看護師夜勤バイトと労働基準法について

看護師夜勤バイトの回数制限☆72時間ルール

pixta_5080685_S.jpg

看護師の夜勤の労働時間には制限があることをご存じでしょうか?


看護師の夜勤には72時間ルールという規則があり、高額の入院基本料を保証してもらうためには、ひと月に72時間以上の夜勤労働をすることができません。


これは、病棟の看護師の平均夜勤時間が72時間以内になるようにというルールで、看護師の夜勤負担を減らし労働環境を改善しようという目的でルール作りがされました。


また、72時間ルールは病院が国に請求できる入院基本料の額を左右するもので、72時間ルールを遵守している医療機関や施設では、国から高額の入院基本料を貰うことができるので、病院側は夜勤バイトや夜勤単発派遣のスタッフでもいいから欲しいというのが本音です。


どこの医療機関や施設でも夜勤に入れる看護師が不足している状況です。


日勤専従や時短勤務の看護師は確保できても、夜勤可の看護師は少ないのです。


そのため、多くの病院や施設では夜勤バイトや派遣の看護師を募集しています。


病院側は夜勤の看護師がいないと困るので、看護師夜勤バイトの給料相場は3~4万円ほどと高額です!


高給な夜勤バイト.jpg



72時間ルールが免除される職場

72時間ルールは、看護師の夜勤負担の軽減や労働環境の改善が目的ではありますが、病院側の入院基本料の額を決定するものとして重要なルールでもあります。


入院基本料を設定するためには医療機関である必要があるので、介護施設はこれに含まれません。


介護施設では入院基本料の設定ができないので、看護師の夜勤時間の制限は特にないため、施設によっては夜勤が月に10回以上になるケースもあります。


入院基本料を最高額で設定できるのは一般病棟であり、看護師の配置人数7:1、看護師の夜勤平均時間数72時間以内など、細かい条件を満たしている必要があります。


72時間ルールが免除される職場は、ICUやCCUなどの集中治療室で、患者2人に対して看護師1人を配置する義務があり、72時間ルールの縛りがあると看護師不足に拍車が掛かってしまい、治療に支障が出るという理由から72時間ルールが免除されています。


実際にICUやCCUがある医療機関は総合病院など大規模病院が多く、高度な看護や医療ケアが必要な職場であり、看護師の離職率が高いとも言われています。


スタッフの人数がギリギリという職場も多く、72時間ルールでは縛れないという切実な理由があります。。。




夜勤専従バイトなら72時間ルールが免除される

看護師の72時間ルールは夜勤専従常勤夜勤専従バイトでも免除されます。


72時間ルールは、看護師の夜勤負担を減らす目的で設定されたのですが、日勤専従や時短勤務の看護師が多い現状では、夜勤の看護師を確保することができませんよね?


その上、月に72時間までしか夜勤ができないとなると、3交代制の職場では準夜・深夜合わせて夜勤9回、2交代制の職場では4.5回しか夜勤に入れないことになります。


多くの職場では夜勤に入れる看護師が確保できずに、夜勤バイトや夜勤派遣で補っている状況です。


夜勤専従常勤や夜勤専従バイトは、夜勤の看護師不足を解消する目的で雇用されているので、72時間ルールから免除されます。


夜勤専従のスタッフを除いた看護師の平均の夜勤時間が72時間以内であれば条件クリアとなります。




夜勤専従バイトなら月10回以上の夜勤が可能

夜勤専従常勤や夜勤専従バイトの看護師は、月に10回以上の夜勤勤務が可能です。


2交代制の夜勤なら1回の夜勤の労働時間は16時間で2日分の労働時間に該当するので、月に1回の夜勤で20日分の出勤という扱いになります。


でも、月に20日勤務となると公休だけでは休みが足りなくなりますよね?


週休2日制または4週8日休制の職場が多いので、公休だけで10日間も確保できないのです。


夜勤専従バイトなら公休は関係ありませんが、夜勤専従常勤の場合は年休を使わなければ出勤日数が足りなくなってしまいます


そのため、夜勤専従常勤は年休が発生するまでは夜勤専従バイトやパートで働き、年休が発生したら夜勤専従常勤に変更するのが一般的です。


最初から夜勤専従常勤としての求人は少なく多くの求人は夜勤専従バイトとしての求人です。




夜勤の看護師配置人数について


pixta_11804890_S.jpg

夜勤の看護師配置人数は各病院や施設により異なります。


7:1看護、10:1看護、13:1看護、15:1看護など、様々な看護師配置基準があります。


施設の基準により夜勤の看護師配置人数が変わります。


急性期の一般病棟、集中治療室、一部の療養病棟などでは看護師の配置人数が多くなっています。


急性期病棟では医療ニーズが高い患者が中心であり、難しい医療ケアが必要となるため、夜間帯でも看護業務は多く、仮眠や休憩が取れないという職場も多いです。


慢性期や回復期の病棟や介護施設では医療ニーズが高い方は少ないので難しい医療ケアの必要はありませんが、介護業務が中心となることで体力的にハードな職場が多くなります。


