看護rooでクリニックのバイトを探してみました。

pixta_9803827_S.jpg


病院のナースというと、やはり第一線でバリバリに働いている看護師さん、という感じがありますね。


クリニックは、それに比べるとゆっくりとしたイメージがありますから、ママさんナースや年配の方が多いですね。


クリニックは実にいろいろな科があります、肝臓内科、呼吸器科、心臓外科、小児科、新生児科、精神科、脳神経外科などです。


患者さんも様々な症状があります。


クッシング症候群、褥瘡、ストーマ、心不全、ネフローゼ症候群、敗血症、廃用症候群、、敗血症、蜂窩織炎、腎盂腎炎、全身性痙攣発作、脱水、不整脈、ファロー四徴症などです。


病院は、重症な方も多いですし、救急搬送されて来る方もおり、常に緊迫した雰囲気があります。


病棟も、急変がしょっちゅうありますし、ステルベンもあります。


それに比べると、クリニックは身近なお医者さんという感じで、ちょっとした風邪や体調不良の患者さんが多くきます。


ものすごく具合が悪く逼迫した状態の患者さんはそうそう来ませんし、来たところでクリニックから病院へ救急搬送ですよね。


クリニックでの看護業務としては、まず診察の介助がメインになります。


診察次第で、検査や点滴のオーダーがありますから、採血をしたり点滴や注射をします。
クリニックの検査もそれほど大変な検査はありません。


レントゲンやエコー、心電図などが一般的で、後は専門医であればCTやMRIなど設備しているところもありますね。


レントゲンは、セットや現像はナースが行いますから、そういった手順さえ覚えてしまえば難しい事はありません。


最近ではクリニックでも検査技師さんをおいているところも結構ありますね。


そういった感じで、病院に比べるとだいぶ体力的にも精神的にも楽なクリニックは、子育て中のママさんナースや、体力に自信のない年配ナースなどに向いていますね。


また、ブランクのあるナースでも病院に比べると働きやすいですね。


病院は常に新しい事を取り入れていきますから、数年のブランクがあると全く分からない事だらけです。


寝衣交換、脳波検査、人工透析、腎生検、全身清拭、沐浴、薬剤の取り扱い、輸血、リネン交換など覚えることがたくさんあります。


しかし、クリニックであればそこの師長さんのやり方だったりが基準で、それほど新しい事を常に取り入れているわけではありませんから、仕事も思い出しやすいと思います。


第一線で看護師としてバリバリ働くのは苦手とか、ゆっくりしたペースで働きたい方にはオススメですね。


ただし、バイトであってもクリニックによって労働条件がかなり違うので、看護師転職サイトの登録をおすすめします。


看護rooのように常勤の看護師ばかりを提案してくる看護師転職サイトは避けましょうね。


トップページ > 看護roo! > 看護rooでクリニックのバイトを探してみました。

病院のナースというと、やはり第一線でバリバリに働いている看護師さん、という感じがありますね。 クリ...

※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。