働き方で選ぶ看護師夜勤バイト

1日限定の夜勤単発派遣☆看護師のスポット派遣

pixta_5080685_S.jpg

1日限定の看護師単発夜勤バイトについて紹介します。


1日限定の単発派遣の求人では、医療機関への派遣は禁止されています。


1日限定の単発夜勤バイトを希望するなら、老健や老人ホームなどの介護施設の求人を探しましょう!


単発夜勤バイト.jpg



単発派遣は医療機関は禁止って本当!?

1日限定の単発派遣の求人では、医療機関への派遣を禁止しています。


労働者派遣法では、看護師の派遣先の制限をしています。


それは、1日限定での仕事をした時にデメリットが大きいと判断しているからだと言えます。


医療機関は継続看護が必要な場所であり、専門的な知識やスキルが必要とされます。


1日限定の単発派遣の看護師を派遣しても、スムーズに業務に入るのも難しいですが、継続看護ができませんし、専門的な医療行為や看護ケアができないと医療ミスに繋がる危険もあります。


看護師にとっても患者にとってもデメリットが大きいですよね。


医療機関で夜勤バイトを希望する場合は、定期的に夜勤に入るか、不定期でも週に1回などコンスタントに夜勤に入る必要があります。


医療機関の場合は、介護施設に比べて夜勤の看護師配置人数が多いので、夜勤看護師が不足することが多く夜勤バイトできる看護師を募集していますが、夜勤のシフトが組めない時に夜勤に入って欲しいので、シフトの自由度は低いです。


その点、介護施設の夜勤バイトはシフトの自由度が高く、働きたい時だけ働くことができますよ(´∀`*)




夜勤単発派遣が可能なのは介護施設だけ

1日限定の夜勤単発派遣は介護施設への派遣を認めています。


介護施設には、老人保健施設・有料老人ホーム・特別養護老人ホーム・グループホームなどがあります。


介護施設では1日限定の単発派遣可としている理由は、慢性的な看護師不足が大きいです。


介護施設では常勤看護師の割合が低く、バイトやパートの非常勤や派遣看護師の割合が高く、夜勤看護師を確保するのが難しい職場が多いのです。


また、介護施設は積極的な治療は行わないので、継続看護である必要はありませんし、高度な医療ケアや看護ケアは不要のため、1日限定の看護師でもスムーズに業務に入ることができます(´∀`*)


介護施設では医療ニーズの高い方は少なく、介護ニーズの高い方が中心であり、主な看護業務は健康管理や異常の早期発見なのですが、介護施設では日常生活援助が業務のかなりの割合を占めています。


介護施設では日常生活援助が主な業務となるため、未経験やブランクが長い看護師でも安心して働くことができますよ(´∀`*)




副業ナースには夜勤単発バイトがおすすめ


pixta_13840419_S.jpg

副業ナースは、本業と副業の両立が成功のポイントです!


多くの副業ナースは給料アップのために副業をスタートしますが、深く考えずに職場選びをしてしまい、続かないと言う方が多いです。


副業ナースの職場選びのポイントについて詳しく紹介します。


副業OKの夜勤バイト.jpg



副業におすすめの夜勤バイト☆有料老人ホーム

看護師の副業におすすめなのが有料老人ホームの夜勤バイトです。


有料老人ホームは、夜間の看護師常駐の義務はないので、施設によってはオンコール体制としていることもあり、オンコール体制の職場では夜勤バイトの求人はありません。


24時間看護師が常駐している有料老人ホームでは、夜勤バイトの求人があります。


有料老人ホームは企業が運営しーているケースが多いため、設備や室内はとても豪華でサービスが徹底しています。


一方、特別養護老人ホームは公的な機関なので、新規オープンは少なく、既存の設備で華美なものはあまり見られません。


企業が運営する有料老人ホームは、スタッフへの待遇もよく、看護師夜勤バイトの日給は3~4万円で高額です!


