特別養護老人ホームと小規模多機能が併設された施設の実態

pixta_11575448_S.jpg


私は、当時、若くして離婚して病棟の看護師をシングルマザーをしながらなんとか働いていました。


体力的にも精神的にもきつくなってきた頃、新しい介護施設の立ち上げにともない、そこの理事長から声がかかり、とりあえず話だけでも聞いて欲しいということで、そのままとりあえず看護師バイトとして転職してしました。


そこは、特別養護老人ホームと小規模多機能が併設された施設でした。


特別養護老人ホームは、ナース2人の募集で、老健に比べると夜勤もないし、仕事内容も楽だということでした。


また、小規模多機能は主にデイサービスで、希望があれば泊まることも出来る施設で、こちらもまた看護師の仕事はそれほど難しいこともないし、お子さんとの時間を作ることができるので是非とのことでした。


もちろん、残業などないとのお話でした。


しかし、新規の施設ということで、バイトという身分にもかかわらずオープンまで毎日残業。


しかもサービス残業です。


子供の時間はなくなる一方でした。


オープンの頃に東北大震災もおき、東北であるこの地域も数日停電が続き、毎日みんな夜中、朝方まで残業でした。


震災が落ち着いた後は残業もないだろうと思っていたのですが。


小規模多機能の利用者が少ないため、特養の手伝いにまわり、受診やオンコール、結局残業ばかりです。


小規模多機能も、急変があれば看護師は1人しかいませんので、休日も出勤し状態をみて搬送や付き添い、サマリーを作って届けたりと多忙でした。


残業はほとんどないと言われたのにもかかわらず、毎日いかに時間通りに終わらせて帰るか必死に働いていました。


新規の施設となれば、周りの口コミもありませんし、求人表に記載もされません。


私のように、シングルマザーで育児中の人には、そういった職場はたとえ病院に比べて仕事も楽で残業も少ないと言われる介護施設であっても、看護師が1人しか常在しないようなところは大変だなと思いました。


ちなみに、隣の特養にも私と同じ歳の子どもがいる看護師がいますが、聞いていた話と違うと悩まれておりました。


看護師バイトなので、しばらくして別の病院に復帰しましたが、これが常勤だったらこんな簡単に辞めることはできなかったと思います。


一概に介護施設だから病院より楽ということはないのですね。

看護師バイトに成功した看護師の秘密

しかし、看護師求人サイトを使えば、即日で高時給のバイト求人がみつかります! top-3.jpg
トップページ > 老人ホームの看護師バイト > 特別養護老人ホームと小規模多機能が併設された施設の実態

私は、当時、若くして離婚して病棟の看護師をシングルマザーをしながらなんとか働いていました。 体力的...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。