訪問看護師のなり手が少ないのはどうして??

houmon-kango-kiji6.jpg

病院で亡くなる方の割合は90%を優に超えて、ほとんどの方が病院で最期を迎えるのが当たり前の時代になってかなり経ちますよね?


自宅での看取りが最近は見直されており、在宅看護や在宅介護の環境整備が進んで来ました


とは言っても、そこで働くスタッフはニーズに対して極端に少なく、また定着しないと言うのが現実です。


訪問看護師が定着しないのはどうしてか??


訪問看護ステーションは、クリニックや介護系施設に比べて時給も高額です。


都心部だと時給マックス5000円と言う求人があります。


看護師バイトの平均時給は1500円前後なので、時給5000円はかなりの高待遇です!


でも、訪問看護師が増えません。


それは・・・在宅看護が浸透していなくて現場の看護師にもどんなものなのか分からないからと言う理由もあります・・・。


でもそれ以上に、在宅看護の難しさに直面して短期間で職場を去っていく方が実は多いのです。


特に未経験や新人だと辞めてしまう人が多いですね。


訪問看護ステーションの求人を選ぶ際には優しいだけの管理者がいる所では看護師を守れません。


訪問看護ステーションは病棟とは違い密室での仕事です。


看護師と患者または、看護師と家族の1対1の付き合いです。


部屋でどんなやり取りがあって、どのような対応をしたのかは誰にも分かりませんよね?


そのため、とてもトラブルが大きいんです!


クレームの嵐・・・と言うステーションもあります。


それは、管理者が看護師を守れない事で起きている事が多いです。


患者さんの言い分のみを信じて看護師を押さえつけるやり方では離職者が後を絶たないのも仕方がありません・・・。


これは管理者の力量によるものが大きく、訪問看護ステーションほど管理者の能力に左右される職場はないと思います!


私はバイトも含め、複数の訪問看護ステーションで働きましたが、管理者によってステーションの質は全く違います!


どんな患者さんでも受け入れよう!と言う熱い気持ちの管理者も良いのですが、他のステーションが受け入れ拒否のモンスターペイシャントを受け入れてトラブルが後を絶たない・・・そんな状況を沢山見てきました。


訪問看護ステーションは時給が高い!と言う理由で人気がありますが、たとえ時短勤務や非常勤での仕事であっても職場選びは慎重にした方が良いです!


経験年数や看護師何年目という条件が必要になってくるケースもあります。


訪問看護に強い看護師転職を相談したい人はコチラ

トップページ > 訪問看護のバイト > 訪問看護師のなり手が少ないのはどうして??

病院で亡くなる方の割合は90%を優に超えて、ほとんどの方が病院で最期を迎えるのが当たり前の時代にな...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。