありますが、フルコースで蘇生を希望する方は少なく自然な形でお見送りとなる方が多いです。


私は以前は急性期病棟で働いていて、常に急変や蘇生に怯えて精神的にきつかったので、療養病棟の穏やかな雰囲気は好きですね。


夜勤は看護師2人+看護助手1人または、看護師3人体制なので、それほどハードではありませんよ(´∀`*)


療養病棟の夜勤バイト.jpg



夜勤専従バイトで月10回の夜勤

療養病棟で月10回ほどの夜勤専従バイトをしています。


夜勤専従バイトは非常勤なので基本給やボーナスはないので、月10回の夜勤に入るなら夜勤専従常勤の方が給料は高くなります。


でも、夜勤専従常勤での募集は少なく、夜勤専従バイトやパートでの募集がほとんどです。


まずは夜勤専従バイトとしてスタートして、仕事に慣れて年休が発生する6ヶ月後くらいに夜勤専従常勤に変更するのが、いちばんスムーズかなと思います。


私も年休が発生したら夜勤専従常勤に変更したいと思っています。


夜勤専従常勤の場合は、バイトやパートよりもシフトの自由度が低くなります。


それは、他の病棟スタッフで夜勤のシフトが組めなかった日に夜勤専従の看護師を補充するので、夜勤専従常勤は休み希望を出すことは難しく、土日の夜勤入りの希望も難しいことが多いです。


土日なら家族に子供を預けて夜勤に入れるというママさんナースもいるので、土日に夜勤のシフトが組めないことは割と少ないと思います。


土日は入院や手術もないので、急性期病棟でも落ちつていることが多いので、夜勤入りなら土日が良いっていう方も多いですからね。




日給35,000円で満足!

療養病棟の夜勤バイトは病院によって日給の差が激しいです!


私は看護師求人サイトに登録して現在の職場を紹介してもらいましたが、他の療養病棟の夜勤バイトは日給30,000円以下の求人も多かったです。


現在の職場は日給35,000円なので、療養病棟の中では恵まれていると思います!


大学病院や総合病院では日給40,000円以上の求人もありましたが、経験者優遇ということと、残業が夜勤でも2時間ほどあると聞いて辞めました・・・。


給料が高ければその分ハードワークである可能性が高いので、給料が高いという理由だけで職場選びをするのは危険かな?と思います(´∀`*)




療養病棟は意外と医療行為が多い

療養病棟は積極的な治療をする病院ではないので重症度の高い方は少ないのですが、高齢者が多いので急変や状態悪化などは多く、医療行為は多い職場だと思います。


オペや難しい医療ケアが中心というわけではなく、輸液管理や日常生活援助などが中心の病棟です。


療養病棟はADLが低い方が多いので、夜勤帯は体向やおむつ交換が必要な方が多いです。


病床数は40床ですが、4人部屋の3つの部屋は完全に寝たきりの方の部屋となっており、ナースステーションの前に配置しています。


ナースステーションに近い部屋は、夜間不穏になる可能性が高く危険な方や、吸引が頻繁に必要な方、呼吸器や酸素管理が必要な方、モニター管理をしている方などが中心です。


寝たきりの方は頻回な吸引が必要な方が多いので、ナースステーション近くの部屋に入ってもらうことが多いです。


夜間は看護師3人で、1人はリーダー+フリー業務、後の2人で部屋持ちを担当します。


1人の受け持ち患者は20人ほどですが、状態が悪い方が複数いると、看護師3人配置でもキツイと感じる時もあります。


冬は状態悪化が続くことが多く、重症患者が複数いる状況が多いので、土日の看護師2人+看護助手1人の配置の時は、かなりハードです。


やはり、看護助手では看護ケアや医療行為は行えないので、せっかくナースコール対応をしてくれても、結局は看護師の対応が必要な要件がほとんどなので、看護師3人体制の方がありがたいなと感じます!


医療行為が多い職場では、夜間の看護師配置人数をしっかりチェック
したほうが職場選びの失敗を防ぐことができると思います(´∀`*)


おすすめの夜勤バイトを見る.jpg



救急外来で看護師夜勤バイト


pixta_2939204_S.jpg

私は救急医療センターで不定期の夜勤バイトをしています。


医療センターは病院やクリニックが閉まる18時過ぎから翌日の8時30分頃まで開所しています。


夜勤看護師の勤務時間は複数のパターンから選択できるようになっていて、私はパターンの中から選択ではなく、22時~8時30分という時間を自分で選択しました。


救急医療センターの夜勤看護師はバイトやパートの方が多いので、出勤時間は比較的に自由度が高いと思います。


複数の勤務パターンは、①18時~0時 ②0時~8時30分 ③18時~8時30分の3つのパターンで、自分の都合に合わせて勤務パターンを選択できます。


シフトの自由度が高いので、都合に合わせて働きやすいですし、バイトやパートが多い救急医療センターでは、出勤時間がそれぞれ異なるので、自分の勤務時間が終了したら帰るという感じで残業も出にくいのが魅力です(´∀`*)