有料老人ホームの夜勤バイトがおすすめな理由は、シフトの自由度が高くー、働きたい時に働けると言う点です。


副業ナースは本業が休みの時に合わせてバイトのシフトを入れるので、シフトの自由度が高い求人でなければ続けることができません。


有料老人ホームなら、好きな時に好きなだけ仕事を入れることができるので、「今月は金欠でピンチ!」なんて言う時でも、目標金額の分だけ夜勤バイトを増やすことができますよ(´∀`*)




副業におすすめの夜勤バイト☆老健

老人保健施設=老健も、看護師の副業におすすめの職場です。


老健は、一般病院と在宅との中間地点にあるため、医療ニーズ・介護ニーズともに高い方が多く、看護ケア・介護ケアの両面のサポートが必要です。


老健は夜間帯であっても、点滴更新、内服薬の準備と内服確認、吸引など医療面のサポートが必要であり、介護施設の中ではいちばん医療行為が多い職場です。


医療行為が多い職場ではありますが、基本的な看護や医療行為ができれば問題はないので、未経験やブランクナースでも安心して働くことができますよ(´∀`*)


老健の夜勤バイトは日給30,000円前後の求人が多く、介護施設の夜勤バイトの日給相場は2~3万円なので、日給30,000円の求人ならOKだと思います!


副業OKの夜勤バイト.jpg



3交代と2交代どっちが良い?夜勤ローテーションについて


pixta_13840419_S.jpg

看護師夜勤バイトには2交代制と3交代制がありますが、どちらの働き方にもメリット・デメリットがあります。


効率よく稼ぎたいなら2交代制の夜勤の方が短期間で稼ぐことができますし、1回の労働時間を短くして無理なく働きたいなら3交代制の夜勤の方が向いていると言えます。


ライフスタイルや、夜勤バイトをする目的などを考えて、2交代と3交代どちらのローテーションが自分に合っているのか考えてみると良いですね(´∀`*)


おすすめの夜勤バイトを見る.jpg



3交代のメリット

3交代の夜勤は、公立や国立病院で多く見られる働き方です。


最近は3交代制から2交代制に移行したり、3交代と2交代を希望性にしたりと、働き方が変わってきています。


3交代夜勤のメリットは、1回の勤務時間が短いので体力的に楽と言うことです。


3交代では1回の勤務時間は8時間なので、2交代制の16時間の夜勤に比べると体力的に楽です。


2交代制では長時間労働のため仮眠や休憩がないと朝まで体が持ちませんが、3交代制なら仮眠や休憩が取れなくても大丈夫です!


体力的にも楽ですし、精神的にも楽なのが3交代制の夜勤です(´∀`*)




3交代のデメリット

3交代のローテーションは、「日勤+深夜勤+準夜勤+休み」を1セットとしてシフトを組んでいることが多いのですが、スタッフがギリギリの職場では「日勤+深夜勤+深夜勤+準夜勤+日勤」のように、夜勤が連続するローテーションを余儀なくされることもあります。


3交代制では、深夜勤が2回3回と連続すると完全に昼夜逆転してしまい、体調管理が難しくなります。


また、準夜勤の翌日が日勤と言うローテーションも、準夜勤が終わるのが1時ころなので、帰宅して寝るのは2時過ぎると思いますが、その日の8時にはまた出勤しなければならないので、ほとんど休むことができません。


準夜で疲れて帰ってきてまた数時間後に病院に戻らなければならないと思うと憂鬱になりますし、寝坊したらどうしようと思い疲れているのに寝付くことができません・・・。


3交代制の職場の場合は、ローテーションの方法を事前に確認することをおすすめします。


病院によっては深夜入りの日は午後は年休を取らせたり、準夜勤の翌日は確実に休日にしたり、深夜勤の連続は禁止したりと工夫をしている職場もあります。


でもローテーションの規定は病院によって違うので、病院のローテーションについてや休日数平均夜勤回数などを事前に調べることをおすすめします(´∀`*)


看護師求人サイトなら病院の内部事情を調べてくれるので、求人選びの失敗を防ぐことができますよ!




