ツアーナースで看護師単発バイト☆特別支援学校の体験教室の付添

pixta_4889151_S.jpg

先日、特別支援学校の体験教室の付添に行ってきました。


私は、本業は老人病院で常勤をしながら、副業でツアーナースの単発バイトをしています。


休みが比較的に多い職場なので、連休の時などに単発バイトを入れたりしています。


ツアーナースやイベントナースは何度も参加しています。


特別支援学校の体験教室で、2泊3日で神奈川県から山梨県の湖周辺に行ってきました。


今回は小学部の付添です。


特別支援学校は、肢体不自由で車いす利用の子供がいる学校と、知的障害や情緒障害など身体にはハンディのない子供の学校の2種類があります。


それ以外にも視覚障害のための盲学校、聴覚障害のための聾学校などがあります。


私が今回参加したのは、肢体不自由の子供が通う特別支援学校の体験学習です。


一般的な自然教室と言うと、山登りやハイキング、キャンプファイアーをしたりとアクティブな行事が多いのですが、車いす利用の子供がいるのでアウトドアは難しいですね。


どちらかと言うと、親元から離れて集団生活を学ぶと言う事がメインの行事です。


看護師は体調管理はもちろんの事、食事介助やトイレ介助、トランスなどを手伝います。


支援学校に通う子供の中には疾患があり内服が欠かせない子供も沢山います。


服薬を忘れたり時間がずれる事で症状が出てしまったり、病状が悪化してしまうケースもあるし、ちょっといつもと違う事や疲れる事をするとてんかん発作や痙攣発作が出てしまうなど敏感な子供が沢山います。


いつものツアーナースより気を使いますね。


でも、為になるし勉強になるな~と思う機会が多く、参加して良かったな~と思っています。


ツアーナースのメリットは自分が働きたい時だけ働く事が出来る事ですね。


シフトは自己申告制だし、時間が空いている時だけ仕事の予約を入れれば良いので、ダブルワークの方も多いですよ☆

(北海道 ツアー・イベント 28歳)

この記事をソーシャルメディアで友だちに共有しよう!

看護師バイトに成功した看護師の秘密

しかし、看護師求人サイトを使えば、即日で高時給のバイト求人がみつかります! top-3.jpg
トップページ > ツアーナース > ツアーナースで看護師単発バイト☆特別支援学校の体験教室の付添

特別支援学校の体験教室でのツアーナース体験談です。特別支援学校では肢体不自由の子供が多く、移動の介助やトイレ・食事の介助が必要なことが多く、ツアーナースのニーズが高いです。

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。