特別養護老人ホームで単発バイト☆看護師の役割とは

pixta_2939204_S.jpg

老人ホームには3つの種類があり、それぞれ「特別養護老人ホーム」「有料老人ホーム」「老人保健施設」に分かれています


それぞれ対象者が異なり、看護師の配置人数や業務内容も異なります。


特別養護老人ホームは介護保険法に基づいて介護保険が適応される介護サービスを提供する施設です。


私は特別養護老人ホーム(特養)でバイトをしています。


私は単発バイトを不定期でしているの、様々な種類の介護施設に行ったことがあります。


介護施設は一言で言うと、「施設によって差が激しい」です!

tokuyou-baito-kiji2.jpg

それは、施設によって看護業務の内容・職員の室・看護師の配置人数・介護士との関係・嘱託医との関係・給料・福利厚生などの待遇など、当たりハズレが大きいといえます。


とても恵まれた環境の職場もありますが、ほとんどの介護施設ではナース不足なので、ハズレの職場が多いのも現実です・・・。


特別養護老人ホームの入居資格は「介護保険の認定を受けていること」「介護度が3~5」であることが条件です。

tokuyou-baito-kiji3.jpg
介護度が3~5となるとADLの低く介護ニーズが高い方が対象であり、重症度が高い方が多いのが特徴です。


入所者は65歳以上と高齢の方が対象なので、ほとんどの方が基礎疾患をもっており、介護ニーズが高いので、看護ケアが必要な方が多いのです。

tokuyou-baito-kiji4.jpg

特別養護老人ホームはドクターは常駐しておらず嘱託という形をとっています


ホーム内での入居者の健康観察・健康管理は看護師の役目であり、容態の変化や悪化があった場合は、受診の必要性の有無を看護師が判断し、受診先の病院への連絡やドクターへの連絡を行わなければなりません。


状態によっては頓服での対応が必要となったり、看護師に判断が委ねられる場面が多いです。

tokuyou-baito-kiji5.jpg

特養は看護師の配置人数が少ない(入居者33人に対して看護師1人)ので、他のスタッフに相談して対応を決めるということが難しく、経験を元に判断することになります


老人ホームの派遣も慣れてしまえばスムーズに対処できるのですが、慣れるまでは一般病棟との対応の違いに戸惑うと思います。


また、1人で判断して対応する事はとても責任が重いので、耐えられず辞めてしまうナースが多いのも現実です


老人ホームは医療行為は少なく、イレギュラーな出来事がなければ業務は楽で残業もありません。


でも、イレギュラーが事が起きたときには咄嗟に判断して対処しなければならないので、それがストレスになる方もいると思います。

tokuyou-baito-kiji6.jpg

どこの職場でも向き不向きがありますが、老人ホームは向き不向きが強い職場かな~と思います。


老人ホームは看護師のスタッフ不足が日常化していて、常勤ナースよりも非常勤ナースの方が割合が大きいため、非常勤ナースでも責任の重い仕事を任されることが多いのです。


また、常勤の看護スタッフが少ないため、職場の業務の流れや手技などの細かいマニュアルがなく、スタッフによってやり方が違う、暗黙の了解で何となく業務をこなしているという場面が少なからずあります。


このように、教育体制の整っていない職場で働くことは、医療ミスの原因となるので、できれば避けたいですし、看護師求人サイトでは職場の教育体制や指導体制について調べてくれるので参考になりますよ(´∀`)


バイトだからこそ、きちんと教育や指導の体制が整っている職場を探したいですし、メディカルコンシェルジュなら、評判の悪い職場の事情も、包み隠さずに教えてくれるので、事前にトラブルを避けることが出来ますよ!


ネット上の口コミだけでなく、看護師転職サイトに相談してみてください。


看護師バイトに強い看護師求人サイトランキングはこちら

看護師バイトに成功した看護師の秘密

しかし、看護師求人サイトを使えば、即日で高時給のバイト求人がみつかります! top-3.jpg
トップページ > 老人ホームの看護師バイト > 特別養護老人ホームで単発バイト☆看護師の役割とは

老人ホームには有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、老人保険施設の3種類がある。施設により業務内容や看護師の役割、必要なスキル・知識が異なるため、事前に職場の情報を確認したほうが良い。

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。