2交代のメリット

2交代のメリットは短期間で効率よく稼げることです。


2交代制のローテーションでは、1回の勤務時間が16時間と長時間労働となります。


16時間労働だと2日分の出勤時間となるので、1回の出勤で2日間仕事をしたことになります。


夜勤をしている看護師は夜勤が辛いと言うよりも、夜勤入りの時がいちばん憂鬱じゃないですか?


「今から夜勤か~。嫌だな~。」と夜勤入りの時は憂鬱になりますよね。


2交代制の場合は、1回の出勤で2日分の労働になるので、夜勤入りの回数は3交代制の半分で済みます。


夜勤入りの憂鬱な気持ちになることが減るし、1回の出勤で2日分の給料を稼ぐので効率も良いですよね(´∀`*)


2交代制の職場では仮眠・休憩を取ることができます。


看護師の労働環境改善に力を入れている病院なら、夜勤の看護師配置人数を増やしたり、仮眠・休憩時間を確保できるように夜勤業務を削減したりと工夫しています。


このように労働環境改善に取り組んでいる職場を選ぶことで、ストレスなく働くことが可能ですよ(´∀`*)




2交代のデメリット

夜勤帯に雑務の多い職場や、夜勤の看護師配置人数が少ない職場では、仮眠や休憩を取るのが難しいため、長時間労働なのに途中で休むことができず、夜勤が明けるころには眠気や疲れがピークで、夜勤明けは寝ないと体が持ちません。


せっかく長時間労働を終えて夜勤明けを有効に使いたいのに、仮眠や休憩が取れない職場では、蛍光(黄色)マーカー夜勤明けは寝て終わってしまうと言うケースが多いのです。


夜勤明けで長時間寝てしまうと、今度は夜に眠れなくなってしまって昼夜逆転から体調不良になってしまったら、体が怠くて疲れやすくなったりします。


2交代制の夜勤では、夜間の業務量が多い職場では仮眠・休憩がしっかり取れないと体力的・精神的にキツイです!


16時間働きっぱなしってかなり辛いですよね!?


夜勤の看護師は日中にできなかった仕事を夜間に終わらせると言う方も多く、せっかく休憩や仮眠が取れるのに、看護計画の作成や修正、サマリーの記入など、雑務に追われて結局休めないと言う方が多いです・・・。


夜間帯に雑務を抱え込むと言うことは、看護師1人1人の業務負担が大きすぎる職場と言う可能性が高いと言えます。


本来なら、日中で終わるはずの仕事を夜勤帯に持ち越さなければならないのは異常と言えます。


看護師の雑務が多い原因や、改善の工夫の有無など、なぜ夜勤で仮眠や休憩が取れないのか分からなければ労働改善はできません。


夜勤バイトを希望するなら、夜間は確実に休憩や仮眠が取れる職場を狙いましょう!


看護師求人サイトなら、職場の内部事情を調べてくれるので、夜間の仮眠や休憩の有無、夜間帯の看護業務、夜勤の平均残業時間などを調べてもらえば、職場選びの失敗を防ぐことができますよ(´∀`*)


おすすめの夜勤バイトを見る.jpg


蛍光(黄色)マーカー


夜勤単発バイトの求人は2交代の職場が多い


pixta_2346942_S.jpg


介護施設は2交代がメイン

介護施設のローテーションはほとんどが2交代制です。


介護施設では、もともとの看護師配置人数や介護士のスタッフ数が少ないので、3交代制にするとスタッフの確保ができないので、2交代制が主流となっています。


3交代制では、医療行為が多く責任が重い職場で働く看護師の精神的な負担を軽減すると言う目的もありますが、介護施設は医療行為も少ないですし、難しい看護ケアや専門性の高い医療ケアの提供などは行わないので、看護師1人1人に対する責任は少ないと言えます。