救急医療センターは、1次救急で運ばれても診察後に入院やオペなどが必要になったら2次や3次の救急センターに移送するので、重要度の高い方は対象ではありません。


そのため、患者が集中する時期や時間もありますが、継続した看護は不要ですし、重症度の高い方はいないので難しい看護や医療行為も不要です。


未経験やブランクが長い方でも安心して働くことができる職場だと思います(´∀`*)


救急外来の夜勤バイトはこちら.jpg



救急医療センターで不定期バイト

救急医療センターは不定期の夜勤バイトも可能です。


バイトやパートの看護師が多いので、週2~3回の出勤の方も多く、常に複数の看護師がシフトに入るようにしているので、不定期の出勤でも可能です。


私は週に2~3回の夜勤バイトをしていて、出勤曜日はその週によって異なります。


救急医療センターでは一般病棟と同じように、前の月の後半に翌月分のシフトを作成するので、出勤の希望日を伝えればOKです。


救急医療センターは入院施設はないので、継続的な看護が費用のため、不定期の勤務でも特に困ることはありません。


今の職場は、週2回以上の出勤ができることが条件だったので、副業の看護師はいません。


週2回の夜勤となると副業だとちょっとキツイですよね。


副業なら月に2~3回の夜勤バイトくらいが体力的にも精神的にもちょうど良いと思います!


救急医療センターでは、副業OKの求人は少ないので、副業の方は事前にチェックすることをおすすめします。


副業をするなら、医療機関よりもシフトの自由度が高く副業OKの求人が多い介護施設の夜勤バイトがおすすめですよ(´∀`*)




時給2,200円はちょっと安い!?

e-center" style="text-align: center; display: block; margin: 0 auto 20px;" />

救急医療センターの時給は2,200円です。


夜勤手当は22時~5時の間しか加算されません。


2交代で日給40,000円の夜勤バイトなら、労働時間は16時間なので、時給換算すると2500円となります。


2交代の場合は拘束時間も長いので高給でも納得ですね。


2交代で日給30,000円の夜勤バイトなら、労働時間は16時間なので、時給換算すると1,875円でかなり安く感じますね・・・。


救急医療センターは時給2,000円前後の夜勤求人が多いので、給料面では恵まれているのかなと思います!


私は22時~8時30分の勤務で、10時間30分の労働で、途中で1時間の休憩があるので、実質9時間ほどの労働です。


時給2,200円×10.5時間=日給23,100円なので、月8回勤務で月給は184,800円です。


週2日の勤務のみで月給18万円強なら十分だと思います!


私は22時から出勤なので日中の時間は自由ですし、2交代ほど拘束時間は長くないですし、入院患者がいないのでトイレ介助や食事介助の必要もないので、業務はそれほど忙しいこともありません。




救急医療センターは医療行為は少ない!

救急医療センターは1次救急なので、夜間の急な高熱や家庭では処置が難しい怪我などをされた方が受診する施設で、入院やオペの施設はなく、重症度の高い方は対象ではありません


1次救急は自治体の救急医療センターや、個人病院の救急外来などがあり、私は自治体の救急医療センターで夜勤バイトをしています。


急病や交通事故などで救急車で搬送されることもありますが、医師の診察の後に入院や手術が必要だと判断されたら近隣の2次・3次救急センターに移送されます。


重症患者が来ても、救急医療センターには医療機器は最低限のものしかないので対応ができません。


冬はインフルエンザや嘔吐下痢などで受診される方が多く、インフルエンザ検査やラビアクタの注射などを行います。


嘔吐下痢で水分が取れていない状態の方や小さな子供の場合は点滴をすることが多いですが、小さな子供の点滴や採血はとても難しいので、どうしても点滴確保ができない時は医師に依頼することもありますが、基本は看護師が点滴も注射も行います。


吸入、レントゲン、怪我の消毒や処置など基本的な看護技術のみで対応できますよ。


救急医療センターと聞くと難しい医療行為が多いというイメージを持っている方が多いのですが、1次救命では実際にはそれほど緊急度の高い症状の方はいませんので、難しい医療処置も必要がありません


1次救急では入院施設がないので、継続が必要な治療は行わずに2次・3次救急センターに移送となるので、看護ケアや医療行為は基本的なものができれば問題はありません。


1次救急外来なら、全くの未経験やブランクナースでもチャレンジしてみるのも良いと思いますよ!


救急外来の夜勤バイトはこちら.jpg


看護師バイトに成功した看護師の秘密

しかし、看護師求人サイトを使えば、即日で高時給のバイト求人がみつかります! top-3.jpg
トップページ > 【単発・短期】の看護師夜勤バイト > 看護師夜勤バイトの口コミ・体験談

副業で看護師夜勤バイトをするなら介護施設の求人がおすすめです!日給3~4万円以上の高給求人の探し方について紹介します。

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。