夜間の看護師配置人数は、看護師3人以上が望ましいのが本音です。


看護師が3人いれば、急変が2件続いても対処できますし、相談や質問をするスタッフがいることで1人1人の看護師の責任が少なくなるので精神的な負担も軽減します。


おすすめの夜勤バイトを見る.jpg



介護施設では看護師1人での夜勤が多い

老健、老人ホームなどの介護施設では看護師の配置規定がないため、各施設によって看護師の配置人数が異なります。


老健は看護師2人体制の職場もありますが、2フロアを2人の看護師で対応するケースと、1フロアに2人の看護師が配置されているケースがあります。


1フロアに看護師2人体制の職場がいちばん楽で安心できます。


有料老人ホームや特別養護老人ホームは夜勤の看護師配置の義務がないため、24時間の常駐をしてない施設が多いです。


夜間帯も看護師を常駐している老人ホームは最近は増えてきましたが、割合ではまだ少数です。


老人ホームでは基本的に夜勤看護師は1人体制です。


1フロアに看護師1人+介護士2人というケースや、全フロアに看護師1人+介護士3人など、施設により差が大きく、ギリギリのスタッフで何とか回している職場が多いのが現実です・・・。




看護師1人の夜勤では仮眠や休憩が取れない!?

介護施設のように看護師1人体制の職場では、仮眠や休憩が取りにくい職場が多いです。


介護施設では夜間のナースコールが多く、介護士がコール対応をしてくれても、看護師が対応しなければならない用件が多いので、看護師の業務負担は多くなります。


看護師2人体制なら1人がナースコール対応をして、もう1人は他の業務を行うことができますが、看護師1人体制では全てを1人で行なわなければならないので、介護施設の夜勤は仮眠や休憩がしっかり取れる職場かどうか、事前にチェックすることをおすすめします!


看護師求人サイトなら、事前に場の内部事情職を調べてくれるので、仮眠や休憩の有無、夜勤の看護師配置人数、夜間の受け持ち患者の人数や業務内容などを確認すると、求人選びの失敗を防ぐことができますよ(´∀`*)




療養病棟では看護師2人での夜勤もある

療養病棟では7:1看護基準の病院もありますが、看護師配置人数が少ない病院もあります。


療養病棟では夜勤は看護師3人体制というケースと、夜勤は看護師2人体制のケースがあります。


療養病棟は積極的な治療をする病院ではなく、安全に安楽に日常生活が送れることを目標にしています。


療養病棟は医療ニーズが高い方よりも、介護ニーズが高い方が多く、日常生活援助が必要な方が多いので、夜間帯でも体向・おむつ交換などが欠かせません。


医療ニーズは低いのですが、医療機関なので体調不良の際には輸液の管理を行い、必要時は一般病院へ転院となるケースが多いです。




一般病棟では看護師3人での夜勤が多い

一般病棟では夜勤の看護師配置人数3人の職場が多いです。


病院によっては7:1看護の病院であっても、土日祝日の夜勤入りや夜勤明けでは、看護師2人+看護助手1人の体制の職場もあります。


土日祝日は入院や手術、検査がないので、土日祝日の夜勤入りや夜勤明けは楽な職場が多く、土日祝日の夜勤を希望する看護師も多いのです。


看護師3人体制と、看護師2人+看護助手1人では、同じ3人だからそれほど変わらないと思うかもしれませんが、看護助手は医療ケアが行えないので、夜勤でトラブルがあった時には看護師2人で対処することが多く、看護助手はお手伝い的な役割
しか行うことができません。


看護助手が積極的にナースコールに出てくれても、医療行為が必要な用件に関しては看護師が対処しなければならないので、看護助手は座って休憩をする余裕があっても、看護師には勤務中に座って記録をするという余裕はありません。。。


夜勤中に急変やステルベンなどイレギュラーなことが何もなければ、看護師2人+看護助手1人でも困りませんが、イレギュラーな出来事があると手が足りなくて対処が難しいので、夜勤では看護師3人体制の職場がベストですね(´∀`*)

おすすめの夜勤バイトを見る.jpg



副業で看護師夜勤バイトをするなら税金に注意!


pixta_13223214_S.jpg

看護師夜勤バイトをしている方は税金の申告はどうされてますか?