そのため、2交代制の長時間労働でも精神的な負担は少ないと言えます。




2交代のローテーションと夜勤回数

介護施設のローテーションは、夜勤の看護師の配置人数や、夜勤可能な看護師の人数などによって違います。


労働環境が整っていて働きやすい介護施設では看護師は常勤の割合が高いのですが、労働環境が整っていない職場は看護師の離職率が高く、非常勤の看護師の割合が高くなります。


非常勤の看護師は夜勤免除だったり、時短勤務だったりするので、夜勤不可のスタッフが多いのです。


夜勤不可のスタッフが多いほど、夜勤が可能な看護師の夜勤回数が増えてしまいます。


私が以前勤めてた老健では、2交代制で夜勤は月に10回ほどあり、月の半分以上は夜勤と言うシフトで、常に体が疲れていて日中も眠くて仕方がなかったです。


また、常にスタッフ不足の職場だったので、夜勤が3回連続したり、公休もまともに休めないなど、最悪な労働環境でした。


2交代制の職場では、4~6回ほどの職場が多いのではないでしょうか?


夜勤明けは休日や連休をつけてくれると言う職場も多いですね。


シフトを作るのは師長か主任なので、上司の人柄や人間性によって、無理の多いシフトになるか、スタッフ全員が平等なシフトになるかが決まります。


以前の職場では、主任がシフト表を作っていましたが、自分は年休で3~4連休を取っているのに、他のスタッフは連休なし、夜勤10回以上と言う全く平等とは言えないシフトでした!


介護施設では、各施設によって当たり外れが大きいので、事前に職場の内部事情をしっかり調べることをおすすめします。


看護師求人サイトでは、現役の看護師の声を参考に、病院の内部事情を詳しく調べてくれるので、職場選びの失敗を防ぐことができますよ(´∀`*)




2交代の夜勤入り・夜勤明けの過ごし方

2交代制では夜勤入りは16時30分頃、夜勤明けは8時頃と言う職場が多いですね。


2交代制の場合は夜勤入りの前日が日勤だった場合は、日勤終わりから夜勤入りの16時30分まで時間が空くので、プライベートな時間をしっかり確保することができます。


3交代の場合は、日勤と深夜入り、深夜明けと準夜入りがセットになっているので、プライベートの時間が確保しにくいのがネックです。


でも、2交代制の場合は勤務と勤務の間が空くので、プライベートの時間を確保でき、仕事とプライベートの両立が可能です。


仮眠や休憩がしっかり取れる職場では、夜勤入りの日も普段通りに生活できます。


家庭のある方なら食事の準備や、掃除や洗濯などの家事を、夜勤入りまでの時間に終わらせると言う方が多く、蛍光(黄色)マーカーですね。


2交代制のローテーションなら、3交代のように出勤時間が深夜帯だったり、夜勤明けが夜中だったりと言う不規則なシフトではないので、無理なく仕事を続けることができますよ。


また、2交代制の夜勤明けは、仮眠や休憩がしっかり取れる職場なら夜勤明けで寝ないと体が持たないと言うことはありません。


私は夜勤明けは普段通りに過ごしていました、


買い物に行ったり、平日の昼間ならどこに行っても空いているのでカフェに入ってみたり、1人の時間をたっぷり楽しんでいます。


夜勤明けの翌日が休みなら2連休のような感覚で、のんびりプライベートの時間を過ごすことができますし、仮眠や休憩がしっかり取れていれば夜勤明けでもそれほど眠くないので、好きなことをして過ごすことができますよ!


おすすめの夜勤バイトを見る.jpg



医療機関は3交代のシフトが多い


pixta_4995602_S.jpg

大学病院や総合病院など大規模な医療機関は3交代制のシフトが多いですね。


総合病院の中でも公立や国立病院は3交代制のシフトの病院が多いです。


公立や国立病院は常勤の看護師数が多いので3交代制のシフトでもスタッフの確保をすることができますが、民間病院のように看護師の人数に余裕がない医療機関では2交代制のシフトにしている医療機関が多いですね。


