保育園看護師の業務内容について

pixta_2346942_S.jpg

保育園記事1.jpg

保育園看護師は医療の知識を持った看護師としての役割以外にも、病気の早期発見や体調不良の早期発見、健康観察、健康管理などの役割もあります。


保育園では医療処置は基本的に行いません。


怪我や急病の時は病院での対応になり、看護師は病気や怪我の時に受診の必要があるのか?を判断する役割があります。


保育園は、突発的な怪我や病気以外にも、先天的な疾患を持っている子供のケアがあります。

保育園は健康な子供ばかりではありません。


保育園記事1-2.jpg


先天的な心疾患や、強いアレルギー、虚弱体質、酷い喘息、アトピー、てんかん発作などを持っている子供がいます。


障害児枠のある保育園では、内服が欠かせない子供や、医療的なケアが必要な子供もいます。


障害児枠のある保育園では、1学年に3人ほどの障害や病気を持った子どもがいます。


先天的に病気や障害があると、何かトラブルが起きた時にすぐに対応できるように、子供の疾患や病気の知識がないといけません。


例えば酷いアレルギーを持った子どもは、アレルギー除去食を食べていますが、体調があまり良くない時にたまたまアレルギーが起きる事があります。


口に入らなくても周りで食べている子供のものが触れてしまったり、何かのきっかけで強いアレルギーを起こすこともあります。


強いアレルギーでアナフィラキシーなどを起こした場合は救急車を待っている暇はありません。


私は今までそれほどひどいアレルギー発作は見た事はありませんが、実際に小学校などではアナフィラキシーショックで亡くなる児童が毎年いますよね。


担任や養護教諭がアレルギーがある事を認識していても、強いアレルギー発作で抑えられない悲しい出来事もあります。


最近の子供はアレルギーやアトピーを持っている割合が高いです。


喘息を持っている子供の場合は、冬は発作が出やすいですし、ちょっと体調不良の時などは発作が酷く出やすくなりますよね。


看護師は、子供1人1人の状態を把握して、何かトラブルがあった時はすぐに対処できるようにしておく必要があります。


小さな子供は調子が悪くても口で訴える事が出来ません。


気付いたらグッタリしていた・・・なんて事がないように、0歳児クラスは特に注意が必要です。


保育園記事1-3.jpg


子供をあやしたり、遊びながら子供の体調を把握したり、体調の管理をするのが保育園看護師の役割です。


厚生労働省のきまりで、各保育園に看護師1人はいると思います。


子供が好きな看護師にはとても癒される環境だと思いますよ☆


私は小児科でずっと常勤をしていて子供が大好きです!


いつも沢山の子供に囲まれて、普段の子供の行事にも参加させてもらって子供の成長を近くで見られて、やり甲斐もあるし、本当に楽しい仕事だな~と思いますね(#^.^#)


保育園のバイトナースの求人は、4月からスタートの求人が多く、1~3月頃はよく見かけますね。


保育園によって待遇が全く違いますし、園長や園のカラーによってかなり左右されるので、私は看護師求人サイトに登録して職場の様子を調べて貰いましたよ(´∀`)。

私は保育園ナースも、小児科ナースも全く経験がなかったので、看護師求人サイトを利用して職場の詳細が知れて良かったと思っています(^ω^)


(愛知県 保育園時短パート 36歳)

看護師バイトに成功した看護師の秘密

しかし、看護師求人サイトを使えば、即日で高時給のバイト求人がみつかります! top-3.jpg
トップページ > 保育園の看護師バイト > 保育園看護師の業務内容について

保育園ナースの業務内容について紹介しています。未経験・ブランクナース歓迎の理由についてまとめています。

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。