年収103万円以下では所得税など源泉徴収がないので、税金は掛かりません。


でも、副業で看護師夜勤バイトをしている場合は、本業の収入と合算されて税金額を修正するので、年末調整が必要になります。


年末調整を行っていれば確定申告の必要はありません。


副業をしていることを本業の職場に知らせていないなら、夜勤バイトの税金の申告はしっかりしなければ副業がバレてしまう可能性もあります。


公立病院・国立病院などに務める公務員の看護師は副業禁止規定があるため、副業がバレると解雇か厳重注意となるので副業は辞めておきましょう。


民間病院であれば副業禁止規定はありませんが、本業に支障が出るという理由で副業を推奨している病院はまずないので、内緒で副業をしている方が多くなりますよね。


看護師の副業を成功させるポイントは、本業に支障をきたさないレベルで働くということです(´∀`*)




副業ナースは確定申告が必要

看護師夜勤バイトをしている方で年収103万円以上の方や、副業の方は年末調整をして税金を納める必要があります。


看護師夜勤バイトは定期的に夜勤をしているケースと1日限定の単発夜勤をしているケースがあり、定期的に夜勤バイトをしている場合は月収に応じて源泉徴収されていますが、単発バイトでは源泉徴収がないため、年収に応じて年末調整をする必要があるのです。


副業の場合は、本業の年末調整は職場で代行してくれますが、夜勤バイトの給料は自分で確定申告をして税金の修正をしてもらう必要があります。


副業で働いている方は本業の給料と夜勤バイトの給料を合算して税金を修正するので、年末調整をし税金の追加支払いがあった場合は年度末までに支払いをしましょう。




看護師派遣会社に登録していれば年末調整を代行してくれる

看護師派遣会社に登録をしていれば、12月の時点で雇用契約のある看護師派遣会社で年末調整を代行してもらえます。


年末調整は、その年の1月から12月までに働いた分の源泉徴収票を提出し、税金が必要となったら年度末までに支払いをします。


例えば複数の看護師派遣会社に登録していると、どこの派遣会社に年末調整の代行をお願いすれば良いか分からなくなってしまいますが、12月の時点で雇用契約のある看護師派遣会社で年末調整を代行してもらいましょう。


複数の看護師派遣会社に登録し、いくつかの会社から派遣求人を紹介してもらうと、源泉徴収票は複数になるので、無くしてしまわないように注意しましょう!


年末調整は年に1回のことだけに書類の書き方が覚えられなかったり、自分1人ではどのように手続きをすれば良いのか分からないという方が多いので、看護師派遣会社が代行しえもらうと助かりますよね(´∀`*)




副業にはマイナンバーの提示が必須

副業で夜勤バイトをする時などはマイナンバーの提示が必須です。


看護師派遣会社に登録した場合は、看護師派遣会社にマイナンバーを提出します。


看護師派遣会社でマイナンバーの提示が必須なのは、年金や医療などの社会保障を受ける時にマイナンバーが必要となったり、確定申告書や届出書にマイナンバーを記入する必要があるからです。


税金の申告漏れがないようにという理由も当然ありますよね。




マイナンバーの提示で副業がバレる心配はない!

マイナンバーの提出で副業がバレるのでは?と不安に思っている方も多いのですが、マイナンバーを提出したからと言って副業がバレることはありません


マイナンバーは法令や条例で定められた行政手続にしか使えないので、マイナンバーを提出したからと言って、職場に密告をするということは不可能です。


また、マイナンバーの提出は看護師のためというよりも看護師派遣会社のために提出するとも言えます。


社会保障や税金に関する手続をマイナンバーを利用して行うので、事務手続きの際にマイナンバーが必要となるのです。


副業がもしバレるとしたら、看護師夜勤バイトを行い年収103万円以上の副収入があったのに年末調整や確定申告を行わなかった時などに、本業の職場に連絡がいってしまう可能性があるのです。


税金は本業+副業の合算の年収に対してかかるので、副業で夜勤バイトをしているのに年末調整や確定申告を行なわなければ税金額の修正ができないので、本業の職場に連絡が入る可能性があります。


看護師派遣会社なら面倒くさい年末調整を代行してくれるので安心ですよ(´∀`*)


おすすめの夜勤バイトを見る.jpg



看護師バイトに成功した看護師の秘密

しかし、看護師求人サイトを使えば、即日で高時給のバイト求人がみつかります! top-3.jpg
トップページ > 【単発・短期】の看護師夜勤バイト > 看護師夜勤バイトと労働基準法について

看護師夜勤バイトと労働基準法について詳しく紹介しています。夜勤の72時間ルールや、夜勤回数制限について説明します。また、マイナンバー提示義務や税金関係について説明します。

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。