最近は2交代制の職場が増えていますが、以前は看護師のシフトは3交代制が主流でしたよね。


でも、夜勤時間の制限を規定した72時間ルールの設定などにより、2交代制の職場が増えて行きました。


夜勤可能な看護師が少ない職場では、夜勤可能な看護師の夜勤回数が多くなってしまうので、夜勤専従バイトや夜勤単発派遣のスタッフで補充しているケースも多いですね。


夜勤専従のスタッフなら72時間ルールは除外されるので、夜勤回数が多いスタッフがいても問題はありません。


各職場により夜勤のローテーションや働きやすさが異なるので、夜勤バイトを希望している方は事前に職場の内部事情を調べることをおすすめします。


おすすめの夜勤バイトを見る.jpg



3交代と2交代を選択できる職場もある

職場によっては3交代制と2交代制を選択できるケースもあります。


ICUやCCUなどでは3交代制の職場が大半ですが、一般病棟では2交代制と3交代制の働きやすさはその人のライフスタイルによって違います。


ママさんナースで子供を家族に預けて夜勤をしている方なら、16時間も子供を預けるのは難しいから3交代制を希望すると言う方もいますし、週末なら時間があるので2交代制の職場で効率よくまとめて働きたいから2交代が良いと言う人もいます。


その人のライフスタイルや、なぜ夜勤バイトをするのかと言う理由によって働きやすいローテーションは変わってきます。


副業の場合は特に、夜勤バイトは想像以上にハードなので、コンスタントに夜勤バイトを続けるなら、無理なく働ける職場を選ばなければ続きません!


副業の場合は、本業に支障をきたさないように副業をするのが鉄則なので、副業の職場はストレスなく働ける職場を選ばないと続けられません。


ストレスなく働くためには、2交代制と3交代制のどちらが自分のライフスタイルや希望に合っているのか、よく考えて選びたいですね!


看護師求人サイトでは、働きやすい職場探しや、ライフスタイルや希望に合わせた求人探しができますよ(´∀`*)




3交代では体が休まらない

3交代制のシフトは勤務時間が短いので楽なイメージがありますが、実際はそんなことはありません。


夜勤が辛いのは労働時間が長いから辛いのではなく、不規則なシフトが辛いんですよね!?


3交代の場合は、準夜勤と深夜勤があるので、出勤時間がそれぞれ異なり、終了時間もそれぞれ違います。


そのため、一定のリズムで生活をすることができないので、生活リズムが崩れます。


不規則な生活が続くと、不眠症やうつになりやすいと言われています。


また、日光に当たらない生活をしていると体内時計が乱れ、健康維持が出来なくなり風邪を引きやすくなったり、女性なら生理不順や肌荒れなどホルモンバランスの乱れが起こる可能性があります。


不起訴な勤務で生活リズムが乱れるのを防ぐためには、一定の生活リズムを送るようにして、日光に当たる時間を作ることが大事です!


日中は起きて、夜間は休息と取ると言う、自然な暮らしをすることで健康維持ができるわけですね。


2交代制の夜勤なら、夜勤入りや夜勤明けの時間は毎回同じなので生活リズムは乱れません。


また、仮眠や休憩をしっかり取れる職場で働けば夜勤中に体を休めることができるので、夜勤明けでも起きて普段通りに過ごすことができ、日光を浴びた普通の生活をすることができますよ。


3交代制では不規則なので、体が休まらず、長く続けていると健康維持や健康管理が難しくなってしまいます・・・。


夜勤バイトを希望するなら、仮眠や休憩がしっかり取れる2交代制の職場を選びましょう!




看護師バイトに成功した看護師の秘密

しかし、看護師求人サイトを使えば、即日で高時給のバイト求人がみつかります! top-3.jpg
トップページ > 【単発・短期】の看護師夜勤バイト > 働き方で選ぶ看護師夜勤バイト

1日限定の単発夜勤求人は、医療機関への派遣を禁止しています。1日限定の夜勤派遣なら、介護施設の求人がおすすめです。介護施設の夜勤単発求人はシフトの自由度が高いため、副業ナースでもストレスなく働くことができます。

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。